Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エレカシ

世間とエレカシの距離はどうなった?

 

世間とエレカシの距離感がいまいち掴めません。
これだけエレカシ中心の生活をしていると、もはやエレカシを客観的に見れなくなっているんですよね。
エレカシに対しては世間一般の目線を失っている私。

でも世間の人たちはおそらく私が他のミュージシャンたちに対してそうであるように、けっこう客観的に冷静にエレカシを見ているはずです。
そういう人たちの目にエレカシはどんなふうに映っているのだろうか。

けっこう売れてるメジャーなバンドのイメージなのか、やはり硬派な印象を持つ人が多いのか、宮本さんのあの独特なキャラが目立つのか、それとも紅白出場などの影響でエレカシの音楽に注目する人たちが増えてきたのか。

音楽の力で惹き付けているとしたらファンとしてはとてもうれしいですが、多くの人が目にするテレビ番組に出演する時は、どうしても曲より宮本さんのキャラがクローズアップされがちです。

ただ、紅白に出たことはぜったいに大きくて、これまでエレカシをまったく知らなかった層にも、名前くらいは知っていたという層にも、何となく興味はあったけど特別ライブに行ったりアルバム聴いたりなどしてこなかったという層にも、かなり濃い印象を植え付けたことは確かだと思います。
以前に比べ、エレカシの存在が世の中にかなり浸透し始めているのは事実。
ただ、浸透することと、受け入れられることはイコールではないですもんね。

宮本さんの作る曲には「神様」という言葉がけっこうたくさん出てくるけど、新アルバムの曲でもいまだに神様に祈り続けている宮本さん。

「神様俺を見て」
「神様俺を見捨てないで」
※「神様俺を」/エレファントカシマシ

なんだか素の宮本さんが透けて見える気がして切なくなっちゃうんですよね…。
宮本さんは永遠に辿り着くことのできないような、果てしなく遠い夢を追い過ぎなんです。
例えば「売れたい」という話の時も、比較対象がレッドツェッペリンとかのレベルだし。
普通はもっと実現可能な具体的な夢を持つものなんだけどな。

でも、そういう大それたことを本気で求め続ける宮本さんだからこそ、こっちは何年ファンをやってても一向に飽きません。
こういう宮本さんをずっと見ていたいのです。
良くも悪くも周囲を巻き込む力を持っている人なので、目が離せないんですよねぇ、なんか気になって仕方なくて。

ただ、本人が世界屈指というように、宮本さんの歌とパフォーマンスは世界規模で売れている数々のバンドのボーカルと比べても決して見劣りしないと思うんですがね。
バンドとしてはさすがにロックバンドの最高峰と言われるレッドツェッペリンを超えるのは難しいでしょうけど、宮本さんの歌い手としての才能は世界レベルで見てもずば抜けていると思うんです。
これもファンの欲目なのかなぁ…。

 

今日、時間があったので久しぶりにWOWOWの「ノンフィクションW」を観ていたんですが、再びズッシリ来ました…。

でも、以前観た時よりも内容が素直に入ってきました。
あらためて、これは本当に秀逸なドキュメントだと感じました。
(メンバーに対して少々不躾な質問の仕方が気になったけど)

たぶん前半をあそこまで重苦しく描いたのは、後半の紅白にまつわるエピソードをより際立たせようとする意図があったからではないでしょうか。
…という印象を受けました。
前回観たときは、そこまで考えられなかったけれど。

熱狂的なステージと対を成す、こちらも非常に生々しいエレカシ。
番組を見れなかった人、見逃した人のために、「扉の向こう」みたいに映像作品にしてリリースしてもいいと思うんですけどね。

エレカシ宮本浩次「ノンフィクションW」を観た感想ー2018.1.21放送【WOWOW】 WOWOWの「ノンフィクションW」を、いま見終わったところです。 この番組、思っていた以上にヘビーで、観ているあいだずっと...

