つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【エレカシ30thツアー】岐阜「長良川国際会議場」 2017.5.27 セットリスト


 

エレカシ30周年ツアーのセットリストと簡単なレポ等を書いています。
私が参加するのは神奈川公演のみで、他は実際にライブに行ったわけではありません。
ライブに行かれた方の生の声を知りたい場合は、他の方のライブレポやツイッターなどを検索して詳細なレポをお探しください<(_ _)>

 

5月27日(土)は岐阜の「長良川国際会議場」でライブでした。

では、さっそくセットリストです。

※ネタバレ注意!

 

 

2017年5月27日(土)岐阜「長良川国際会議場」セットリスト

 

 【第1部】
01.歴史
02.今はここが真ん中さ!
03.新しい季節へ君と
04.ハロー人生!!
05.デーデ
06.悲しみの果て
07.今宵の月のように
08.戦う男
09.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日


【第2部】
20.ズレてる方がいい
21.奴隷天国
22.いつか見た夢を
23.コールアンドレスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン


【アンコール】

28.花男

 

 

その他の情報

岐阜の会場の様子と、岐阜Tシャツはこちら↓

 

 岐阜のTシャツがなんで黒なんだろう…?と思って、「岐阜 黒」で検索してみたら、こちらのサイトの「黒からあげ」なるものがヒットして度肝を抜かれちゃいました。↓

kokokki.com

 

でもTシャツが黒い理由が黒からあげなわけもなかろう…と、今度は「岐阜 イメージカラー」で検索してみました。↓

iro-color.com


これによると、

1位 
2位 茶色
3位 オレンジ色

・・・と10位まで続いていくんですが、その中に黒はありません。

なんで黒!?

飛騨高山の街並みの色合いとか…。
これは冬の景色ですけど。

 

f:id:y-passage:20170529101919j:plain

 

岐阜の黒は謎だ…。

 

次に、岐阜のスタンプはこちら↓

 

白川郷とさるぼぼ!

「さるぼぼ」って、猿の赤ちゃん(ぼぼ)っていう意味らしいですね。
「さる」には「災いが去る(さる)」っていう意味もあり、お守り的なものという一節もあるらしい。フムフム

 


ライブ中のあれこれ

 

f:id:y-passage:20170529103532j:plain

 

岐阜でも声が絶好調だったそうです! 

岐阜はチケット完売だったんですね。

売り切れに対し、「ありがとうー!!」と。

また、今回のツアーの「MCの長さ」について。
宮本さんによると、「丁寧さを心掛けている」そうです^^

初の47都道府県ツアーだもんね。
丁寧に伝えたいよね。
エレカシの曲をたくさん知ってもらいたいもんね。
どんな思いが込められた曲なのか、どんな風にして出来た曲なのか、大勢の人に伝えたいよね。

「四月の風」でちょっとウルッと来てたようですが、なんとか持ち直した模様。

宮本さんって歌ってる途中で最近よく感情があふれだして泣いてしまうことが多いけど、歌いながらいろいろ当時の思い出とか頭の中でめぐらせているんだろうか。

他の歌い手さんですけど、「感情込めて歌うよりサラッと歌った方が上手く歌える」と言ってたことがあって、その時はそういうもんかなぁ~と思いましたが、今は分かる気がします。
「歌唱」ってものに注力するとそうなるんだろうなぁ~と。

心とか思いって時々ちょっと厄介者で、体の動きにも影響を与えてしまいますからね。

でもやっぱり私は宮本さんの思いのこもった歌が大好きなので、泣いても笑っても怒っても、泣いて歌えなくなっちゃっても、そんな「人間宮本(さん)」が好きなのであります。

 

 「コールアンドレスポンス」で、ギターの弦をマイクでガガガガッと擦り付ける?ようなことして、ギターの弦が切れちゃったようです。アララ
で、弦が切れたまま続行。


「3210」→「RAINBOW」の「間」の話をしているレポが多かったです。
その間、会場の息をのむような静まり返った空間が何ともいえなかった、時間が止まったよう、鳥肌が立つような瞬間だった、と。

あと、「桜の花、舞い上がる道を」のMCでは、

「(桜のことを)みんなも嫌いでしょ?」とか、

「最初から桜が好きだったわけじゃないでしょ?」とか言っていたそう。

レポ書く人によって表現の仕方が違うので、実際どんな言い方をしたかは分からないですが、要は、

「人がわしゃわしゃ湧いてくるのが嫌だ」ということらしい。

逆恨みか^^;

桜に罪は無いw

 

「MUSICA」の編集長の有泉智子さんのツイートをご紹介。

  

有泉さん、三重公演にも行かれたんですね。

インスタグラムでもこんなことをアップされていたので、きっと「MUSICA」でレポが読める日も近いですね。

 

  
それでは、さっそく三重公演のレポに取り掛かります!