つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

エレカシ宮本浩次「ノンフィクションW」を観た感想ー2018.1.21放送【WOWOW】

f:id:y-passage:20180121234326j:plain

 

WOWOWの「ノンフィクションW」を、いま見終わったところです。

この番組、思っていた以上にヘビーで、観ているあいだずっと胸が苦しかったです…。

こんなに重い内容だとは思ってませんでした。

 

予告映像を見て想像していたイメージとは違いましたねぇ…。
なんだか終始圧倒されてしまった。

もう生半可じゃなかったです。

宮本さんがあまりにもハングリーで、満たされない歯がゆさが伝わって来て…
見ていて辛くなった。

なんであそこまで‥‥‥と、凡人の私は思うんですが、宮本さんの目は私が想像するよりもっとずっと遥か遠くを見ていて、そうだった、この人は最初から私の手など届かないくらい異次元の天才なんだった、と思い知った。

最近は、紅白出場のニュースで宮本氏やメンバーの晴れやかな笑顔ばかり見ていたし、ネットでは4人がガシっとまとまってにこやかに写真におさまる様子や、紅白出場を手放しで喜ぶ宮本氏の姿を見慣れていたので、今日のあの重さがよりズシッと圧し掛かってきました。


放送自体はとても良質。
ツアーや夏フェスへの同行取材で、普段は見られない舞台裏の様子や宮本氏の本音も垣間見れて、とても貴重な番組でした。

とくに、去年のオハラブレイクの映像が流れたのはとてもうれしかったです。
うわさの「はじめての僕デス」をまさか観られるとは。

また、今ツアーのライブ映像を流してくれたのもうれしかった。
ライブで歌う「今を歌え」はとても素敵だったし、「RESTART」のリハ風景が見られたのも興奮しました。


ただ、メンバーと楽屋を別にしているのには少なからずショックを受けました。

「気を遣っちゃうから」と宮本さん。

ステージに立つまでのあいだは、まったくメンバー間の会話がなく、その様子にも少し呆然…。

確かに以前からエレカシは和気あいあいといった雰囲気ではありませんでしたが、こんなでしたっけ…。


ここのところ、ニュースやテレビ出演などでわりと柔和な顔つきの宮本さんを見ていたせいで、なんとなく自分の中でエレカシ4人の和やかなムードを勝手にこしらえていたんだと思う。

なんだかお茶目な雰囲気すら漂う宮本さんに、すっかり丸くなったような錯覚を起こしていたんだと思う。
わかったようなつもりになってた自分が恥ずかしい。

今日の放送で、宮本さんの根っこは昔から変わっていないことがわかった。
宮本さんは依然としてハングリー精神に満ちて、勝ちに行く衝動を抑えられないような危うさもあって。

「世界屈指」

と、自分のことを何度も言っていた。

「それは間違いない」と。

 でも、難しい、と。

自分は世界屈指なのは間違いないけど、それを人に分かってもらうのはなかなか難しい

ホール満員にするのにもこんなに掛かっちゃたし

51で気づけたら良かったんだけど

才能がもったいない

…そんなようなことを目を瞑り眉間にシワを寄せながら言っていた。


この言葉は重かったですね…。

CDがたくさん売れて人気が出てチケットも売り切れて、喜んでいるのかと思いきや、、いや、喜んでいるのは間違いないけど、でも決してそこに留まっているような人ではなかった。

ツアー最終日、終演後の楽屋で、ビールで乾杯するメンバーとスタッフに、

「まだやることたくさんありますから」

これが番組最後の宮本氏の言葉。


リハーサルでメンバーに怒号を飛ばす宮本さんの姿は、正直もう見慣れているのでそんなに驚かなかったけど、とにかく宮本さんが現状に満足せずまだまだ上を求め続けている様子が、何だかとても苦しそうに見えてしかたなかったです。


でも、紅白出場は本当に心から喜んでいて、そこだけが唯一救われました。

生まれて初めてだと言ってました。

こんな表彰状みたいなもの、って。

紅白出場はやっぱり宮本氏にとって表彰されたようなものだったんだね。

この言葉はファンとして本当にうれしかったです。

 

個人的にびっくりしたのは、袋を逆さまにしたらヒモみたいなものが無造作にたくさん出て来て、よく見たらそれらはネクタイだったという…、扱いが雑だなぁと^^;

あんなにネクタイに夢中になってて、さぞかし大切にしているのかと思いきやこれです(笑)

あと、群馬公演で紅白出場を祝福する会場の様子や、どこだったか(滋賀だったかな?)会場から見えた虹は、宮本さんもあんな風に見ていたんだなぁとか、ファンにうれしい見どころも満載。

