Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エレカシレポート

エレカシ日比谷野外音楽堂 2019.7.6 セットリスト&レポ

 

 

遅くなりましたが、エレカシ野音2019初日のレポートを書きたいと思います!

当日までは天気予報が二転三転し、当日朝には完全な☔マーク。
もう覚悟するしかない……と、全身雨仕様で長靴を履いて出かけたものの、ふたを開けてみたらなんとライブ中はたまにパラパラっと小さな雨粒が落ちてくる程度で、レインコートも必要ないくらいでした。

ライブが終わってから小雨が降り出し、会場から駅まで行くあいだにやっと傘を開いた感じで。
終始、涼しい風が吹き、ライブ前~ライブ中とあんなに快適に過ごせた野音はもしかしたら初めてかもしれません。

私が到着したのは、開場から20分くらいたったころ。
入場の列はかなり並んでいたものの、IDチェックは非常にスムーズでほとんど待つことなく会場に入ることができました。

入り口をくぐると、今年もお花がたくさん!

エレカシがCM曲を務める「明治」、漫画家の「新井英樹」さん、「MUSIC FAIR」。

「MUSIC STATION」、「The Covers」、「音楽班」。

ブレてる💦
「WOWOW」と「SPACE SHOWER」、ほかにもたくさん。

そして、「フェイス」からも。

たくさんの赤い薔薇「祝30年目の野音」、“様”の付かない「エレファントカシマシへ」
今この写真を見てもちょっと涙腺がゆるみそうになります…。

それではさっそく、当日のセットリスト&レポを書いていきます。

 

エレファントカシマシ2019野音セットリスト~2019.7.6(1日目)

●第1部●

01.シグナル
02.愛の夢をくれ
03.孤独な旅人
04.明日に向かって走れ
05.面影
06.こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい
07.翳りゆく部屋
08.リッスントゥーザミュージック
09.彼女は買い物の帰り道
10.笑顔の未来へ
11.ハナウタ~遠い昔からの物語~
12.明日への記憶
13.旅立ちの朝
14.四月の風
15.悲しみの果て
16.今宵の月のように

●第2部●

17.RAINBOW
18.かけだす男
19.月の夜(直前に『今を歌え』を少し歌う)
20.武蔵野
21.俺たちの明日
22.友達がいるのさ
23.ズレてる方がいい

●アンコール●

24.星の降るような夜に
25.ファイティングマン

エレカシ2019野音レポ

はじまる前、少しパラパラと小雨が降ってきて、会場のあちこちでレインコートを取り出して羽織りはじめる人がいました。
が、本降りになることはなくすぐに雨が止み、雨予報とは裏腹に空が意外と明るくて、時おり吹いてくる涼しい風がとても気持ちよかったです。

今年の私の席は、Bブロックの中央より少し前の列、せいちゃん寄りの席でした。
会場にはいくつかカメラが入っており、雨に濡れないようにスタッフがカバーをかけていました。
岡田さんがカメラを手にステージ下にスタンバイ。
ステージ上では、おたらさんのニコニコの笑顔が印象に残ってます。

第1部

いきなり拍手と歓声が沸き起こったかと思ったら、唐突にメンバー登場!
私の位置からはステージの下手が死角になるので、登場の瞬間は見れず。
急いで立ち上がって拍手!

注目していた1曲目は、『シグナル』でした。
これは意外!

一瞬で野音の雰囲気に包まれる恒例の『夢のちまた』や、一気にボルテージの上がる去年の『Wake Up』、おととしの『地元のダンナ』とは違い、『シグナル』でじんわりと野音の空気に沁み渡るようにスタートした今年の野音。

せいちゃんの低いベース音が心臓に響き、トミの懐かしくも思えるドラムの音に体が震える…。
懐かしいといっても、元々そんなに頻繁にライブに行くわけじゃないので、半年くらい間が空くことはよくあるんですが、この日はそんな心境だったんですよね。

私の位置からは石くんの姿がとてもよく見えたんですが、この日の石くん、とてもカッコよく見えて、会えたうれしさと相まって石くんの姿にウルっときてしまった。
宮本さんは髪が伸びて長かったですねぇ。
まずそれが目に入って、まだ伸ばしてるんだ~と思いながら見てました。

