Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宮本浩次

来年もソロ活動は続く?エレカシ宮本さん「ソロの始まり」をロッキンインタビューで語る。

 

スカパラ城ホールの余韻に浸っていた昨日、ロッキンの山崎さんが気になる記事をアップしました。

 

宮本浩次がソロの始まりを語る!?!?

いや、ソロ活動は今年でもう一段落でしょ。
来年は、新春を皮切りにバンドの活動が再び始動するんでしょ。
当然、新曲も出るしアルバムはどうか分からないけどとりあえずツアーはやるんでしょ。

そう思っていたのだけど、、、。

すでに「ソロ・宮本浩次」の季節が始まっていた…?

ドキドキしながら山崎さんの記事を読みに行くと、こんな言葉が。

エレファントカシマシの30周年アニバーサリーが終わっても、椎名林檎やスカパラとのコラボ、それに伴うテレビ出演などで話題を振りまいている宮本浩次だが、実はもうここから、エレファントカシマシとはまた別に、新たにソロ・宮本浩次の季節が始まっているのだ。その決意と経緯を初めて、全て語ってもらった。
※引用元:山崎洋一郎の「総編集長日記」 

 

“エレファントカシマシ”とはまた別に、新たにソロ・宮本浩次の季節が始まっている……。

これはもう、宮本さんのソロが本格始動すると捉えるべきなんだろうか。

そういや、ちょっと前にオフィシャルサイトに宮本さんのソロに関するページが一瞬現れたことがありました。
その後そのページはすぐに消えてしまったけれど、情報はすぐにSNSで拡散され騒然としてました。

あのページの真意を探るのが怖くて、椎名さんとスカパラのコラボの件なのだと思い込むようにしていたんですが、モヤモヤは晴れず…。
でもやはりあれは今年のコラボの件だけでなく、これから本格的に宮本ソロが幕を開けるということだったのか。

まぁ確かに、あの時点でわざわざ新たにソロのページができるのも変といえば変でした。
まだロッキンを見るまではっきりとした真相は分かりませんが、覚悟だけはしておいた方が良さそうだ…。

山崎さんが「非常に重要なインタビューなので是非、必ず読んでください。」と念を押しているところを見ても、やはりファンにとっても大きなニュースであることは間違いない。

っていうか、ソロやるんだね、宮本さん。

そうかぁ~

私はてっきり、今回のコラボ案件はいわゆる「夏休みのバイト」くらいの意味合いかと思っていて、来年になればまたいつものエレカシ宮本に戻ってバンドとしての活動を続けていくのだと思っていました。

山崎さんのブログを読んでから頭の中にいろんな気持ちが湧いては消え、、、

たぶん、宮本さんのソロ活動を何とか受け入れようと自分を納得させたいのです。

私はもともと、バンドより先に宮本さんの歌声に惹かれてエレカシを好きになったクチですから、宮本さんの歌ならどんな形であれ聴きたいし応援したい。その気持ちは変わりません。

でもやっぱりよく考えれば、今の私は紛れもなく「エレカシ宮本」に惚れ込んでいるわけで、だからバンド抜きの宮本さん個人となると、正直「何か違う」という違和感がどうしても抜けず……。

でも、宮本さんは今回の2つのコラボでも世にその才能を知らしめたとおり、正真正銘の天才で稀に見る天性のロック歌手です。
その歌い手・パフォーマーとしての才能は、バンドとは別の場所でも大きく花開く可能性を秘めていることは間違いなく…。

 

ツイッターにも書いたように、先日の「スッキリ対談」で、加藤さんに「俺たちの明日」の40代50代を作ってほしいと言われた宮本さん、このように答えていましたね。

宮本 でもやっぱり50代とかどうですか?自分のやりたい事やるのが一番いいんじゃないですか、やっぱり。わからないですけどねぇ

加藤 50代、自分のやりたいことをやる。

宮本 はい、そんなことないですか?その、ぜんぶわかったうえでね、 男だったらきっと両方できますよね、なんかいろいろね、自由もそういうこう、引きずり回して自由に向かう、 みたいな。