 

エレカシの表の活動はとりあえず落ち着いて、充電期間に突入。
宮本さんはまた己の内面と深く向き合うことになるんだろう。
こういう時期に新しい曲がたくさん生まれるんだろうなぁ。

2019年はどんな年になるんだろうか。
ちょっと気が早いか^^;

新曲が聴けて、年に数回ライブに行ければ充分なんですが、今年いろんな人のレポを見ていて、ぜひフェスに行ってみたいと思うようになりました。(できれば春の)

新曲が出ればテレビや雑誌やラジオにも登場するし、ツアーが始まればグッズや各地のレポも楽しみだし、これに加えてフェスに行かれたらもう最高。

人生の後半でエレカシに出会えて私はつくづく幸せです。
こんなワクワクする出来事が次々起こるのですから。

今はメンバーと事務所がワクワクの下ごしらえをする時期だと心得て、新春まで粛々と自分の生活に励もう。

身も心も引き締めて行きます。

それでは。

 

POSTED COMMENT

  1. ちょっと、照れ臭い70才です より:

    私は70才ですでも、若い頃のようにわくわく胸キュンです
    エレカシのこの記事も楽しみにしてます。ありがとうございます

    • 歩子 より:

      ちょっと、照れ臭い70才さん、はじめまして。
      コメントどうもありがとうございます!

      若いころのように胸キュンですかぁ~、宮本さんが聞いたらすごく喜びそうです!
      私もあらためて色んな世代の方にブログを読んでもらえてるんだな~と思い、とてもうれしいです。

      私自身エレカシと同世代で、最近はシワや白髪や老眼やたるみも出現し心細さを感じ始めるにつれて、リタイヤ後の暮らしのことも現実的に考えるようになってきたここ最近ですが、それでもエレカシに接するときのトキメキは10代20代の頃と変わりません(笑)
      宮本さんに感化されて筋トレを始めたりもして。
      できるかぎり、身も心も若くいたいです♪
      コメントうれしかったです。
      こちらこそ、ありがとうございます!

  2. フリージア より:

    こんにちは。
    初めてのコメントですが、ブログは1年前くらいから、読ませてもらってます。
    私はイエローモンキー好きな40代ですが、エレカシ30周年でメディア出演が増えて、よく見るようになってからエレカシが好きになりました。
    それまでは、宮本さんの顔と数曲知っていたくらい。
    何故だかこの歳になって、テレビでの歌唱姿に、何度も釘付けになり、グッとくるものがありました。
    それから、曲を知りたい、ライブに行きたいと思うようになり、歩子さんのブログに出会いました。
    6月にZeppなんばのWAKE UP!!ツアーに初めて行けて、1人だったけど、とてもよかった。
    なんて表現したらいいか難しいけど、メンバーのみなさんの、息のぴったりあった、内臓にガンガン響く1曲1曲が、知らない曲も、すごくいい!と感激続きの、あっという間の時間でした。
    MCがほとんどなく、会場内の緊張感のあるところが、イエモンとは違ってました。
    前置きが長すぎましたが、エレカシをみんながどう受け止めているのか?って話、私の感想ですが…まっすぐな力強さに圧倒される、一目を置くバンドと受け止められているんじゃないでしょうか?
    テレビでのキャラは、楽しんでみているけど、キャラが作品を超えることはないと思います。
    むしろ、あのホッコリするトークがなければ、近寄り難い感じじゃないかな。
    音楽以外のキャラで、エレカシのイメージが、硬派ではなくなっていると思うけど、音楽の道を、前だけ向いて突き進む宮本さんが、人間らしく見えて私は好きです。
    宮本さん自身も、お尻をペンペンしたり、ふざけたりして、弱い所も、足りない所も、お調子者な所も、みんなと同じようにある普通の人だってことを、隠さず見せたいのでは?って…
    真面目に言うと、変な感じですが、そう感じました。
    違うでしょうか。

    歩子さんのブログを見せてもらううち、自分との共通点も多いし(こどもの年齢と性別、私の仕事はヘルパーです。)、文章に、人柄も感じられて、毎回読むのを楽しみにしています。
    長文、失礼しました。

    • 歩子 より:

      フリージアさん、はじめまして。
      コメントどうもありがとうございます!

