つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【WEBライター】ランサーズで初めて評価を下げられて落ち込んだ話。書くことの難しさを知る。

f:id:y-passage:20170626104548j:plain

 

順調にすすめているランサーズでのライティングワーク。
実績ももうじき20に届きそうで、我ながらよくがんばってるなぁと思う。

でも、先日依頼主さんから初めて星4つという評価をもらってしまい、これまでずっと「評価5.0」をキープしていたのが、その一件で「評価4.9」に下がってしまいました…。


評価の中身は「品質」「納期」「対応」「コスト」「能力」の5つに分かれており、それぞれ☆の数は5つが最高。
ランサーズではよほどの不備がない限り星5つを付けるのが恒例のようで、これまで星5つ以外を付けられたことはありませんでした。

でも、その依頼主さんは「納期」と「対応」と「コスト」には星5つを付け、「品質」と「能力」に星4つを付けていました。

つまり、私の記事の出来に問題があったということは明らか。ガーン…


それでもう落ち込んでしまって、納品した記事を何度も何度も何度も何度も読み直して、いったいどこに問題があったのか必死で探しました。

でも、自分じゃよく分からないんですよ。

だって、自分ではこれでOKと思って納品しているわけだから、何度読み直しても悪いところが見つからない。

それにその依頼主さん、コメントではものすごく私の仕事を褒めてくれているんですよ。
納品したあとのメッセージでも記事をたいへん褒めてくれており、私はすっかり「今回もうまく行って良かった」なんて思っていました。

そのあと依頼主から評価がついたというメールがランサーズから来たので、マイページを確認しに行ったら、上に書いたような評価だったわけです。

もう私の頭の中は「????」と大混乱。

せめてメッセージなり評価コメントなりで星4つの理由が少しでも分かれば(少し匂わす程度でも)、「そうか、ここがマズかったのか。じゃ次からはここを気を付けよう」と次に生かせるのに…。(まぁ、誰でも見られる評価欄にあまりヒドいことを書かれたくはないけど^^;) 

そういうわけで、依頼主に私の記事を満足してもらえなかったことと、自分の評価が下がってしまったことにショックを受け、その日は丸一日悶々として過ごしました。
 

【スポンサーリンク】
 

 

思いきって依頼主に理由を聞いてみた

星4つの理由をいくら考えてたところで自分では分からない。
でも、今後もこの仕事を続けていくなら、私の記事のどこがマズかったのかどうしても知りたい!

それならもう依頼主本人に聞いてみるしか答えを出す方法はない!と判断し、ものすごく迷ったんだけど思い切って依頼主に直接「私の記事の問題点」をたずねてみました。

 

でも、こういうのって相手にしてみればものすごくめんどくさいことだよね。
記事に満足していないのは明らかなのに、それでも穏便に済ませようとコメントにはいいことを書いてくれたわけです。

でもたぶん、内容に満足が行っておらず評価すべてに星5つを付けることには抵抗があった。
なので、星4つは依頼主さんのせめてもの意思表示。

普通に考えて星4つなら十分な評価じゃないですか。
評価が下がったと言っても、5.0から4.9と、大したダメージではありません。

でも、これまですべて評価5、星もすべての項目で5つをキープしてきた私は、すこし有頂天になっていたんだよね。

 

 

依頼主さんからの返事が来た 

もちろん、「私の記事のどこがいけなかったんですか!?」なんて高飛車な態度は取っていませんよ。

星4つの評価は初めてだということ、これまで他のクライアントさんは星5つを付けてくれていたけど、おそらく中には私の記事に不満を感じいる人もいると思う、でもなかなか正直な評価をしてくれる人はおらず、このままでは私はいつまでも自分のスキル不足に気付くことがなく成長もない、こうして評価で気付かせてもらったことは大変ありがたい、どうか私の記事に足りなかった部分や改善点があれば指摘してもらえませんか?

