エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【エレカシTOUR2018 WAKE UP‼】東京1日目「Zepp東京」2018.7.5 セットリスト&レポ


f:id:y-passage:20180706182510j:plain

 

WAKE UP‼ツアー東京公演1日目に行ってきました。

さっそくセットリスト&レポを書いていきたいと思います。

 

 

 

TOUR2018 WAKE UP‼ 東京『Zepp東京』1日目セットリスト 

f:id:y-passage:20180706191315j:plain

 

第1部

01.Easy Go
02.風と共に
03.RAINBOW
04.悲しみの果て
05.神様俺を
06.自由
07.i am hungry
08.ガストロンジャー
09.RESTART
10.夢を追う旅人
11.今を歌え
12.いつもの顔で
13.旅立ちの朝
14.オレを生きる
15.Wake Up


第2部

16.今宵の月のように
17.笑顔の未来へ
18.シャララ
19.俺たちの明日
20.歩いてゆく
21.so many people
22.ファイティングマン

 

大阪公演で歌っていた「いつものとおり」が、東京では「シャララ」に変わっていました。

「いつものとおり」も楽しみにしていたので聴けなかったのは残念でしたが、代わりになんと「シャララ」が聴けるとは!

 

WAKE UPツアー東京1日目|感想&レポート

整理番号と入場後のこと

私の整理番号は400台のしょっぱなでした。
わりと前の方に行けそうだな、、と思ったものの、この日は押し合いへし合いに耐えられる自信がなかったので前に行くのはやめておきました。

入場すると、前から2列目のバーに空いているスペースを見つけたので、そこを陣取りスタンバイ。
最前バーの次のバーなので、ここからでもステージはとても近い!
この時点ではまだステージ前方にもけっこう空きがありました。

バーを確保できたのは幸いでした。
この日はやけに開演までの時間が長く感じられ、バーがなかったら相当キツかったと思います。

照明が消えてメンバーの姿が現れると、私のいるバーの前のスペースに大きな動きが。
いつもはこの大移動に私も巻き込まれて、あれよあれよとステージ近くに押しやられるのですが、今回はバーからその一連の動きを客観的に眺めていて、いったいどこからあんなに押されるのかその仕組みがよく分かりました。
まぁ、その話は置いといて、次にいきます。

 

感想&レポ 

大阪公演のレポで見ていたとおり、あまりMCらしいMCはなかったです。
大阪のレポで、「MCが少ない」、「ライブは2時間」と知り、マスターピースツアーみたいな感じかな?と想像していたんですが、あの時のようなピリピリした緊張感はまったくなく、むしろフレンドリーな雰囲気を感じたライブでした。

ただ、数曲だけ宮本さんの声がかすれたり音程が不安定になることがありました。
「旅立ちの朝」くらいから復活してホッとしましたが。
まだ本調子ではないのかな?と感じたので、今夜の東京2日目が終わったらどうか練習は数日間お休みにして喉をしっかり休めてほしい…。

では、曲ごとの感想です。 

 

「Easy Go」

いきなり静から動。
会場中が一気に湧き立ち、みんなジャンプしながら手を振り上げていて凄かったです!
はじまったー!という感じ。

何だか突然バーンと始まった感じですっかり興奮してしまい、宮本さんの歌があまり印象に残っていません💦


「風と共に」

キレイな声が出ている時と、ちょっと声が出にくそうなところがありましたねぇ。
ん?とちょっと心配に。
でも良かったです、とても。


「RAINBOW」 

“暮れゆっく” にドキリ。
後頭部からぞわ~っと鳥肌。カッコいいです、むちゃくちゃ。


「悲しみの果て」

歌ったはずなんですが、記憶が……(*_*;


「神様俺を」

イントロが始まってワクワク。
やっぱりこの曲は相当インパクトあります。
途中、「歳を重ねて」のところは、若干勇み足ながらもCDに二重三重の輪をかけた激しさで、ガツンを頭を殴られたような衝撃!
腰が抜けるかと思いました^^;


「自由」

曲前のMC。
ちょっと細かい言い回しは忘れてしまいましたが、どんなときに自由を感じるかという話で。

「(自由を感じるときが)あるじゃないですか。風が吹いたり、、、散歩したり、、、」

 

 「i am hungry」

宮本さんがステージのヘリまで出て客席を指さしながら歌っていた、その一瞬をその切り取った映像だけ脳裏に焼き付いているんですが、他がキレイさっぱり消えてます…。

「ガストロンジャー」

 記憶が……💧


「RESTART」

ベースとドラムの音がおなかにズンズン響きます。
すごく楽しかった!
宮本さん、体を思い切りふたつに折り曲げて歌うから、たびたび視界から消えました(笑) 


「夢を追う旅人」

伸びやかな歌声と、時々声が出づらいのかな?と思う時と。
調子のいいときは会場に響き渡る美声。
光の中で歌う宮本さんがまぶしい!