ライブのたびに気になってしまう宮本さんの声。
とくに今回は、どうしても去年の日比谷野音のことが思い起こされてしまい…。
でも、まるで心配はいりませんでした。

低音は深く響き、高音は力強く伸びやかで、まさに宮本さんの真骨頂といえる素晴らしい歌声!
この日は最初から最後まで宮本さんが本来持っている歌力が存分に発揮されていて、何度も鳥肌が立ちました。

『愛の夢をくれ』はうれしかったですねぇ。
印象的なエレキギターのイントロ、哀愁漂うメロディラインと宮本さんの歌声。
私の中ではすごくエレカシらしい1曲。
この曲が収録されているアルバム『愛と夢』は、ポニーキャニオン時代のワタシ的ベストです。

『孤独な旅人』『明日に向かって走れ』と、ポニーキャニオン期の曲が続きます。
宮本さんがソロ活動をスタートしてから初めての野音なので、どんなセトリになるのか興味津々だったんですが、ちょっと意外な展開。

『面影』は大好きな曲なのでうれしかった!

そういえば、今さらですけど、この日は細海魚さんがキーボードに入ってました。
実は前日だったかツイッターで蔦谷さんが野音のサポートに入るとツイートされていたので、てっきり蔦谷さんが最初からいるものだと思っていたので、あれ?と…。
でも魚さんのキーボードすごく好きなので、魚さんの姿を見た瞬間なんだかとってもうれしくて。

どうやら、メインのサポートが魚さんで、蔦谷さんはゲストということだったみたい。
ここでだったか、蔦谷さんのキーボードがステージに運ばれてきて、魚さんの代わりに蔦谷さんが登場!
うわー!と大拍手!
魚さんの演奏大好きと書いておいて何ですけど、やっぱり蔦谷さんの姿を数年ぶりにエレカシのライブ、それも野音で見ることができたのは本当に本当にうれしかった!

『こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい』
ひさびさに聴いた。…というか、ライブで聴いたことあったかな?

『翳りゆく部屋』は、これをやってくれるか!とテンションアップ!
宮本さんの歌声も演奏もそれぞれ際立つ素晴らしい曲✨
蔦谷さんが演奏してくれてるのがうれしいのなんの。
数年前に時間が戻ったみたい。
宮本さんのどっしりした太い声。
高いキーもなんの障害もなく真っすぐ出て、どこまでも伸びていく。
圧巻。

確かここで金原さん登場!
野音に金原さんが出たことありましたっけ。
大抵いつも金原さんは笠原さんとペアのように一緒に登場されるけれど、この日は金原さんおひとり。
黒い衣装が似合っていて素敵でした。

『リッスントゥーザミュージック』
はじまる前に宮本さんが何か言っていた気がしたけど、忘れてしまった…。
リッスンが来そうな気がして、でも、あれ?違うのかな?と思って、そしたらやっぱりリッスンだった。なんのこっちゃですね、すみません^^;

『彼女は買い物の帰り道』
これはテンションあがった!
辛い時におせわになった曲。
ほんとに大事な曲。

『笑顔の未来へ』
やっぱりやってくれた。
宮本さんがいつも蔦谷さんとのエピソードをうれしそうに話すこの曲。
なんといっても「あなたが望むなら」のところの歌詞が最高ですよね。

『ハナウタ』
待ってました。本当にうれしい。
蔦谷さんの演奏でハナウタが再び聴けるなんて。

ただ、演奏のはじまり、最初なぜかすごい不協和音が鳴り響いて、一瞬ギョッとする。
宮本さんも手をかざして演奏を止めます。
ここでしばし宮本さんのMCがあったような。
その後、やり直して今度は大丈夫でした。
宮本さんは曲の冒頭でタンバリンを2~3回振ってすぐに投げ捨ててました(笑)

…にしても、日にちが経ってしまったので、記憶が何ともおぼつかない…。
仕事が立て込んでいてどうしても今日までレポが書けなかった。
さすがに5日もたつと細かいことはほとんど忘れていて、よほど印象に残ったことと、メモに走り書きしたことしか思い出せない。
でも思い出せることはぜんぶ書いていきますね。