加藤 引きずり回して自由に向かう

※参照元:つつがなく

 

「自分のやりたいことやるのが一番いい」

「男だったらきっと両方できますよね」

「引きずり回して自由に向かう、みたいな」

 

宮本さんもすでに52歳。
やりたいこと、試したいこと、やれるうちに全部やってほしい。

ソロなんて、ただ本人がやりたいと思ってできることじゃないし。
能力的な問題はもちろん、世間からのニーズ、話題性、ビジネス面、その他さまざまな大人の事情をクリアしなければ叶うことではないはずですよね。

それらの条件がすべて揃うチャンスは、どんな才能あるミュージシャンでも人生の中でそう何回もあるもんじゃないですよね、きっと。
宮本さん、ソロのことは以前から何度も口に出しているし、ずっとやりたい気持ちはあったんだと思うから、今がその時ならぜひやってみてほしい。

宮本さんの見据える未来がどんなものか、まだ具体的には分からないけど、たぶんまたワクワクしてしまうような嬉しい出来事がたくさん起こるような気がします。

バンドが好きなんだというファンの方からしたら、受け入れがたいニュースかもしれないけれど……。
私ももろ手を挙げて大賛成というわけではないんだけど、でもとにかく宮本さんの歌が好きなのでね、宮本さんが歌う歌を聴き続けていくだけです。
歌を届けようというあの真剣な思いは、どんな形態であれ変わらないだろうし。

まだインタビューを読んでもいないのに、どんどん気持ちが先走ってしまい、すっかり宮本ソロへの覚悟ができてしまった(笑)

新春もあるし、たぶん野音もやるだろうし、エレカシのライブを見られなくなるわけじゃない。

ただ、せっかくソロをやるなら、来年はコラボとかじゃなく本当の宮本さんのソロを聴いてみたいです。

そういえば、2017年7月の「JAPAN」で、宮本さんがシンガーソングライターの秦基博くんと対談した記事があるんですが、あの時も秦くんにしきりに「ソロってどうですか?」と聞いていたのを思い出しました(笑)

ちょっと今、雑誌を取り出してみたので、少し抜粋してみます。

「ソロって大変じゃない?」

「ソロって、自分の歌が勝負だから、ストイックな世界なんでしょうね。逃げ場がないっていうか。僕なんか、バンドを中学校の友達同士でやり続けてきたから、なんだかんだで逃げ場所になってるんですよ。怒ってもいいし、甘えても許されんの。」

「でも(中略)、やっぱり僕はバンドでやってるからいいんだなって、そう思えたんですよ。でもソロにもすごく憧れはあってね。」

「僕はソロでやることにすごく憧れていますけど、タイプとしては、仲間と一緒にやるタイプなんでしょうね」

「全国ツアー中なんですけど、その合間にね、フェス(オハラ)にひとりで行って、アコギの弾き語りやってみようかなって思ってるんです。秦さんを真似するわけじゃないけど」

秦「うわ、それ聴きたいです!」

「もう50にもなるし、いいだろうと。30周年を迎えて、もう俺はバンドでなくちゃダメなんだなってよくわかったから、そういうソロは、たまにひとりでやってみようかな、ってところですね。もうバンドは嫌だ、ソロだ!とはならないんで」

※引用元:ROCK’IN JAPAN 2017年7月号

 

ソロ、やっぱり相当やりたいんですよね、宮本さんは(笑)
ソロに対してすごく執着があるのが伝わってきます^^;

音楽人生に悔いを残さないよう体の全て使い尽くして、まだ誰も見たことのない花を咲かせてほしいです。

 

や、でも、まだ詳細はまったく不明なんですけどね💦
ソロ活動を始めるといっても、どんな形になるかも分からないし。

まずは29日に発売の「JAPAN」を読んでからですね。

恒例の「早出し」、出ました。

50代って、老人の青春時代だね。自分の冒険にどうか送り出してほしい。いろんなドキドキさせちゃうけど。でも“花男”から“過ぎゆく日々”もあって、『東京の空』って傑作もあれば、“悲しみの果て”もあって、“俺たちの明日”もあって、“桜の花、舞い上がる道を”もあるのがエレファントカシマシって思えば、いつもいろんなドキドキがあった。そういう一環として楽しんでいただけたら
※引用元:rockinon.com