…と、掻い摘んで説明するとこんな感じでメッセージを送ってみました。

「もし不快に思われたのなら無視してください」とも書き加えました。

 

正直、返事を期待するのはやめようと思っていました。
これから一緒に仕事をしていくライターになら多少丁寧に接してくれるかもしれないけど、この方からは当然継続依頼も来なかったし、今後縁のないライター相手にわざわざ時間を割くのはバカバカしいですもんね。

でも、この依頼主さん、思ってもいないような丁寧なお返事をくれたのです。

 

まず、厳しい評価をして申し訳なかった、でも自分はこのクラウドソーシングというサービスを向上させるためにも簡単に星5つを付けることに疑問を持っている、 あなた(私ね)がとても真面目にこの仕事に取り組んでいることは伝わって来た、でもそれと実際の能力は別だと思った、

…ということがつづられており、これを読んだだけでも非常に誠実な方だというのが分かります。

そして、実際に私の文章のどこが良くなかったのか、この方が違和感を持った部分をなんとわざわざ図解までして説明してくださり、最後には私の文章を「こうしたらもっと良くなる」とリライトして示してくれたのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 私の文章の問題点はここだった

その方に指摘されたのは、「文末表現が重なっている」「同じことを繰り返していて内容がくどくなっている」「 文章の流れが不自然な箇所がある」といった点でした。

確かに、「○○ます。」と締めたすぐあとの文章でもまた「○○ます。」と書いている部分がありました。
文末表現にはこれでも一応気を付けているつもりなんだけど、チェックが甘かったですね…。

内容がくどいとか、流れが不自然というのも、自分で読んでいるときには気付かなかったけど、こうして他者に指摘されると「確かに…」と思う。

自分の文章のクセって無意識に出るし、自分の中ではそれが自然だったりするから、人に言われないとその表現がおかしいということが分からないんだろうね。

 

こうした数々の指摘とともに、温かい励ましの言葉もいただきました。
私としてはものすごくいい勉強になったし、もう感謝の気持ちでいっぱい。

返事をくれただけでも有難いのに、ここまで懇切丁寧に説明してくれるなんて…。

クライアントさんの中には酷い対応をする人もいて、ランサーはしっかり見極める目を持たなくてはいけない、なんて話も聞いていたけど、こんな素晴らしいクライアントさんもいることを知れて良かった。
本当に良い経験になりました。
感動しました。


…と同時に、自分の文章はまだまだだなぁ…と情けないやら悲しいやらで涙が出て来ました。

こうしてフィードバックをもらえることなんてほとんど無いから今回のことは本当に有難い経験なのだけど、自分のダメさを知るきっかけにもなり、喜ばしいことだと思う反面なんだか無性に悲しい気分になりすごく落ち込みました。

 

結論。これからもがんばります。

そのあと、すぐにエレカシのライブが控えていたのも今考えればナイスなタイミングだったんだけど、今はまた前向きにがんばろう!という気持ちになっています。

だって、「私には書くことしかない!」と思って挑戦したWEBライターなんだもん。
これからも切磋琢磨しながらライティング向上を目指してがんばっていきます。
努力あるのみ! 


で、すっかりやる気になった私、ライブから帰って来た次の日にさっそくプロの人に文章の添削をお願いしたんです。
今度はちゃんとお金を払って自分の文章を見てもらいました。

その話はまた今度書きます。

 

それではまた!

 

【エレカシ30thツアー】徳島「鳴門市文化会館」2017.6.24 セットリスト

 

エレカシ30周年ツアーのセットリストと簡単なレポ等を書いています。
私が参加するのは神奈川公演のみで、他は実際にライブに行ったわけではありません。
ライブに行かれた方の生の声を知りたい場合は、他の方のライブレポやツイッターなどを検索して詳細なレポをお探しください<(_ _)>

 

6月24日(土)は徳島の「鳴門市文化会館」でライブでした。

では、さっそくセットリストです。

※ネタバレ注意!

 

 

2017年6月24日(土)徳島「鳴門市文化会館」」セットリスト

f:id:y-passage:20170625125313j:plain

 

【第1部】
01.歴史
02.今はここが真ん中さ!
03.新しい季節へ君と
04.ハロー人生!!
05.デーデ
06.悲しみの果て
07.今宵の月のように
08.戦う男
09.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日
20.風と共に


【第2部】
21.ズレてる方がいい
22.奴隷天国
23.Ladies and Gentlemen
24.コールアンドレスポンス
25.生命賛歌
26.TEKUMAKUMAYAKON
27.夢を追う旅人
28.ファイティングマン


【アンコール】

29.so many people

 

 

その他の情報

徳島の会場の様子と、徳島Tシャツはこちら↓


どう見ても「鳴門金時」ですねw 

 

徳島のスタンプはこちら↓

 

 徳島と言えばの「阿波踊り」!
これまでと構図が違う感じでちょっと新鮮!