とは言え、やっぱり「楽しかった」なんて軽々しく言えるような内容ではなかったです。

ひたすら真剣。

思いの強さが痛いくらい。


上で書いた「世界屈指」という言葉ですけど、その話のときだったか、

「ファンの人は分かっててくれてるんだけど」

と言ってましたね。

ここ、ファンを素直に受け入れてくれてる感じがしてホッとしました。

仲間…とは言えないまでも、同士として信じてくれてるのかな、と。


そうだ、トミに対して「宮本さんの才能に陰りが見えるとかは?」という失礼な質問があってギョッとしました。

それに対し、表情を変えずに「一回も思ったことない」と、トミ。

ここ、最高でした。

 

まだ一度見ただけなので、また明日あらためて見直してみようと思います。 

制作者の方たちの思いがこめられた番組だと感じました。

番組というか、ドキュメンタリー映画みたいでした。
「扉」みたいな。

25周年のときの映画より、私はこちらの方が好きだな、と思いましたね。

 

見る前のミーハーな気持ちはどこへやら、今はお腹の底で宮本さんの言葉のひとつひとつ、表情のひとつひとつを静かに噛みしめています。

好きだし応援しているから、宮本さんには幸せになってもらいたいと、ほんと勝手だけどそう思っていて、でも実際の宮本さんはとても苦しんでいるように見えるもんだから、なんだか泣きたい気分です、今。

映像で切り取ってつぎはぎしたものだけを見て、事実や真実なんて分かるわけもないけど。それでも見えているものだけは紛れもなく本物だし。

最近ちょっとキラキラ輝いているエレカシばかり見過ぎたかな。


何だか延々と書いてしまいそうなので、今日はここまでにしておきます。


それでは、おやすみなさい。

 

 

【エレカシ・ミスチル・スピッツ】さいたまアリーナのチケットが当たった!

f:id:y-passage:20180118221430j:plain

 

おおお、当たった!
やった!

3月18日の3バンド夢の競演を生で観られる!!ウレシイ!!

 

当落結果をチェックするまで胃がシクシク痛んで仕方なくて、サイトを開く瞬間はスーッと血の気が引くほど緊張した私。

新春に振られ続けたのが相当トラウマになっていたようです…。

でも、今回は無事に当選!!

飛び上がって喜んだ!!

 

友人も当選したと連絡が来て、よかったよかったと盛り上がった^^

当たることも外れることもあるけどさ、やっぱり当選するとメンバーたちが私に向けてやさしく微笑んでいるようなイメージ画像がふわ~っと脳内に浮かんで、ほんとうれしくなります。花吹雪が舞っててさ。

逆に、落選するとメンバーたちにそっぽ向かれてる切ない脳内イメージ。自分のすべてが拒絶されたかのような気がして泣きそうになる…。サメザメ…

 

他の人たちが気になってツイッターを見てみたら、エレカシファンクラブ「PAO」で申し込んだ人はほとんど当選しているようでした。

そこは気を利かせてくれたのかな?
なんたってエレカシ主催のお祭りだもんね。
エレカシファンが締め出されちゃったらたまんないよ。


行かれることになったので、急にワクワクして来て、ミスチルやスピッツのアルバムを聴いてみようかな?と思ってます。

ミスチルは「深海」と「ボレロ」しか持っていません。
スピッツに至ってはCDを聴いたことが皆無。

でも2バンドとも人気バンドだから、あえて聴かなくても耳にしたことある曲が多いんだろうなぁ。


ああ、本当にうれしいです!
幸せ!

17日は注釈付き席でほとんど見えないかもしれないけど、18日はもう少し良い席になるだろう。

ミスチルとスピッツのライブを観るチャンスなんて最初で最後だろうから、できるだけ前の方でしっかり観たいな^^


今日はハッピー!
いい気分です^^

落ち込むことがあっても、こうしていいことがあると何度でもしつこく浮上します。
よし、新春のことは水に流して、3月の到来を心待ちにしよう^^


そうそう。
ハナシはガラッと変わりますが。

ちょっと前に仕事でダイエット記事を受注したんですけど、なんとノウハウ記事ではなくて体験記事だったんです。

やけに報酬がいいなと思ったんですが、体験記事でビフォーアフター写真要添付となれば当然でした。
知ってたら受けなかっただろうなぁ^^;
ちゃんと依頼内容を読まないで引き受けた自分がいけないんですが。

で、痩せないと記事が書けない!ってことで必死にダイエットしたんですが、ぜんぜん結果が出なくて情けないことに納期に間に合わず1カ月先に納品を伸ばしてもらうという体たらくで…。