 

「自分の冒険にどうか送り出してほしい」
「いろんなドキドキさせちゃうけど」

 

宮本さんって意外とファンの人の気持ちに敏感ですよね。きっとこちらが思う以上にファンのこと気にかけているんじゃないかなぁ。それでもあえて、、、のソロ活動なんだろうな…。

 

で、やっぱり来ました。

 

12+

POSTED COMMENT

  1. ボン より:

    おぉ!今知りました!
    でも新春やったらソロ活動にいくだろうなって、うすうす感じていたので衝撃的ではなかったです。
    もっと潔くソロやりたいからやるんだ!っていうポーズをとってくれたら、そうか!ドンといけ!と思えて気持ち良いのに…
    何の事情か戦略かただの順番通りなのか分からないけど、やり方が回りくどくて私の好みじゃなかった(ToT)
    メンバーも体調不良じゃないのなら、何らかの活動して欲しいなぁ。
    宮本さんのこと以上にトミ、成ちゃん、石君大好きなんですよ…

    まだ詳しいこと分かってないし、ここら辺でやめておきまーす。思わせぶりな山崎氏の文章に、心がトゲトゲしちゃって年末にやめてくれよってクレームいれたいくらいです…いれないけど…

    9+
    • 歩子 より:

      ボンさん。

      うすうす感じてたんですね!
      私はてっきりバンドに戻ると思っていたので、かなり驚いてしまった…。
      今日出たロッキン「早出し」では、もうかなり前からソロ活動することは決めていたようですね~
      メンバーはどうするんだろう?
      でも一度はソロをやっておかないと宮本さんは一生後悔しそうだから、この際思う存分やってほしいなと思います♪
      そうそう、山崎さんいつも思わせぶりなんですよね~
      宮本さんが髪を切ったときも写真を出し渋っている間に鹿野さんに先を越されちゃったし(笑)

      4+
  2. ペコちゃん より:

    以前ジャニーズの嵐のファンだったのですが、メンバーひとりひとりが好きというよりは、5人揃っている時の嵐が好きでした。

    エレカシもそうなんだと思います。エレカシメンバーの中の宮本さんが好き。バンドの空気感も含めて好き。コラボじゃ気ィ使っててやだ。やるならひとりでやってほしい。ホントにソロで。

    なんか、年の瀬にさみしい気持ちになりました。新春ライブどんな気持ちでライブ見たらいいのかな。歩子さんのようにはまだ考えられない自分がいます。

    6+
    • 歩子 より:

      ペコちゃん。

      そうですねぇ。
      エレカシを待ち望んでいたのでショックな気持ちはありますが、いつも宮本さんの歌に救われてますんでね、「自分の冒険にどうか送り出してほしい」という宮本さんの言葉に、今度はこっちがドンと背中を押したい気持ちというか、まぁ私が押さなくても宮本さんはどんどん前進していくんですけど、結局は気になるからついていくしかないわけで。
      それならこっちも宮本さんのソロ活動を存分に楽しませてもらおうと、今はそう思ってます^^

      5+
  3. すずらん より:

    あのオフィシャルサイトを見た時は結構ショックで、何これ!って思っていたのですが、削除されているとは知りませんでした。かえって意味深。。
    メンバーは、ミヤジがやりたいようにやればいいと思っているのかなぁ。。そのへん、是非次回のPAOでインタビュー載せて欲しいですね。
    宮本さんのソロ活動に対する想いがハッキリこちら側にも見えて、そして迎えるエレカシとしての久しぶりの新春ライブ、一体どうなるのか楽しみでなりません。

    6+
    • 歩子 より:

      すずらんさん。

      そうですね、メンバーたちの思いを聞いてみたいですね。
      といっても、すずらんさんの言うとおり「ミヤジがやりたいようにやればいい」なんでしょうけどね^^;
      新春で宮本さんの口から直接決意表明とか聞くことができたら、一気に応援ムードになりそうですね~

      5+
  4. ふうせん。 より:

    ソロ活動するなら、私もコラボではなく、宮本さんの曲で完全なソロが聴きたい見たい。

    ボンさんがおっしゃってた通り、きっぱりと報告して頂いた方がすんなりと受け入れられるような気がしました。
    歩子さんのブログを読んで、やっと冷静に経過を見守ろう~って思いなおしました。

    宮本さんが好きなんですが、やっぱり「エレカシの宮本さん」がもっと好きなんですよね〰️。石くん、成ちゃん、トミの中の宮本さんが…。
    言葉をきくまでいろんな思いがめぐりますね〰️。
    でも、宮本さん、石くん、成ちゃん、トミが後悔のない選択ならば喜んで応援したいと思いました。

    7+
    • 歩子 より:

      ふうせん。さん。

      作詞作曲は宮本さんだとしても、あとはどんな感じになるんでしょうね?
      アレンジまでぜんぶ自分でやるっていう人もいますけど、宮本さんは人と仕事をするのが好きだし、プロデューサーや演奏のサポートなどいろんな人を迎え入れて楽曲作りをしていくのかなぁ。
      ライブやツアーもやるのだろうか……。
      宮本さんがいちばん自由に自分らしくやれるのはやっぱりエレカシだと思うんですけどね^^;
      あんなに宮本さんがやりやすいように最適化してピッタリ合わせてくれるメンバーなのに。
      でも私も、ソロでやると決めたからには応援したいと思います!

      5+
  5. あやM より:

    スカパラのライブを見て、すごくよかったけど、やっぱりエレカシでエレカシの曲を歌う宮本さんが一番かっこいいと思ってしまったので(エレカシの宮本として戦う宮本さんが好きだったし、バンドのファンなので)、複雑です。

    でも、スッキリで「男なら自由も両方できますよね」という言葉はソロ(自由)もバンドも両方できると言っていると思いました。ソロがやりたいならやるしかないですよね。(スカパラの曲を地で行くことになった訳で後悔して欲しくないです)明日以外すべて燃やせを聞くとジャケットのイラストのせいか明日のジョーの「真っ赤に燃え尽きて、その後は真っ白い灰が残る」を想い出して、なんだかせつなくもなってしまいますが…。

    ソロ活動はこれ以上ない二組(コラボに長けていて実力もある)とコラボしたので、今後どんな活動になっていくのかビジョンが見えませんが、やるならソロとバンドの両輪でと言わず思いおっきりやって戻って来てほしいです。(どちらも中途半端になるより…体も心配ですし)

    メンバーのことを思うんですが、結局みやじの背中を押すのかなとそんな方々だと勝手に思えてきて、かえって泣きそうになります。

    って、まだインタビューも読んでないんですが…。でも大切なことならまず公式で発表して欲しかったです。(「詳しくは雑誌で!」なんてやだなぁ)

    6+
    • 歩子 より:

      あやMさん。

      >やるならソロとバンドの両輪でと言わず思いおっきりやって戻って来てほしいです。(どちらも中途半端になるより…体も心配ですし)

      同感です♪
      気のすむまで自分のやりたいこと、追及して突き進んでほしいです。
      それでもたぶん野音はやると思うので、その時は「エレカシ宮本」の帰還に湧きに湧きまくりそうですね!
      メンバーもたまにはエレカシ以外の活動をしてもいいんじゃないかと…。
      誰かと演奏してみたり。
      でも今度は宮本さんがヤキモチ焼いちゃうかな^^;
      まずは明日のJAPANですね~

      >公式で発表してほしかった
      こちらも超同感!