『明日への記憶』
これはめちゃくちゃうれしかった~!
すっごく盛り上がりました!私がね。
曲も大好きですけど、この曲のMVは、いまだエレカシのMVの中でいちばんのお気に入り。
野外で聴く『明日への記憶』、最高でした。

『旅立ちの朝』
最新アルバムの曲はやるのかな?とちょっと気にしていたんですが、ここまでぜんぜんやらなくて、まさか1曲もやらないなんてことは…と思っていたらこれが来ました。
やっぱり宮本さんこの曲好きなんだな。
この曲の前に蔦谷さんいったんステージをはけたんだったかな。
この時はもういなかったような気がします。

どこで言っていたかは忘れてしまったけれど、宮本さんはこの日蔦谷さんのことを「スペシャルゲスト!」と何度も紹介していて、ちょっと前に偶然ライブ(たぶん先日のせっちゃんのライブ)で隣の隣の席になり、そこで蔦谷さんに今回の話を持ち掛けたと話してました。

蔦谷さんのことを「スペシャルゲスト!」と紹介したあとに、ミッキーのことも同じように「スペシャルゲスト!」と紹介し、蔦谷さんを「スペシャルゲスト①」、ミッキーのことを「スペシャルゲスト②」と言っていたような(笑)

「黄金期のすごいメンバー!」とも言ってましたね。

「最高のメンバーです」とも言っていた。
これは最後の方だったか。

『四月の風』に行く前に、ギターの土方隆行氏が登場!
宮本さん、「エレファントカシマシの大先輩、先生」と土方さんの紹介をしながら、

「ちょっと(土方さんとの距離が)遠いんですよね。あとで近くに行っちゃおうかな。」

といってまして、実際に曲の途中で土方さんのすごく近くに行ってました(笑)
宮本さんがなんて紹介していたのかくわしく憶えてないのですが、土方さんは『悲しみの果て』と『四月の風』の編曲に携わったお方。
とにかくものすごくお世話になったことを話してました。
このふたつの名曲の誕生に一役買ってくれた偉大なお方が、野音のステージに登場して一緒にギターを弾いてくれるだなんて、胸が熱くなっちゃいますね。。

『悲しみの果て』
堂々とした演奏と歌。
どんなに新しい曲が生まれても、やっぱりこれはエレカシを代表する不朽の名曲!
この曲も土方さんがギターを演奏。

ここで、今度は佐久間正英さんの話が。
ああ、次は今宵~がくるんだな、と思いながら宮本さんのMCを聞いていました。

「今はもう亡くなってしまったんですけど」

…と言いながら、当時の佐久間さんとの思い出話を語る宮本さん。
今でも宮本さんはライブで『今宵の月のように』を歌うたびに佐久間さんのことを思い出すのかなぁ。

『今宵の月のように』
曲の様子をあまり詳細に思い出せないのが悲しい…。
だからレポはすぐに書かなくてはいけないんだ。
確かMCで、この曲の自分の弾き語りバージョンがあったんだけど、ベストを出すときにレコード会社?の人にも探してもらったんだけど、「私の弾き語りのが出てこなかった」と。
本当はそれも入れたかったみたい。

ここで第1部が終了。

会場は時々ビューっとけっこう強い風が吹き抜けていきました。
宮本さんの髪の毛が風に吹かれてフサフサ揺れていた光景をよく憶えています。
湿気を含んだ空気が肌にひんやり当たるものの、寒いということもなく。
まさに私の知っている野音の空気感そのもの。
なんか野音ってこういうイメージなんですよね。

ほどなくして、第2部がスタート!

第2部

『RAINBOW』
きたー!
やってくれると思ってました✨
宮本さんは、膝が床に付くくらい低くうずくまりながら熱唱。

『かけだす男』
これもまたやってくれました。
歌い出しからけっこうはっきり歌詞が聞き取れる感じ。
(たまに聞き取れないことありません?)

