つつがなく

エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

エレカシ宮本さんの「おしり出してブー」はいつまで続くのか


 

最近、ライブ中に宮本さんがよくやる(言う)「おしり出してブー」ですが、もはや恒例と化してきているので気になってます。

だって、よりにもよって「おしり出してブー」なんて(;´・ω・)

ファンの人の評判は決して良くないみたいだし……。
でも肝心の宮本さんは「やめろと言われると余計にやりたくなる」みたいだし……。

どなたかわからないけど、やめろと言ったその人は、ひとえに宮本さんのためを思って言ってくれてるんだと思うので、そこは素直に受け入れた方がいいよ~
そこ反発するところじゃないっスよ💧

「今宵の月のように」や「風に吹かれて」のキレイな歌や、「ガストロンジャー」とか「RAINBOW」とかべらぼうにカッコいい歌を歌う稀代のロックスターなのに…。
しかも「エレカシ」なのに…。

イメージ超大事っスよ。
ほんとに。 

 

いったいなんで急にこんなことをやり始めたのか不思議です(*_*;

「おしり出してブー」っていったい何だろう?と思って、思わず検索をかけてしまいました💦

そしたら、ほぼ宮本さんのことしかヒットせず。ハハハ;

 

いったいいつ頃から「おしり出してブー」をやるようになったんだろう?と思い、自分のブログで「おしり」と検索してみたところ、いちばん最初の記事は今年の3月の「ドドドーン夢の競演」でした。

…ということは、おそらく前日の3月17日の「30周年ファイナル」でもやってるはずですよね。
私は17日の方は参加していないのでレポががなく、定かではないですが。

でも、なんとなくもっと以前からやってたような気がして、「ブー」で検索してみたところ、なんと去年の47都道府県ツアーの「奈良公演」がヒット。

 

www.tsutsuganaku.com

 
このとき「生命賛歌」の曲中にあれやこれや奇怪な行為を披露した宮本さん。
その中のひとつがこの「おしり出してブー」でした。

奈良公演は2017年12月2日なので、もう5カ月以上もブームが続いていることに…。
(その前にもあったのかな。私のブログ内では奈良が最初のようでした。)

 

なんだかんだ、全国ツアーからずっとライブ続きですもんね。
1月に新春やって、3月にファイナルとドドドーンがあって、4月から春フェスがあって。
それがまずスゴイです^^;

そうか、ライブがコンスタントにあるから「おしり出してブー」が途切れないんだ。
いったん期間があけば、リセットされるのかも。

でも、今後もしばらくライブが続くことを思うと、まだまだブームは続きそうな予感…。

 

宮本さんは自由にやるのがいちばん魅力的なんだって、それはよくよく分かっているんですが、でもこの「おしり出してブー」に限ってはちょっとイメージを損なう恐れがあると感じていて、正直微妙です💧

 

エレカシは最初ヘイヘイヘイなどの音楽バラエティで見たので、当時は楽しい人たちというイメージでしたが、本格的にファンになって彼らのことを知れば知るほど硬派な男くさいバンドであることがわかり、イメージが一変したものです。

宮本さんの真剣さ不器用さに、人が失ってしまったピュアなものを見る気がして、目が離せなくなってしまいました。

なのに、最近のこの「おしり出してブー」にはほんと調子狂っちゃいます(;´Д`)

自由にやってて微笑ましいと思う反面、せっかくカッコいいのに勿体ない…と思ってしまう。 

大きなお世話なんですがね…。

 

なんかもうちょっと違うのないですかね?
「おしり出してブー」と同じくらいインパクトがあって、宮本さんがやってて気分よくて、エレカシのイメージを壊さない理想的なのが。

でも、「おしり出してブー」もある意味ロックといえばロックなのかも?

分からなくなってきた💧

まぁ、こんなところで私がウダウダ言ったって仕方ない。
すべては宮本さん次第だ。


ロッキング・オン・ジャパン 7月号」を買ってきたので、今から読もうと思います♪

 

それでは!