      4+
  6. Merry より:

    こんにちは(^^)
    ずーっと胸の中がゾワゾワしてました。
    宮本さんはコラボをきっかけにソロに向かうのかなと。。
    宮本さん、大好きです。日本語ってこんなに美しいんだと思える歌詞も、なんとも心にしみてくるステキなメロディも、毎日聞かずにはいられないくらい好きです。
    だから、宮本さんがどんなかたちで歌っても大好きなはずなのに、胸のゾワゾワが消えません。
    エレカシの宮本さんじゃなくなると、どこかで思ってるからかな。そんなことないのに。。
    エレカシの宮本さんであり続けてほしいと思うのは、私の気持ち。わがままてす。
    宮本さんは、ずっと自由になりたいって歌でも会話からでも言ってるから、その気持ちを応援しなくてはとわかってるんです。
    歩子さんの記事を読んで、私もそうありたいと思いました。
    悪い方にばかり考えずに、違った宮本さんやパワーアップしたエレカシを楽しみに待てる自分になりたいです。

    先日のスカパラライブ、行ってきたんです。あまりの歌唱力と声の素晴しさに、それこそ度肝を抜かれました!感動、感激で胸いっぱいでした。
    あんなに嬉しそうな楽しそうな宮本さんを見たのも感動てした。
    だからこそ応援したいのに、心のせまい私はなかなか前に踏み出せずにいます。
    歩子さんに愚痴ってしまいました。ごめんなさい。
    でも、歩子さんの言葉に力をもらいました。
    あさって、朝一番に買いに行こう!
    ドキドキですね。。(*^^*)

    5+
    • 歩子 より:

      Merryさん。

      また宮本さんの言葉でソロへの思いを知ると違った感情が湧いてくるかな?と思っていて、、、なので明日は私も朝いちばんに本屋へ駈け込もうと思います^^
      そうですか、スカパラ行かれたのですね。
      テレビでもあんなに素晴らしかったんだから、生ならなおさらでしょうね。
      あれだけの楽器にも負けない力強い歌、興奮のひと時でしたね^^
      あんな凄い歌手、あちこちからひっぱりだこだと思いますが、せっかくエレカシから飛び出すなら自分のやりたい音楽を突き詰めてほしいです♪

      3+
  7. きみぽん より:

    来年はエレカシの活動をたくさん見られると思ってたのでソロ活動と聞いてびっくりしました。何だろう…正直さみしいです

    でも歩子さんのブログ皆さんのコメントを読んであらためてやっぱり宮本さんをエレカシを信じたいと思いました

    宮本さんソロ活動する中でいろんな場面でエレファントカシマシのバンドの良さを、あらためて気づいてくれたらいいなぁと思います
    今は何だか複雑だけど少しずつ前向きになってこれからも宮本さんそしてエレカシを応援していきたいです

    4+
    • 歩子 より:

      きみぽんさん。

      私もです~
      コラボが終わってエレカシが始動する2019年の幕開けを首を長くして待っていたのに、え、ソロ?なんで?という感じでした…。
      でも仕方ないですね、宮本さんがやりたいっていうなら^^;
      「ソロなら聴かない」なんてできるわけないので、もう割り切って宮本さんがソロで一体どんな音楽をやるのか、楽しみに待ちたいと思います♪(我ながら切り替えが早い^^;)

      5+
  8. まみ より:

    宮本さん、前からソロへの憧れを語っていたんですね。知らなかったです。

    ソロだとやっぱり、歌えるジャンルがもっと広がるんでしょうか。
    例えばCoversのときとか…。女性の歌謡曲でもあんなにあんなに素晴らしく歌えるというのは、宮本さんは本当にプロ中のプロですよね。やっぱり、もっといろんなものに挑戦したくなるんでしょうね。
    ソロで、全然違う雰囲気の曲とかやってくれたら、それもまた楽しみです!私は音楽詳しくないですけど例えばジャズ風とか(´∀`)Mステで椎名さんが言っていたように、宮本さんは「楽器として素晴らしい」ですからね!!
    バンドという揺るぎない大木から枝分かれしていく感じで、花咲かせてほしいですね。

    2+
    • 歩子 より:

      まみさん。

      エレカシでも十分自分の自由にやれていたと思っていたんですけどね…。
      むしろ、あのメンバーでなければ宮本さんがあれほど自分のやりたいことを具現化できたかな?とすら思っていて。
      でも宮本さんの中では何か縛りみたいなものを感じていたのかもしれないですね。
      宮本さんがソロで一体どんな曲を作るのか、とても興味があります♪
      ジャズ風はおもしろいですね^^
      ほんと、「名器」ですからね~
      皆さんにお返事書いていくうちに、どんどん楽しみになってきました♪

      4+
  9. ハニカミえくぼ より:

    歩子さん いよいよ待ちに待った明日ですね!!!!
    天気にも恵まれ、きっと健康 良好ですよね?
    邪魔にならないよう、あえてこちらに…。

    JAPAN発売前は、やはり賛否両論でしたね。
    現在も。よっぽど強烈な硬派のバンドなんだと改めて思いました。時間が、きっと必要で、時間が解決してくれる…。
    新春ライブが始まったとたんに、凄い盛り上がり。本当に声量が良いと!見ていて気持ちが良いし嬉しい反応ですね。

    50代ソロ始動は、なかなか無いと思う。私は、初めから「迷いやショック」は胆力だった。誰のものでもない宮本さんの人生、思い切って好きな事を楽しむ、良いと思います。行動あってこそ入るもの(結果は己のオマケ。数字は数字。数字は塗り返すものだと。)確かなものに変わると信じたい。そして、何より3人の理解者があってこそだと。これからも1日でも長く長く歌を届けて、宮本さんらしい50代を迷わず自由に謳歌して欲しいです。

    エレカシのバンドの音が、やっぱりどうしようもなく大好きで。今年もエレカシロックと開拓した「宮本さんのソロ」をたくさん聴きたい!!!!どんな形でも私は拘らない。バンドもソロも同じくらい愛おしい!!そして私の中の心象風景(心エレカシ風景なんつって)をもっともっと増やして楽しみたい!!

    「むきだしの等身大の宮本浩次さん」
    オーライ٩( ‘ω’ )و✨

    そして新春の前にJAPANで発表は、全ての あらゆるファンのため、分け隔てなく話し、紛れもなく宮本さんの優しさなのではと思ってます。最近の宮本さん、曇りのない瞳、屈託のない表情が明らかに違う。とっても柔らかい雰囲気がする。JAPANでは、「狂気」なども書いていたが、私は全く感じなかった。むしろ「強い意志」「野心」の顔だと思った。
    [今を生きる 人間味ある 宮本浩次さんが大好きです]

    ぜひぜひ 歩子さんのレポで知りたい!!!!
    *石くんの髪型が無性に気になる(・∀・)
    なぜだか、私は祷ってゐた。

    今日は、いちごの日なので、苺パフェで前夜祭 乾杯

    1+
    • 歩子 より:

      ハニカミえくぼさん。

      はい、明日です♪
      いよいよです、ドキドキ。
      私も宮本さんのソロ楽しみ派なので、今からとってもワクワクしているのですが、逆に好みの感じじゃなかったらどうしようと一抹の不安もあり…。
      どんな感じになるのか、まだ何も情報がないですもんね^^;
      「狂気」について、私も同じように感じました!
      良い顔でしたよね。
      少なくとも写真からは狂気なんて感じないけどな~と思ってました。
      明日のライブは興奮し過ぎてまた記憶が飛んじゃうかもしれませんが、できるだけ憶えていることたくさんレポしたいと思います♪
      ではでは、行ってきます^^

      1+
  10. KUWA より:

    1月18日(金)新春ライブ終了 翌日WOWWOW録画をみました。ミヤジの「風と共に」の大泣きのわけと「また来年!」と言って帰って言った言葉気になる。さらに、さらに「珍奇男」でやばい時も冷静だったミヤジも気になる。・・・あー、なんかノイローゼになるな。⇒突然にすみません。皆さんのエレカシ愛に心打たれて。ここならわかってくれるかなと。

    0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)