阿波踊りは「日本三大盆踊り」のひとつで、400年の歴史を誇る日本の伝統芸能。

私は阿波踊りというと、松嶋菜々子主演の映画「眉山」を思い出しますねぇ。
我が家には、松嶋菜々子ファンのオットが購入した「眉山」のDVDがあります。

 

ライブ中のあれこれ

f:id:y-passage:20170625125053j:plain

 

鳴門は、なんと当日にチケットが完売したそうです!

「鳴門は初めて来たんですけど、今日はなんと満席だそうです!信じられません!ありがとう!」


当日に完売ってすごいですよね。
感動しました。

 

 「奴隷天国のとき、SPAかなんかの雑誌の取材で六本木の○○ホテル(←○○クラブのこと)に行きまして、女王様とツーショット写真を撮りました。そういう奴隷じゃないんだけど。私は普段行きませんけど。勘違いされてたんですよね。」

※○○とは、支配と服従関係のあれです。


もういっこ「奴隷天国」のMC。

「奴隷天国のころ、新聞の取材で『そろそろ契約が切れるようですが、どう思いますか?』と失礼なインタビューを受けました。」

 

桜MC。

「皆さん桜が好きそうですね。私はぜんぜん好きじゃありません。というより、桜に興味が無い!」

 

新曲「風と共に」のジャケットについて。

「新曲のジャケットは、加藤久仁生さんに直接お願いして何枚も何枚も描いてもらって、厳選しました。」

 

今ツアーのMCについて。

 「MCってこれまであんまりしてなかったんですけど、なかなか良いもんですね。」

 

また、どこでも同じような話をしているけど、会場によって(自分の)感じ方が違う、と話していたそう。

 

そして、アンコールで登場した宮本氏、グッズの「30th Anniversary Tシャツ」の白を着ていたそうです。

これですかね↓

faith.shop-pro.jp

 

自分の行った神奈川公演の直後のライブなので、ものすごくリアルに様子が想像できて胸が苦しくなってしまった…。

完全なエレカシロス状態。

よく海外旅行から帰って来たあとも、またすぐ行きたい!って気持ちになるけど、あれと同じですね。
海外旅行なんて何年も行ってなくてもぜんぜん平気だったのに、一回行くとすぐにまた行きたくなる。

エレカシのライブも、自分が参加するまでは平静でいられたのに、今はもうダメです。
どこかもう一箇所行きたい!と、ツアースケジュールを延々と眺めてみたり。

ま、思っているだけで行かれっこないんだけど。


そうそう、上記のMCにも出て来た「風と共に」のジャケットが公開されました! 

 

f:id:y-passage:20170625211050j:plain

 

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

 

これが、何枚も描いてもらった中から選ばれた絵なんですね~。
すごく素敵です。

これがエレファントカシマシのCDジャケットだなんて……。シミジミ・・・


たくさん売れるといいなぁ。
何万枚も売れて、NHKからお声がかかって紅白に出られでもしたら、最高にどでかい30周年になるなぁ。

そういえば、「どでかい」という言葉を宮本さんはよく使う。

「流れ星のやうな人生」では、「どでかい‟何か”にあこがれて 若い頃から生きてきた♪」と歌い、

「俺たちの明日」では、「いつかどでかい どでかい虹をかけようよ♪」と歌い、

「夢を追う旅人」では、「さぁ行こうぜ どでかい明日へ♪」と歌った宮本氏


「どでかい何か」は見つかったかい?
「どでかい虹」はかかったかい?
「どでかい明日」に向かって今も走り続けている宮本さん。
きっと生きているかぎり夢を追う旅人でい続けるんだろうなぁ…。

 

ところで今はツアー中だけど、新曲のプロモ活動はどの程度やってくれるのだろうか?
雑誌やラジオもいいんだけど、やっぱりテレビでエレカシを観られるのは特別だから、出て欲しいなぁテレビ。