      イエモンの吉井さんのカッコよさもいつまでも健在ですよね。
      ファンではない私もついうっとり見惚れてしまいます。
      エレカシはまたちょっと特殊なバンドですけど、その分ハマると深いんですよね。
      Zeppなんばに行かれたのですか!
      初ライブがライブハウスって最高ですね^^
      やっぱりライブハウスのエレカシが一番見応えあると思います。
      会場内の緊張感、あれでもずいぶん緩和されたんですよ^^;
      私が初めて参加したライブでは、まったくしゃべらないしニコリともしないし終始ピリピリした雰囲気で怖かったです(笑)

      >まっすぐな力強さに圧倒される、一目を置くバンドと受け止められているんじゃないでしょうか?

      だとしたらすごくうれしいなぁ。
      そう思われていてほしい。

      >音楽の道を、前だけ向いて突き進む宮本さんが、人間らしく見えて私は好きです。

      ですよね。
      めちゃくちゃ同感です。

      走り過ぎたりしゃべり過ぎたりお尻ペンペンやおならブーや、あれもこれも過剰な人ですけど、そんな面も、歌が上手すぎるところも、ズシンとくる説得力も、ぜんぶまるごと大好きですねぇ。
      ブログにはいろいろ書くときもありますが、本当はどうでもいいんです、正直なところ^^;

      おお、ヘルパーをされているのですね。
      キツいですけど得難い経験ができる仕事ですよね。
      訪問をやっていた頃は毎日移動中にエレカシを聴いて励まされていました♪
      嫌なことがあると初期の曲の宮本さんの絶叫を聴いて車中で一緒に叫んだり。
      毎日毎日エレカシと共に仕事回ってました^^
      どうか腰を痛めないように気を付けてくださいm(__)m

      • フリージア より:

        お返事ありがとうございます。
        実はたくさんの方々が見るかもしれないところに、自分の意見を書くなんて、初めてだったので、コメントする時も、した後も、ドキドキでした。
        いただいたのが、とても暖かいメッセージで、とても嬉しくホッとしました。
        歩子さんは、人の心に寄り添える方なんだろうなあ。と、私もそうなれるよう頑張ろうと思いました。
        歩子さんに、是非聞いてみたくなっちゃったのですが、オススメのエレカシの曲をいくつか教えてください!!
        わたしの1番は悲しみの果て。
        この前のライブで初めて聞いて、お気に入りになったのが、ガストロンジャーと、so many peopleです。
        最近のお気に入りはRAINBOWです。
        イエモンでもそうなんですが、曲調は激しい方が好きですが、影のある暗い感じの曲を好きになることが多いです。
        食事の準備の時間と、お風呂の中でYouTubeで音楽を聴くのが、毎日の楽しみです。
        ペーパードライバーなので、車で走りながら聞くのは、羨ましいですが、できません…
        お風呂は寝てしまうことが多くて、試しに防水ケースに入れて持ち込んでみたところ、好きな曲を聴いていれば寝れるはずもなく、一石二鳥でした。
        エレカシは曲が多いので、知らない曲がまだまだ。新しい発見も、楽しみです。
        勝手なお願いですみません。
        ゆっくりでいいので、教えてもらえたら、嬉しいです。

        • 歩子 より:

          フリージアさん。

          そうだったんですか(゚Д゚)
          そんなにドキドキしながらコメントくださっていたとは、本当にありがとうございます!
          おまけにそんなに褒めてくださって照れ臭いです^^;
          コメントもらえるのがとてもうれしくて、コメントしてくださる方たちのことみんな好きになってしまうのです笑
          キモチワルイこと言ってすみません‥
          おすすめ曲はたくさんあり過ぎて難しいのですが、今思い付いたのは、私がエレカシにハマるきっかけになったアルバム「昇れる太陽」から、1曲目の「Sky is blue」はもうゾクゾクするくらい好きですね~
          あとミニアルバムの「DEAD OR ALIVE」あたりはフリージアさんの好みかもしれません。(もちろん私も大好きです^^)
          アルバム曲にも良いのがたくさんあるので、ぜひ少しずつ聴いてみてください♪
          お風呂の中でエレカシ聴くの、私も今度やってみます!

