Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エレカシ情報

「獣ゆく細道」のポスターが椎名林檎ライブ映像作品の特典に。

 

椎名林檎×エレファントカシマシ宮本浩次「獣ゆく細道」の例のポスター。

なんと、11月21日に発売される椎名林檎ライブ映像作品「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯」のタワレコ限定特典になるそうで。

すごい話題になってました。

タワレコ各店舗が盛大にアナウンスしてますね。

 

このポスターは別に欲しくないのでふぅーん‥という感じでしたけど、ポスター欲しい人おおぜいいるみたいで、いろいろと物議をかもしているようです。

ポスターが欲しい方は、くれぐれもタワレコでご購入ください。

tower.jp

ポスターだけ欲しい人には今回のタワレコの戦略には頭を悩まされるでしょうね…。
CDならまだしも映像作品ですし。
でも、貼られた時からずっと話題になっていたポスターだし、欲しがっている人本当に大勢いたので、こういう形とはいえ手に入れられるチャンスができたのは喜ばしいことなのかな。

個人的には、その分のお金を取っておいて、またエレカシの作品やグッズが出たときに使った方がいいと思うんですが、“どうしてもこのポスターが欲しい”という人にとっては良いチャンスなので、特典がなくならないうちに予約してくださいね!

向こうも商売なのでいろいろ仕掛けてきますが、こっちにとっても大切なエレカシ資金、ここぞという時に思い切り使えるように備えておきたいです。

とは言え、もし自分がこのポスター欲しいと思ったら、躊躇せず買ってしまうと思います。もうそれは絶対。
どうしても欲しいなら買えるうちに何としても手に入れなくては。
今回は悩まずに済んでホッとしてます^^;

 

いい季節になったので宮本さんお散歩を楽しんでいるかな。
ちらほら目撃情報を見かけますけど、ほとんど変装もせずそのまんまで歩いているようなので、すぐに目に付いてしまうんでしょうねぇ。

あの広い東京で会いたい人に偶然会える確率なんて相当低いと思うのですが、たまにエレカシファンの人が遭遇した書き込みも見かけるんですよね。
なかには2回も会ったなんていう人も。

私も東京に行くたびに宮本さんを探していたような時期もありましたけど、でも普通はそうそう会えるもんじゃありませんよね。
偶然会えるって、相当行いが良いのか運が良いのか、とにかく尋常でなくラッキーな体験です。

遭遇情報を見ても今は素直に良かったですねぇ~と思えるくらい心は平和なんですが、なぜか椎名さんとのコラボからは目を逸らしたい私であります。

ではでは。

POSTED COMMENT

  1. フリージア より:

    こんにちは。
    このコメントに書く内容ではなく、すみません。
    さらに、筋金入りのファンの方々には、今さらな内容で申し訳ありません。
    が、歩子さん!!
    昨日、私は、知らない曲巡りをしていて、歴史前夜という曲に出会いました!!
    シビレました!!
    ココロ掴まれました!!
    が、何言ってるか分からず、今日調べてみたら、歌詞が未完成なものだったんですね。
    天才と皆さんが言われることを、聞き流していましたが、「こういうことか!!」と、興奮冷めやらぬまま、ここに、メッセージを書いています。
    すんごいですね!!
    歴史も聞いてみましたが、歴史前夜の感動がスゴすぎて、歴史前夜しか聞いてません。
    ネーミングも、最高ですね!!
    こんな裏話みたいなことって、ほかにも、あるんですか?
    よかったら教えてもらえないかと思って、お便りしました。
    お忙しいと思うので、負担にならない程度に、教えてもらえたら、嬉しいです。

    • 歩子 より:

      フリージアさん。

      おお、「歴史前夜」を聴かれたのですね。
      いきさつを知ると驚きますよね。
      まだ歌詞が出来ていない歌をあれだけの人の前で披露するとは、なんて度胸だ…。
      でも、この時の歌と同じくらい、歌に入る前のMC…というのか、語りですね、あれがとても胸に迫ってくるんですよねぇ。
      「ひとりになると、恥ずかしいことばっかり浮かぶんですよね」
      この一連を含んだすべてが印象的です✨