忙し過ぎて大変だとは思うんだけど…。
体も大事にして欲しいのはやまやまなんだけど…。


次のライブは、7月1日(土)の愛媛、7月2日(日)の兵庫と2日連続ですね。
まだまだツアー真っ只中。

やっぱりもう一箇所、考えてみようかな~

 

あとから次々思い出されてくる神奈川ライブでの出来事【エレカシ】

 
神奈川ライブレポを、ほぼ丸1日かかって書いたんですが、今になってポロポロいろんなことを思い出してくるんです。 

MCで、もっといろいろ言ってたんですよね。

 

「奴隷天国」の時に、むかし富士山に合宿に行ったさい、コンビニに歯ブラシを買いに行ったら「奴隷天国」が流れてて、自分でも〇〇〇(←ここ、肝心な部分が思い出せないんだけど)と思った、という話や…。
この話、どこかでも話してましたね。

このときだ↓

【エレカシ30thツアー】北海道「わくわくホリデーホール」 2017.5.20 セットリスト - つつがなく

 

「桜の花、舞い上がる道を」で、例の桜MCの後に、

さいたまスーパーアリーナの花道で歌って、こう桜の花びらがぶわ~っと舞ってて(…と手を大きく広げ)、「なんって、いい歌なんだ!!」と思ったと、もう体を地面に着くくらい深く折り曲げてものすごい力を込めて言っていた姿とか。

 

あと、生命賛歌のレポがすっぽり抜けていたとか。そのせいか、今日は一日中「生命賛歌」が頭の中で流れてて参る…。


レポを書いた日、本当は午前中で書き上げて午後は仕事をしようと思ってたんですけど、ぜんっぜんレポが書き終わらなくて、結局夕方くらいにいったん途中でアップし、夜に続きを書いて「完成版」として再アップしました。

こんなに時間がかかると思っていなくて、おかげで仕事の方がちっとも進んでおらずちょっとマズいことになってしまった。

それを挽回すべく、昨日今日と記事を通算10本くらい書いてます。
ずっとパソコンに向かいっぱなし。
お風呂に入る時間も惜しくて、髪も2日間洗ってない。
さすがにマズいですねこれは^^;

明日でようやく少しめどが付くと思うんだけど…。
なにしろ、まだ慣れていないせいで、自分がどれくらいの時間でどれだけの量を書けるのかちゃんと分かってないんだよね。

だから、依頼主に言われるまま引き受けちゃって、後でこんな風にてんてこ舞いになってます。


ところで、「MUSICA」が無事タワレコから発送されまして、月曜日に近所のコンビニに到着してたんですが、私うっかりしていてずっと取りに行くのを忘れてました。

というか、忙しくてそれどころじゃなかったというか。

で、今日もずっと忙しいんだけど、娘のピアノの送迎時に、そうだムジカ!と思い出してコンビニに取りに行ってきました。

まだ記事はぜんぜん読んでなくて、ページをパラパラめくっただけなんですが、とあるページで「おおおおおお!!!」と思わず大声を出してしまった…笑

それも娘の前で^^;

「かか様の反応おもしろい」なんて娘に笑われちゃったよ。

みやじのあんな姿にこれだけ反応する母親をどう思ってるんだろうか。
恥ずかしいったらないよ。


記事は、とりあえず仕事が落ち着くまでおあずけです。
気持が急いちゃって、こんなんじゃとてもじっくり読めないから。

MUSICA(ムジカ) 2017年 07 月号 [雑誌]

MUSICA(ムジカ) 2017年 07 月号 [雑誌]


あれ?
Amazonじゃ売り切れてるのかな?

タワレコの方はまだ在庫があるので貼っておきますね。

→ MUSICA 2017年7月号 - TOWER RECORDS ONLINE

 

「MUSICA」のライブレポも読みごたえがありそうだったなぁ。
写真もたくさん。

あと、「JAPAN」でも取材をしたそうですよ。

→ エレファントカシマシ宮本浩次にインタビューした|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)


そうか、7月に新曲が出るんだもんね!
ツアーに新曲に、忙しいなぁ。
夏フェスも今年もたくさん出るし。

私はそろそろ今年の野音のことが気になっています。

やるのは確実だと思うんですが、日程と、あとチケットね…。

 

 

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

 

 

それでは、また!