ここで男椅子を前に出し、ギターを抱えて男椅子に座る宮本さん。
何がくるか、、、、と身構えながらじっとステージの宮本さんを見ていると、なんと歌い始めたのが『今を歌え』
…と思ったら、ワンコーラスで終わり、その後照明がスッと落ちて始まったのが、、、

『月の夜』
今年もこれを聴けるとはなんという幸せ。
すごかったです。今年も。圧巻の声。
なんであんな細い体からあのような声が出るのか。
…って、毎回同じこと言ってますが。
宮本氏のあまりの迫力の歌声に、ビリビリと雷に打たれたような感覚。
まばたきも忘れてただステージの上にいる宮本さんをじっと凝視。
美しい旋律、鳥肌が立つような絶唱、神秘的ともいえるあの世界観に包まれて、こっちはもうただただ放心…。
このひと時を味わうためなら、チケットが手に入らなくても何度でも野音に来ようと思う。
だからどうか、この曲だけは毎年歌ってください。
個人的には2017年の時の方が衝撃が大きかったけど、今年も本当に最高でした。
映像化してほしいなぁ。

『武蔵野』
これもいいんですよねぇ、実にいい曲。泣きそうなくらい。
『武蔵野』も野音で聴きたい1曲。

『俺たちの明日』
あんまり憶えていない……。

『友達がいるのさ』
これはもう、この日いちばんの感動でした!!
歌の途中で、メンバーをひとりずつ紹介!!
(ひとりずつ握手して回っていた…とメモに書いてあるんですが記憶がない…。どうでしたっけ?)
演奏の合間のメンバー紹介に会場も大喝采!!大盛り上がり!!
そして、、、

「歌と演奏はエレファントカシマシでした!!」

これを聴いた瞬間、感情が高まり思わず涙が出てきた(´;ω;`)ウッ…
会場の盛り上がりは最高潮!!
ものすごい高揚感!!

『ズレてる方がいい』
バンドの重厚な音に「ああエレカシだ」と。。
この曲はいつも盛り上がっているところに持ってくるから、平常心で聴いたことが一度もない(笑)
いつもライブではおかしなテンションで異様に気分が高ぶった状態で聴くんだよなぁ。
地鳴りのようなバンドサウンドが好きで好きでたまりません。

アンコール

『星の降るような夜に』
ここで『月の夜』につづきエピック期の曲。
なんかこれが来るような気がしてた。
石くんと肩を組んで、、、っていう光景、ありましたよね?マボロシか?
まったくいつもの感じの『星の降るような夜に』。
石くんとせいちゃんをステージ前に出して。
ほかの曲でも2人を前に出してましたねぇそういえば。

『ファイティングマン』
最後はファイティングマン。
あまり憶えていないのは、記憶が薄れたというよりもライブ時に自分が盛り上がり過ぎて意識が飛んでいたせいだと思う。

曲が終わると、全員並んでおじぎ。
宮本さんは次々となりに場所を入れ替わりそのたびに両手をあげておじぎ。

その他のレポ

こまぎれの覚書を。

どこかで宮本さんがメンバーたち一人ひとり回ってマイクを向け、メンバーの声を聞くことができました✨

蔦谷さんは、「ありがとうございます。光栄です。」と言っていたと思う。

どこかの曲で、宮本さんの「好位置ーー!!」も聞けました^^

宮本さんは曲の途中も何度か蔦谷さんに絡みに行っていました。
蔦谷さんはすこし恐縮しているような感じに見えたかな。

そして、金原さんにマイクを向けた宮本さん。
金原さん、「ありがとうございます。○△※~」とまだ話しているうちに宮本さんがマイクを離してしまったので後半が聞き取れず💦金原さん、バイオリンの弓毛というんですかね、あれが3本くらい切れちゃってる状態で激しく演奏する姿、カッコよかったなぁ。
宮本さん、曲の途中で金原さんの肩を組んで片足を上げて「イエーイ!」ってやってましたね。