          • フリージア より:

            オススメ曲、考えてくれてありがとうございます!
            dead or alive、好きな感じです!言い当てられた感じがして、すごい!!と思いました。
            まだ5、6回しか聞けてないけど、今から聞きこみますね!
            sky is blueも聞きたかった…
            けど、YouTubeには宮本さんのがなかった。
            誰かが歌ってるのはあったけど…
            今度聞いてみたいとおもいます!
            忙しいなか、ほんとにありがとうございました!
            また、コメント入れさせてもらいますね!

          • 歩子 より:

            フリージアさん。

            お、やっぱり「DEAD OR ALIVE」お好きな感じですか?
            「sky is blue」も最高ですよ^^ぜひ!

            いえいえ、エレカシの話ならどんなことでも大歓迎です!
            またいつでもコメントお待ちしています^^

  3. あゆみ より:

    たびたびコメントすみませんf(^^;
    ぜひ!フェスいってみてくださいー。なんともいえないあの一体感は単独のエレカシライブとはまた違う熱気。頑張れば目の前でみれ、マイク通さない声まで聞こえます。あとはなにより、普段聞かないバンドを目にしたり耳にする機会のまたとないチャンスでした。まったく興味がなかったバンドだったのに本物を見てしまうとまぁなんともいえない感動。マキシムザホルモンや東京スカパラダイスオーケストラ、SIM、10feet、フォーリミなどなど。色々なバンドの色々な表現力にファンでなくてもついつい拳をふりあげてしまいます(笑)
    春ならさいたまスーパーアリーナで行われるビバラはおすすめです。室内ですし。私は6年息子と4歳の娘と一緒だったのでキッズエリアから色々みました。ほとんどのボーカリストはそっちのほうまで来なかったのにサービス精神旺盛?(笑)な宮本さんは端から端まで走り回って、いつものがに股でかなり長い間キッズエリア前で熱唱してくれました(笑)娘はぽかん、でしたが(笑)きっと、Zeppのようなライブハウスだともっとバンドを近くに感じられるのでしょうが、指定席で遠くでしかみたことないと、フェスはまたとないチャンス!と思ってしまいます(笑)
    来年の春と夏は気合いいれて挑もうかと。。
    その前にカウントダウンシャパンフェス(まだエレカシ出演はきまってませんが)もし、出演するようなら一人で乗り込もうか考えてます。(笑)

    • 歩子 より:

      あゆみさん。

      そうかぁ~
      あゆみさんのコメントを読んでますます気分が盛り上がってきました!
      そうそう、ビバラがいいなぁと思っているんです^^
      屋外も気持ちよさそうですけど、暑さが苦手なのと日焼け対策が面倒なもので…。
      キッズエリアがあるんですか。
      さすが宮本さん、いつもできるかぎりのサービスをしてくれますね~
      ライブハウスほどではないにしても、かなり近くで色んなミュージシャンのステージを楽しめるのは大きなメリットですね。
      来年はもう子どもの受験も終わっているので(終わっていてほしい…)、ぜひ検討してみたいと思います^^
      カウントダウンはおそらく出ますよね。
      いつも新春ですぐ観れるから……とスルーしてましたが、年末に生エレカシの演奏と歌を聴けるのはやっぱり格別だと思います!

  4. 青い鳥 より:

    はじめまして
    少し前からブログ読ませていただいてます。
    ファン歴、まだ一年経ってない私は、今、まさにエレカシを猛勉強中です。すっかり沼にはまってしまいました。
    私がファンになったきっかけは、宮本さんがワイドナショーに出演されたことでした。立ち上がって一生懸命答えようとする姿やユニークさ、宮本さんのお人柄に興味を持ち、名前だけは知っていたエレファントカシマシの曲を聞き始め、ライブ映像を見て、ますますのめり込んでいきました。なぜ、これまで知らなかったんだろう?と悔しい思いもありますが、遅ればせながらも、今、出会えたことに感謝してます。エレカシメンバーと同じ1966年生まれの私ですが、先輩エビバデのみなさんと一緒に応援させていただきたいと思います。

    • 歩子 より:

      青い鳥さん、はじめまして。
      コメントどうもありがとうございます!