      エレカシはこういう伝説的なものがとても多いバンドだと思うんですが、他に何があったっけ?
      また思い出したら書きますね^^;
      いろいろあると思います。
      ファンやってると驚きと感動の連続ですw

      • フリージア より:

        やっぱり…あるんですね。
        いつでもいいので、また記事にしてください。
        お待ちしてます!
        宮本さんの頭の中って、どうなってんでしょうね。恥ずかしいこと、ひとり思い出して、1人で「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ッ」て、デカい声出しちゃうこと、あります、あります。
        なんかもっと、しゃべってほしいなあ。
        本読むだけじゃなくて、書いてくれないかなあ。

        • 歩子 より:

          フリージアさん。

          良いことばかりではないと思いますが、大なり小なり伝説は多々あると思いますねぇ。

          >恥ずかしいこと、ひとり思い出して、1人で「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ッ」て、デカい声出しちゃうこと

          ありますよねぇ~
          まさに穴があったら入いりたい
          今もクリアに思い出せる最悪の記憶がゴロゴロと…
          誰でもそうですよ~宮本さん^^
          また宮本さんの書いた文章が読みたいですね。
          旧仮名遣いでもがんばって読みますからぜひ!笑

  2. 月と風 より:

    歩子さん、こんにちは。(2回目訪問です)

    自分の中の【獣ゆく細道】モヤモヤ騒動後、エレカシから少し離れたり、また戻ってを繰り返して、冷静に選別できるようになりました(笑)

    離れてる間、娘の好きなクリープハイプ、sumikaを聞いてました、10-FEETもフェスでとても良かったのでCD借りて聞きました。

    たまには良いもんですね、それぞれのアーティストも個性があって才能に溢れています。

    でも、やっぱり私は宮本さんの歌が好き、エレカシの音が好きなんだなって戻ってきます(笑)

    今回のCDポスター興味がないので、新春グッズ資金に貯めておきます!(キッパリ)

    • 歩子 より:

      月と風さん。

      同じく、椎名さんのことに関してはだいぶ落ち着いてきました笑
      台風のようにやってきて旋風を巻き起こしましたね~この話題。
      2度目はないことを信じてこれからも変わらずエレカシファンを続けていきます笑
      たまに他のアー曲を聴くと癒されることありますよね。
      でもやっぱりエレカシを聴いていると体が喜ぶのが分かるというか、何かキモチワルイこと言ってますけど、やっぱりエレカシがいちばんしっくりきます♪
      そうですね!私も新春グッズ資金にします^^

  3. skyblue より:

    はじめまして。
    「目を逸らしたい」おっしゃるとおり、『獣ゆく細道』を耳では聴いていたいです。
    ひょっとしてこの曲・椎名林檎のデュエットとして紅白に出るってなったらそれは違和感あります(説明しきれませんが超簡単に言えば、ミヤジは白組じゃないと)。

    • 歩子 より:

      skyblueさん、はじめまして。
      コメントどうもありがとうございます^^

      お二人で紅白はちょっと拒絶反応を示してしまいますねぇ…。
      わたしなんて未だに耳で聴くのも抵抗あるので
      どれだけ嫉妬深いんだか…って感じですね^^;
      みやじは白組、もちろんですね!

  4. きみぽん より:

    あの広い東京で会いたい人に偶然会える…しかも宮本さん!やっぱりすごい事ですね。一度でもそんな素敵な事があるといいなぁ…でも本当にあったら固まってぼんやりしてしまうかなぁ…
    何だか夢があって考えてるだけでも楽しくなりました✨

    ふと最近の自分の暮らしを思ったら人間関係や仕事、コミュニケーションの難しさをあらためて思う日々…でも私だけじゃなく誰もが、それぞれいろんな思いを抱えて暮らしているんですよね。
    野音のシグナルのライブ映像が一段と心にしみる、この頃なのです

    パワフルにいろんなお仕事をしてる宮本さんですが、エレファントカシマシのミヤジとしての宮本さんが何だか待ち遠しくて楽しみです(^_^)

    • 歩子 より:

      きみぽんさん。

      一度でも……って思いますよね。
      でもとても声はかけられないだろうなぁ。
      私も想像(妄想)するだけでウキウキしてしまいます笑

      そうですね、私もエレカシのみやじを待ち望んでいます。
      あの4人がやっぱり最高です。