「成ちゃんにも聞いてみましょうか」とかいって、今度はエレカシメンバーの声を披露。

「ありがとうございます」
「ありがとうございます」
トミ「ありがとう」

「なに言ってるのかよくわかりませんね。たぶんありがとうと言ったんだと思いますけど。」←トミのこと

ちゃんと聞こえたよ!笑

あと、宮本さん晴れ男がどうとかいうMCを突然始める。
もしかしたら、これが『ハナウタ』のときだったかなぁ。

「晴れ男は雨が降らないわけじゃない(?)、晴れ女もない、てるてる坊主も効かない」


あと、何かの曲のあとで、

「あんまり盛り上がってない?まぁいいかオレが盛り上がってるんだから」

…と、お客の反応を気にする宮本さん^^;

いやいや、めちゃくちゃ盛り上がってますよ、気持ちは!
でも確かにちょっと大人しめに感じたような気がしなくもないというか、でも野音ってだいたいいつもこんな感じじゃないですかね。

※MCはうろ覚えです。こんなニュアンスだったということで、ご了承くださいm(__)m

▼ライブ後の自分の感想

全体の印象としては、あまり野音ぽくない選曲だと感じました。
やっぱり野音といえばエピックの曲をたくさんやってくれるイメージがあるので。

あと、蔦谷さんもそうだけど、土方さんが出てくれたり、金原さんも出てくれたりと、ちょっと新春のような賑やかさもあって。
賑やかという言葉は若干違うかもしれないけれど、例年のコアで純度の高いエレカシ野音という感じではなかったですね。

でも、宮本さん意外によくしゃべっていたし、ニコニコとよく笑っていてちょっとホッとしたところもあり。
それに何よりメンバーみんなの生声が聞けたのがうれしくてたまりませんでした✨
こういう開けた野音もたまにはいいかもしれない。

▼土方さんの息子さん

▼金原さん。7日は笠原さんも出演されたんですね。

▼渋谷さんによる楽屋ショット

明日もあるので詳しくは書けないが、まさに何故このバンドが野音のステージに30年もの間、立ち続けているのかが伝わる記念すべきライブだった。
※引用元:rockinon.com

 

7日の方はメディアからレポがたくさん上がっていて写真も多いので、後日7日のセットリストをアップするときに一緒に載せたいと思います。

とりあえず6日のレポはこれにて終了です。
かなり不完全なレポになってしまいましたが💦

長いレポを最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは!

43+

POSTED COMMENT

  1. ひよとん より:

    歩子さん 渾身の野音レポありがとうございます!
    一字一句に「そうそう、そうだった」って噛み締めています。6日のスベシャルな野音本当に素晴らしかった。中と外聴きを同時に初体験した相方は1週間近くたっても「魂を野音に置いてきた。日常に戻れない」なんて言ってます
    あ、フェイスからのお花は現地でもSNSでたくさんの方がアップしていたのも見たけれど歩子さんの写真と言葉の方にぐっと来ちゃいました。
    歩子さんのレポの醍醐味はメディアのレポでは味わえない共有してる感じなんですよね。
    でもまたあまり寝ていらっしゃらないようでお身体の方が心配な気も。余計なことかもしれませんがプログは楽しみに気長に待ちますからしっかりお休みくださいね。

    10+
    • 歩子 より:

      ひよとんさん。

      今回も新春のように2日目が注目されてますけど、6日の野音もとても素晴らしかったですよね!
      魂を野音に置いてきた、、、本当にそんな感じです。
      お花はもっとちゃんと撮りたかったんですけど、人が多くて落ち着いて撮影できず、、でした。
      でもそう言ってくださってうれしいです✨
      レポも忘れてしまったことばかりでつたない内容になってしまいましたが、あの日の雰囲気がちょっとでも伝わったらいいなぁと思います^^

      ありがとうございます。
      確かにあまり寝れていなかったんですが、昨日今日はしっかり寝て体力をチャージしました!
      音楽の日の宮本さんとエレカシにもものすごく元気をもらいました✨
      時間ができたら番組を見た感想を書きたいです^^

      2+
  2. すずらん より:

    ご多忙な中、ありがとうございます!もうすぐあの最高の夜から1週間経とうとしていますが、お陰様で記憶が甦ってきました!
    一番後ろの席でしたが、全体が見渡せて、宮本さんが蔦谷さんや土方さんのところに寄っていったり、成ちゃんのダンディないでたち、トミの汗で色の変わったTシャツの色気、石くんと宮本さんの絡み、宮本さんの髪が風になびく美しさ、金原さんの衣装が強風に煽られてめくれないか心配したり、とにかく楽しかったです。30回目のお祝いムード満載でしたね。鳥肌が立ち、泣けるポイントがいくつもありました。何より、本当に宮本さんの声が素晴らしかった。
    神がかっているとはこういうことを言うのかなと初めて思いました。絶対に2日間ともノーカットで映像化して欲しいですね!