      おお、まさかのワイドナショーですか!
      ファンからするとヒヤヒヤものの放送でしたが、あの番組でファンになった方がいるなら、やっぱり出演してよかったなぁ^^
      エレファントカシマシという名前だけはけっこう知れ渡っているんですよね。
      でもどんな歌を歌っているかまではこれまでなかなか浸透してこなかったんですが、ようやく去年、30周年ツアーを決行したり紅白に出たりしてファンがすごく増えました。
      わかります、私もファンになった当時、もっと早くファンになっていればよかったとすごく思いました。
      でも、ファンになってからたくさんの出来事があって毎日がウキウキわくわくドキドキハラハラでいっぱいです^^
      なので、青い鳥さんもこれから期待しててだいじょうぶですよ♪
      ブログは最近、私よりも読んでくださる方々の方がずっと詳しかったり情報が早かったりするのですが、マイペースに書き続けていこうと思ってますので、これからもぜひよろしくお願いします!

  5. ひよとん より:

    世間とエレカシの距離 わたしもよくわからないけれど、歩子さんの見方が合っていると思います。
    ネットでは宮本さんがバラエティに出るたびに、そのキャラに冷笑的な意見もでるけど、そんな出ては消えていくものは気にするほどでもなく、大体は好意的か、ちょっとした音楽好きの人たちには、一本筋の通った激烈ロックバンドとして一目置かれていますよね。
    特に若い人たちは普通にフェスに行くから後者が多いような気がします。それは宮本さんの意図でもあるんでしょうが。そこから何割かがワンマンライブに行き、CDを買うようになってますものね。
    これはファンならみんなよくわかっていることで私なんかが言うまでもことだけど、そうやってここまできた宮本さんの道のりに気が遠くなります。一緒にやってきたメンバーも本当に凄いですよね。
    ところで、最近ファンになった相方が「みやじさま公園」というのを見つけてきました。地元の通称「みやじさま」神社の杜前にある公園らしいです。新潟県長岡市にあります。身欠ニシンの煮物が名物の神社前の茶屋も「みやじさま」、ちょっと笑いました。

    • 歩子 より:

      ひよとんさん。

      >ちょっとした音楽好きの人たちには、一本筋の通った激烈ロックバンドとして一目置かれていますよね。

      ですよね~、特に同業者の人とかがエレカシのステージに圧倒されている様はたまりませんよね。
      音楽に詳しい人ほど、エレカシの魅力をきちんと理解してくれてる気がしますよね。
      こんなに凄いバンドなのに、どうしてみんなもっと興味を抱かないの?と思ってきましたが、よく考えたら私だって自分の好きなバンド以外にはけっこう無関心でした^^;
      音楽が良いか悪いか以前に、相性や縁があるんでしょうなぁ。

      ほんと、これまで何年も勝負を繰り返して今があるんですね。
      先日の記事にも書きましたけど、30年って伊達じゃないですよね。
      年月の重みがずっしり、、、
      ひよとんさんの言うとおり、宮本さんだけじゃなくトミもせいちゃんも石くんもみんな凄い。
      30年以上もやってて一人も欠けてないって奇跡のよう。
      この奇跡をさらに超えていくんでしょうね彼らは。
      みやじさま公園、なんて素晴らしいネーミング!
      ちゃんと「様」まで付いて。
      新潟にライブ遠征してその公園と茶屋に行きたいです^^

  6. yt.yt より:

    初めまして。

    宮本さん、エレカシに興味を持ち出したばかりなので楽しく読ませていただいております!

    これからも、楽しい記事を楽しみにしてます!!

    • 歩子 より:

      yt.ytさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます♪

      こちらこそ、どうぞよろしくお願いします!