Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エレカシ

「おばさんファンですがエレカシのライブに行っても平気ですか?」宮本さんの答えは?

 

以前、どこかで目にした質問です。

「おばさんファンですが、エレカシのライブに行っても平気ですか?」

いつかこれについてブログに書こうと思いネタ帳にストックしていたんですが、すっかり忘れたままずいぶん日にちが経ってしまいました。

エレカシはロックバンドですし、かなり激しいライブをするイメージもあるかと思うので、こんなふうにライブに行くのを躊躇している人がけっこういるのかも…。

でも、エレカシの音楽が好きな人なら、ぜひぜひライブに行ってほしいと思います✨
私もかなりのおばさんですが、これまでエレカシライブたくさん行ってますし。

また、これについて宮本さん自身からのメッセージもあるので、紹介します♪

おばさんもおじさんも、ぜひともエレカシライブに行こう!

「おばさんファンですがエレカシのライブに行っても平気ですか?」

…という質問には、いくつか意味が込められていると思います。

  • ロックバンドのライブなんて行って体力が持つんだろうか?
  • 周りは若い人ばかりで浮いてしまうのでは?
  • メンバーはやっぱり若いファンの方がうれしいんじゃ…?

こんな感じでしょうかね…?

体力的な不安について

確かに、ライブハウスのスタンディングライブだと、待ち時間はずっと立ちっぱなしですし、ライブが始まると場所によってはもみくちゃになるので、ある程度は体力が必要かと思います。

でも、ホールやアリーナなどでのライブは、イスがあるので開演までは座って待てるし、自分のスペースが確保されているので周りの人ともみくちゃになることもなく、自分のペースで楽しめますよ^^

ライブが始まると本編終了まではわりとみんな立ちっぱなしですが、足腰が辛くなったら途中で座って休むこともできますし(ステージは見づらくなりますが)、盛り上がり方も人それぞれで、ずーっと腕を振り上げてぴょんぴょん飛び跳ねている人もいれば、その場で静かにじーっとステージに見入っている人もいて、みんないろんな楽しみ方をしているので、初心者の人でもまったく心配いりません。

ライブハウスの場合はすこし注意が必要です。
もし体力に自信のない場合は、整理券の番号に関わらずバーを確保できる場所がベター。
寄りかかるものが何もない状態で入場から開演までの1時間ずっと立ちっぱなしでいるのはけっこう辛いです💦
その点、バーがあると、体重をバーにかけられるので足腰にかかる負担が少なく、体へのダメージを減らせます。

また、前の方に行くとライブ中は後ろからグイグイ押されるので圧迫がすごいです。
ライブハウスならいちばん後ろでもかなりステージに近いので、体力が不安な人は端の方や後方を陣取るか、上に書いたようにバーの場所をとるのがおすすめですね。
これらのポイントを押さえておけば、ライブハウスのライブも大いに楽しめますよ✨
エレカシはライブハウスツアーもよくやるので、「スタンディングなんて無理」と諦めずにぜひ行ってみてほしいと思います^^

「浮いてしまうのでは?」という不安について

ロックバンドのライブというと、若い人たちが多いイメージがありますよね。
でも、エレカシライブの会場に行くと、ファン層は40代~60代がメインという感じで年齢層はわりと高めな印象です。

もともとエレカシのファンは、下は10代から、上は70代、80代(宮本さんの話では)までと非常に幅広いのですが、実際にライブへ行く層としては、やっぱり40代から60代くらいが多数を占めていると思うので、おばさんだから…と年齢を気にする必要はまったくないと思います^^

若いファンの方が喜ばれるのでは?という不安について

これはある程度の年齢に差し掛かるとどうしても頭をよぎりますよね…。
なんだかんだ言っても、やっぱりメンバーは若いお客さんに来てもらった方がうれしいんじゃ…?と。

これはただ単純に若い女性にモテたいというだけでなく、若い層に自分たちの音楽が受け入れられていることがうれしい、という気持ちもあるのだと思います。
ライブのお客さんの年齢層は、自分たちの音楽がどこまで通用するのかをはかる指標のひとつになりますもんね。

あと、男性ミュージシャンの場合、男性ファンが来てくれるとうれしいという気持ちがあるようです。
昔、ある男性ミュージシャンのファンだったとき、その人が「男性ファンがたくさん来てくれてうれしかった」と言う発言を何度かしていたことがありました。
確かにそういう心理はなんとなく理解できます。
男性ミュージシャンにとって、同性である男性に支持されるということは、純粋に音楽を認められたような気がしてすごくうれしいのではないですかね。
でも、やっぱり私のようなおばさんファンだとうんざりされてしまうのかなぁ…と言葉の裏を深読みして勝手にショックを受けたりなんてこともファン心理としては実際あるわけで。

でも、誰だって年を取るわけですし、ここはもう開き直るしかないと思ってます(笑)
ちゃんとルールを守って大人のふるまいをすれば、年齢のことなどまったく気にせずファンとしてお客として堂々とライブに参加していいと思います✨

これについて、宮本さん自身からのメッセージがあります。
以前、知恵袋の「アノコレ袋」という企画に宮本さんが登場したことがあったんですが、その中に以下のような質問がありました。

ファン歴20年になります。
50歳になったらエレカシファン引退してライブに行くのも遠慮しようと思ったのですができませんでした。
エレカシファンの引退を60歳まで延長してライブに行ってもイヤな顔せず受け入れてくださいますでしょうか?
※引用元:Yahoo!知恵袋

 

これに対する宮本さんの答えが以下です。

イヤな顔なんてしようがないですよ!
60歳でも、70歳でも、いつでも来てください。
ちょっと音が大きくてウルサイと思われるかもしれませんけど、来てください!!
※引用元:Yahoo!知恵袋

 

なので、大丈夫!
他ならぬ宮本さんのお墨付きですから✨

宮本さんの「アノコレ袋」では、ほかにもいろんな質問に宮本さん自ら応えてくれています♪
おもしろいので、ぜひチェックしてみてください。→ エレカシ宮本「アノコレ袋」へ

【エレカシ】知恵袋で質問に答えてくれる「アノコレ袋」に宮本氏が登場 エレカシ以外のことも書きたいんだけど、宮本さんが精力的に広報活動をこなしているおかげで新しいニュースが次々飛び込んでくるため、今...

 

それでは!

 

28+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)