    8+
    • 歩子 より:

      すずらんさん。

      全体が見渡せるのはいいですよね✨
      私は今回かなり端っこの方だったので、トミが隠れてあまり見えず、蔦谷さんも斜め後ろからの姿しか記憶に残ってません^^;
      でも本当にいい野音だったなぁ。
      あの場にいれて最高に幸せでした。
      ほんと、宮本さんの声が鳥肌もので、、、、
      確かに神がかってました✨
      ノーカットで映像化、どうか実現しますように!

      1+
  3. あやM より:

    歩子さん、お忙しところレポートありがとうございます!

    魚さんの舞(うような演奏)に目を奪われていたら、蔦谷さん、ミッキー、金原さん、そして土方さんの登場で30回の祝賀なんだと気づきました。(遅っ)
    初野音はDVDや動画で見て想像していた激渋選曲と違ってましたが好きな曲ばかりで、胸がいっぱいになりました。
    フェイスからの薔薇が入り口の一番最初に在ったのも感動でしたし、蔦谷さんの美しいピアノの旋律、緊張されてるようにはとても見えない金原さんのかっこいい演奏、そしてこの方が土方さんかぁと感慨深ったですが見た目が若々しくてギターも上手ですごく素敵でした。
    そんなゲストに囲まれて宮本さんが嬉しそうなのがすごく伝わってきましたよね。(本当に演出かと思うほど、時折フワ~と風が吹いて神秘的というか…佐久間さんもいらしてたのかしら…)
    ゲストの皆に一言いただいた際に、土方さんの前に不意に石くんがマイクを向けられて戸惑いながらの「ありがとうございます」(←ちょっとゲスト風)が楽しかったです。

    華やかな中、今回一番嬉しかったのは4人での演奏が多かったことです。(ミッキーは好きなんですが)とにかくそれが嬉しくて、30年以上一緒にやってきて30回同じば場所でやるメンバーのファイティングマンを聴きながらこれ以上のファイティングマンなんてないし彼らがファイティングマンそのものだとしみじみ思いました。
    しかし、「月の夜」の破壊力というかパワーがすごくてず~っと脳内再生されてます。(一撃でした。笑)

    野音の余韻冷めやらぬ中、「昇る太陽」聴きましたが、疾走感のあるかっこいい曲だけど、キー高っ、そして速っと…。(息継ぎ問題とかちょっとドキドキが…)音楽の日に聴けるといいですね。

    7+
    • 歩子 より:

      あやMさん。

      魚さん、ほんといいですよね~。
      蔦谷さんがフルで入ると思っていたので、まさかの魚さんに驚きでした。
      お二人の演奏が聴けてラッキー♪
      土方さんの登場にもびっくりでしたね。
      クレジットで名前を拝見したことはありましたが、どんな方か全然知らず、まさか野音でお目にかかれるとは。
      佐久間さんと、あときっと漣さんも、一緒に空からエレカシ4人のステージを楽しんでいたのかもしれないですね。

      確かに4人の演奏が多かったですね。
      やっぱりあれが原点ですもんね。
      『月の夜』、歌も演出も最高でした…。

      「音楽の日」で宮本さんの『昇る太陽』初披露、エレカシで『俺たちの明日』、最高でしたね!
      胸がいっぱいです!