「今を歌え」

曲の前に、「偶成」を少しだけ弾きました。
ボーっとしていて記憶が曖昧なんですが、検索してみたらそうレポしている人がいたのでやっぱりそうだったようです。
「今を歌え」は、声がちょっと不安定だったかな~。
サビのどっしりした歌い方が好きです。


「いつもの顔で」

この曲はライブで聴くとまた格別!
とくにサビがとてもカッコいい!

そういえば、この日はスピーカーが近かったせいか、ちょっと宮本さんの声がいつもと違うように聴こえる時がありました。
なんていうのか、音の波長が一部だけ突出して聞こえるような。
場所によって音の聴こえ方が微妙に変わりますよね。


「旅立ちの朝」

イントロの演奏中に、宮本さんが演奏を止めます。
気分が悪くなった人がいたようです。

「大丈夫ですか?」と宮本さん。

その方の動向を心配そうに見つめています。
倒れた方自ら手を挙げて知らせたようですが、気付いてもらえて良かったですよね。
それにしても具体の悪くなる人が多いなぁ。
でもライブハウスではわりとよく見る光景なんで、ライブ前はくれぐれも水分補給をしっかりしておきたいですね。
水よりもポカリやグリーンダカラがおすすめです♪

その時、「宮本やさしいー!!」と男性からの声掛けが。

すると宮本さんすかさず「いやいや」と謙遜。

「カッコいいところを見せておかないと」とかなんとか。

よく見えませんでしたが、その方は無事介助されて会場を後にしたようです。

「気分が悪くなったら遠慮なく言ってください」と宮本さん。

ここで突然、メンバー紹介。
村山☆潤さんとミッキーを紹介し、以下略でした(笑)
そして再び演奏がスタート。

この曲では声がすっかり復活!
演奏の音がとても重く厚みがあって凄かった!
歌と演奏がどこまでも広がっていく感じに鳥肌が立ちました。

「オレを生きる」

 こうしてニューアルバムの曲を次々聴けるのがアルバムツアーの醍醐味。
最近ずっと聴いている曲ばかりなので、聴き慣れた感じと初生聴きの新鮮さが混じり合ってもうたまらんです。
「オレを生きる」も良かった!


「Wake Up」

ものすごくカッコよかった!
音圧に痺れる!
なんてライブ映えする曲なんでしょうか。
演奏も歌も、歌う宮本さんの姿も、すべてが最高にカッコよかったです!!

 

 「今宵の月のように」

ポケットに手を突っ込まず。
なんかに気を取られている感じ?
そういえば最近みやじのアコギが新調されたというレポをどこかで見たのですが、確かに新しくなってましたね~。
前の傷が付いたアコギも味があって良かったですが。


「笑顔の未来へ」

やっぱり気が散っているみたい?
しきりに何か指示出しをしているのだけど、私の場所からは何なのかよく分からず。
演奏に間に合わず歌い遅れるところも。


「シャララ」

「私が死んだあとに評価される曲」

 …と言いながら始まったのが、なんと「シャララ」!!

最高でした。
この曲の持つ重たさに体が沈められる感じと、サビで繰り返される「シャララ シャララ」、楽器の音の重なり、すべてがほんと最高です。
大好きな曲なんですけど、簡単に「好き」という言葉におさめたくない気がしてしまう、不思議な魅力を持つ曲です。
…にしても、冗談とはいえ「私が死んだあと」なんて言われると悲しくなってしまう…。

