エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【エレカシ】デラックス盤の富山オーバード・ホールのライブCDが最高


 

「WAKE UP」デラックス盤に付属の富山ライブCDは、しっかりライブと同じ時間を確保して一気に聴こう!と思っていたのだけど、なかなかその時間が取れないので仕方なく、音楽プレーヤーに取り込んでウォーキング中に聴くことにしました。

おとといから富山ライブ音源を聴きながら夜にウォーキングしているんだけど、これが最高なのです。

ウォーキングは40分前後なのでライブまるまる通して聴くことはできないのだけど、細切れでもライブの臨場感がものすごいリアルに迫ってくる!

初日は「戦う男」まで。
「歴史」から歌声と音の重厚感に圧倒され、「今はここが真ん中さ!」と「 新しい季節へキミと」ではライブさながらの盛り上がりを体験し、「ハロー人生!!」ではもうアドレナリン出まくりで歩くスピードがガンガン上がって、「デーデ」、「悲しみの果て」は定番中の定番曲なのに心がゾワゾワするほど感動し、、、。
そして、「今宵の月のように」、「戦う男」と、一気に駆け抜けたような40分。

もう本当にライブに参加しているような高揚感でした!

すごいですね、これは、、、
これを聴けばいつでもエレカシのライブを体感できるじゃないですか。

ライブに行かれるのは年に3回程度、私としてはその間の淋しさをどう埋めるかが課題なんです。
写真集を眺めたり過去のインタビューを読んだりライブDVDを観たりして何とかその淋しさを紛らわせているわけで。

でも、ライブ音源を音楽プレーヤーで大音量で聴いていると、まるで自分もこの会場にいてライブに参加しているような錯覚を味わえます。
テレビでライブ映像を観るよりもずっとリアルに。
体の中で音が鳴っているみたい、、、っていうか実際そうなんですけど、夜に人通りの少ない道をみやじの歌声とバンドの音を大音量で聴きながら歩いていると、本当にライブの現場にタイムスリップするかのよう……。

だって、MCまでぜんぶ収録されてるんですもんね。
本当にライブまるごとぜんぶがこのCDに詰め込まれているんだものなぁ。
こうしてライブを追体験(富山公演は行ってないけど)できるとは、なんて素晴らしいんだろう!と感動してしまいました。
何度も聴いて慣れちゃったら今と同じような感動を味わえるかどうか分からないですがね‥。


で、昨夜は「風に吹かれて」から「俺たちを明日」までを聴きました。
「風に吹かれて」のボーカルがまた素晴らしくて鳥肌……。
ものすごく暑い夜だったんですが、最初からいきなりテンションが上がってライブの進行とともにズンズン歩いて、前日よりも遠い距離まで行きました。

「桜の花、舞い上がる道を」では、富山の音源なのにさいたまの桜吹雪の花道を思い浮かべ、小学生のころ学校で台(ミカン箱だったかな)の上に登って歌っていた少年が、40年経ってアリーナの花道の上で何万人もの前で歌を歌っていることに、いまさら感動したり。

「3210」での宮本さんの煽りに、胸の底から何かが湧き上がってきて、「RAINBOW」でまた歩く速度がどんどん上がっていき、「ガストロンジャー」があまりにもカッコよくて興奮したせいか酸欠っぽくなってしまい、ここで歩くのを中断して脇のガードレールでしばし休憩しました^^;

顔がカーッと熱くなって、水をたくさん飲んできたはずなのに喉がカラカラになって、ちょっと気持ち悪くなってしまった。
手も痺れちゃって。

まさか熱中症?と思い、首に巻いていたマフラータオルを取り外し、首筋に風を当てて「今を歌え」を聴きながらクールダウン。

ちょっとヒートアップし過ぎました。
音源を聴いたせいでボルテージが上がっていたのもあるけど、夜でもあんなに気温が高いのにスピードを上げ過ぎて心拍数がえらいことになっていた、、、

その後、「四月の風」を聴きながら、今度はゆっくり歩いて家に向かい、「俺たちの明日」で到着。
ちょっと気分は悪くなったけど、この日も最高のウォーキングでした。

次は今夜か明日か。
残りの音源を聴きながらまたライブを追体験するのが楽しみ。

 
昨夜はお月さんがまるで絵に描いたような三日月で、かわいいな~と思いスマホカメラで撮ってみたんだけど、ボヤけてしまって何が何やら。

f:id:y-passage:20180716215246j:plain

 

お月さんの斜め下に星がひとつ輝いていて、とてもメルヘンチックでした。

「歩くのはいいぜ~!」と宮本さんが言うように、ウォーキングをすると心も体もシャキッとしてとても気分がいい。

 暑くて不快指数が高い今の時期だけど、それでもエレカシを聴いて汗だくになりながら歩いていると、爽快感でスカーっとします。

帰って来てそのままお風呂場へ直行し、ザブンと湯船に浸かってライブに思いを馳せる…。
最高です、本当に。

CDじゃメンバーの姿が見えないから映像の方が良かったと思っていましたが、ライブCDも最高です。
むしろCDで良かったのかもしれないとすら思いました。

 

そんな素晴らしい富山ライブ音源の付いたデラックス盤は、本日(7月17日)午後1時まで予約を受け付けています。

狙ったようなタイミングですが、マジで偶然なんです^^;
昨夜、Twitterでユニバーサルさんのツイートが回ってきて気付きました。 

30周年イヤーのフォトブックと、30周年ツアーの密着映像と、この記事で紹介した富山オーバードホールのライブCDが付いて、お値段は税込8,100円です。
これは安いです。買いです。しかも購入最後のチャンスです。たぶん

どうぞ↓
store.universal-music.co.jp

 

それではまた!