      1+
  4. きみぽん より:

    外聴きだったけど今もなおライブの余韻が続いてます…
    エレカシの演奏宮本さんの歌声を聴きながら幸せな時間をすごせました
    あまり体力に自信のない私でも気づいたらずっと立ったままで聴いてました
    思いきって参加して良かったです(^_^)

    歩子さんのライブレポを読んであらためてあの日の野音を思って胸がいっぱいになりました✨

    6+
    • 歩子 より:

      きみぽんさん。

      外聴きの人、たくさん集まったみたいですね✨
      中と外聴きの人を合わせて2日間で14000人が集結とニュースで見ました。
      中もほとんどの人が立ったままでした^^
      あんな素晴らしいライブを毎年体験できるなんて(外聴きでも)、幸せなことですよね~

      1+
  5. おかみさん より:

    歩子さん素敵なレポありがとうございます
    なんか私も一緒に歩子さんと野音のライブに行ったような気持ちになりました
    エレカシの四人の姿みたかったなー
    最高ですよねー
    音楽の日も楽しみです

    4+
    • 歩子 より:

      おかみさん。

      野音で観た4人の姿、本当に最高でした✨
      映像化されることを心底願っております。
      音楽の日、よかったですよね~!
      ライブがしばらく無理なら、またテレビに出て歌ってほしいです。

      1+
  6. ボン より:

    歩子さん、無事に元気に野音を楽しめたようで良かったですね!天気もなんとか持ちこたえて暑くもなくて助かりました。
    私も6日に外聴きしてました。姿がない分、音に集中できたし同時に心の整理もついたような気がしています。約7年近く私を楽しませてくれたエレカシには感謝で、宮本さんが病気から復活しバンドが熱く充実し頼もしくなっていく様を肌で感じることができワクワクドキドキの連続で、ファンの皆さんも優しくてスタンディングで譲り合って宮本を見たりトミを見たりして楽しんだこと…思い出いっぱいできました!
    そして歩子さん、椎名林檎さんのおかげでコメントをし始めてから今日まで、私の独りよがりなコメントに対して丁寧にお返事していただけるのが本当に嬉しかったです。これからもお元気でエレカシ活動、宮本活動、テニス活動を楽しんでくださいね。
    フェイドアウトしていくのがルールかもしれないんですけど、歩子さんにはちゃんとお礼が言いたくて(^^)
    まぁ、出戻りする可能性もありそうですけど…成ちゃんが出待ちの人にファンサービスをしたと知って、ちくしょう!!私も待てば良かった!ってとっさに思ったりもしてて自分のしつこさに苦笑いです。
    それでは長くお邪魔しました。歩子さんと読者の皆さんにも幸あれ!!

    4+
    • 歩子 より:

      ボンさん。

      いつかボンさんからこういうコメントをもらう日が来るのでは……と危惧していましたが、そうですか、、、とうとう(T_T)
      私はいつもボンさんのコメントを読むのがすごく楽しくて、私の方こそいつもボンさんとコメントを通じてお話できるのがとてもうれしかったです。
      出戻り、大歓迎です。待ってます✨
      そしたらまたこのブログにもぜひ遊びにきてくださいm(__)m
      またボンさんとあれやこれやエレカシについて語りたいです。
      ボンさんもお元気でお過ごしくださいね。
      ボンさんの幸せを願っています!

      0
  7. ヒロリン より:

    こんにちは~歩子さん

    フェデラー凄くないですか~❤️
    ナダルが最近すこぶる強いので勝ちかなと思いきや
    フェデラーもまだまだ強靭な体力実力をお持ちですが よいお年になり引退後の話をちらほらしたりとかあって なかなかまだまだ十分な印象です(*^^*)
    ファンとしては永く頑張ってもらいたいので嬉しい限りです(*^^*)

    今日はエレカシ音楽の日に登場がかなり楽しみです
    (^-^)v

    2+
    • 歩子 より:

      ヒロリンさん。

      フェデラー、最高でしたね✨
      決勝ではジョコに敗れてしまったけど、試合自体はフェデラーが押していましたよね。
      決勝だけは何とかリアルタイムで観たんですが、最終セットは興奮しました!
      タイブレークが1個も取れなかったのはつらい…。
      フェデラーに優勝してほしかったです。
      本当に、GSの決勝に行く腕はまだまだ健在なんですもん、引退なんてまだ考えてほしくないですね^^
      音楽の日のエレカシと宮本さん、痺れました✨
      宮本さんもエレカシも圧巻!
      どちらも最高でした。

      0

ボン にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)