「俺たちの明日」

10代、20代、30代と歌うときの宮本さんの姿は憶えているんですが、それ以外の記憶が消えてます…💧


「歩いてゆく」

エレキギターの弾き語り。
静かな曲。
宮本さんの低音が胸に染み入る。
しっとりと聴き入りました。
この曲はすごく印象的でよく憶えています。
美しい時間。

「so many people」

大阪のセトリを知っていたので、ああもうすぐ終わってしまうんだな…と淋しく思いながら拳を振り上げていました。


「ファイティングマン」

最後の締めの曲。
盛り上がるんですけど、「ファイティングマン」はいつもライブの最後で歌うので、これで見納めとばかりに毎回必死で宮本さんの姿を目で追いながら聴いている感じ。
この日も名残惜しかったなぁ…。
だって次はいつライブに行かれるか分からないんですもん。
でも盛り上がりは最高潮で、ものすごい高揚感に包まれて快感!(…と一抹の淋しさ)
まさにクライマックスという感じ。

 

ここでだったと思うんですが、宮本さん、メンバーひとりひとりと笑顔で握手してました。
とても良い光景でした。

全員のメンバー紹介はどこだったか、、、でも2回目のメンバー紹介ではちゃんと石くん、トミ、せいちゃんも紹介していました^^

最後は、肩組みをせず全員で手をつないでお辞儀。
メンバー全員、ピカピカ満面の笑み。
お辞儀、けっこう長かったなぁ。

最後、お客さんたちをあちこち指差して「大丈夫?」と(たぶん)言いながら退場していきました。

 

あと気付いたことと言えば、どの曲だったか忘れてしまいましたが、宮本さんがミッキーにサインを出すと、ミッキーがけっこうな大声でコーラスをしていて、びっくりしました。
あんなに大きな声で歌っているんですね。

どの曲だったかな、、宮本さん、「アーッハッハッハ!アーッハッハッハ!」とまた高らかにやってましたねw

思い出したので追記。

「東京ベイベー!東京ベイベー!東京ベイベー!」

「Zeppベイベー!Zeppベイベー!Zeppベイベー!」

カクカクしながら叫んでました笑

あとですね、最後にミーハーなこと書いちゃいますが、2~3回宮本さんがすごく近くに来て、めちゃくちゃ間近で歌う姿を見れました。
間近と言っても、もちろん最前列周辺ほどではないんですが、私のところからでもかなり近く感じてとっても興奮しました!

久々に「みやじに会えた!」と実感した瞬間です。
ホールやアリーナではぜったいに味わえないこのリアルな近さ。
「すぐそこにいる」という奇跡のような瞬間。
思えば、前回のライブハウス以来じゃないでしょうかね、こんなに近いのは。
宮本さんのファンなんで、やっぱり近くで会えるのはめちゃくちゃウレシイです。
あぁ幸せ…。
やっぱりライブハウスが好きかもしれない。
試練は多いけど。

そういえば、私の場所から見るかぎりこの日は前の方のスペースにわりと余裕があって、そんなにギチギチではなかったです。
最初こそガーッと押されて密集度が増してましたけど、だんだんスペースに余裕が出て来てそんなにぶつかり合っている人はいませんでした。
ちょっとこれは意外でしたね。
あのくらいならバーを取らず前に行けば良かったかも…と、一瞬頭に過ぎりましたが、でもあのハードな待ち時間にはやっぱりバーの存在はありがたいんですよねぇ。
いつもスタンディングライブの次の日は足と腰が痛んで苦しむんですが、今回はそれがありません。
間違いなくバーのおかげです。

試練を乗り越えて目の前でエレカシのライブを見るか、体をいたわって安全策を取るか、今後も悩みそうだなぁ。
まぁ、良い整理番号が来ないと悩むことすら叶いませんがね^^;

 

退場したあと、ビールを飲みながらZeppの建物を眺めて余韻に浸っていました。
ライブハウスは行くまでがちょっと気が重いんですが、終わってみると一番満足度が高い気がします。いつも。

やっぱり距離の近さはデカい…。
音は平等でも、どうしたって距離が大きくなればなるほど人物のリアル感は薄れていきます。

たくさん売れてアリーナを満杯にできるバンドになりましたが、やっぱりこれからもライブハウスツアーをやってほしいなぁ…と思いました。

 

f:id:y-passage:20180706191433j:plain

  

 

f:id:y-passage:20180706191646j:plain

 

 

f:id:y-passage:20180706191533j:plain

 

f:id:y-passage:20180706191735j:plain

 

以上、 エレカシTOUR2018 WAKE UP‼ 東京1日目のレポ&感想でした!