とうとう先日その1カ月目が来て、なんとかアフター写真を撮影して記事を書いたんですが、今それが審査中で返事待ちなんです。

ダメ出しされるんじゃないかと不安です^^;

なにしろ体重的には1キロも痩せてないんですから💦

で、納品した記事は結果待ちとして、新しい記事が今度は二の腕痩せなんですよね。
なので、がんばって今二の腕エクササイズに励んでいます。

3月までには今より少し細くなっているといいな。
というか、痩せないと記事が書けない。
マズいです。

でも、3月のライブを心のよりどころに、がんばって痩せよう!と思いました。
ただ、40も半ばにもなると、正直もう何しても痩せる気がしない…。
でもそんなこと言ってられないので、とにかくせっせと二の腕を引き締めるべく奮闘してます。


宮本さんはますます髪の毛が伸びてきたので、3月には元のミヤジに戻っているかと期待しています♪

本音を言いますと、ここのところ短髪の宮本さんをテレビで何度も見ましたが、私の好きなミヤジを見ている気がぜんぜんしないんだよなぁ。

きゅーんとする感情が湧いてきません。
(気持ち悪いこと言ってますね。)

私はミヤジを見てきゅーんとしたいんです。

でも、そんな日も近づいてきていると予感しています^^

 

お!
新しい情報が出ていたので追記します!

今週の日曜日放送のWOWOW「ノンフィクションW エレファントカシマシ宮本浩次」ですが、なんとナレーションを横山健さんが担当するそうです!

 

うわー 
さらに楽しみになってきた!

今週はテニスの全豪オープンのせいでHDDがパンパンなんですが、さっさと観て削除して21日に備えます!

それでは!

  

エレカシ新春ライブ2018「NHKホール」セットリスト 2018.1.14

 

エレファントカシマシ新春ライブ東京公演が無事に終わったようです。

 

2018年1月14日 エレカシ新春ライブ「NHKホール」セットリスト

f:id:y-passage:20180115001153j:plain

第一部

01.ドビッシャー男
02.今はここが真ん中さ!
03.新しい季節へ君と
04.悲しみの果て
05.夢のかけら
06.旅
07.はじまりは今
08.デーデ
09.珍奇男
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.3210
14.RAINBOW
15.ガストロンジャー
16.今を歌え
17.四月の風
18.俺たちの明日
19.風と共に


第二部

20.昔の侍
21.真冬のロマンチック
22.この世は最高!
23.奴隷天国
24.RESTART
25.夢を追う旅人
26.ファイティングマン
27.so many people


第3部

28.今宵の月のように

 

新春ライブ2018 東京公演の様子

 

 
実に東京らしいハンコ^^
個人的には東京タワーがうれしいです。

 

本日もサニーさん。


またミスチルさんからお花が!
うれしいなぁ。
 
そして金原さん。

 

 
レコード会社を4社も変わるというのは、改めて考えるとすごいことですね。
決して音楽を諦めなかったからこその数字ですね。

それにしても、サニーさんと金原チームの頼もしさったらありません。
この方たちがいてくれたら私も安心^^


そしてなんと、村山☆潤さんも来られていたようですね!

 

 
打ち上げにも参加されたんだ。
盛り上がっただろうなぁ~^^

 

渋谷さん&山崎さん&鹿野さん

渋谷さんのブログで本日の開演前のメンバーショットが公開されています!

  

 山崎さんもブログを更新!

いったいこのバンドどこまで進んでいくんだ?と、30年以上の付き合いである僕でももう予測不可能になっている。
こんなに幸せなことはない。

 ※引用元:https://rockinon.com/blog/yamazaki/172061?rtw

 

渋谷さんの写真がブレブレ^^;

でも雰囲気は伝わってきます!

今日もみんないい顔してたんだなぁ。

いいライブだったんだろうな。

 

鹿野さんも行っていたようです。当然か。

 

他にもぞくぞく関係者が訪れていたようです。
さすが東京。


おなじみの音楽ライター、兵庫慎司さん。

 

 

 

こちらも音楽ライター、高橋智樹さんのツイート。

 

 

以上。

くわしいレポはまだ読んでなくて、ただまとめただけになってしまいました。

最後に。


明朝の「めざましテレビ」「ZIP!」に本日の様子が映りそうなので、録画予約をお忘れなく!!

もしかしたら他でも映るかもしれません。
網を張っておくといいかも。

 

ということで、2018年の新春ライブも幕を閉じました。

次はさいたま!!

早くこいこい、3月!!