宮本浩次

「バンドよりも絶対に売りたい」SWITCHインタビューにて

9月19日にNHK Eテレで放送された「SWITCHインタビュー」。
宮本さんと左官の挾土秀平さんの対談は、すごく興味深い内容でした。

その中でいちばん印象に残ったのが、宮本さんが自分のソロ活動に対し、絞り出すように言った「バンドよりも絶対に売りたい」という言葉です。

バンドより絶対に売りたい

「ソロを絶対に成功させたい」、「バンドより売りたい」というソロに対する意気込みは、これまでも雑誌やネット記事などのインタビューで語ってきた宮本さんだけど、実際に映像で本人がそれをはっきり口にする姿を目の当たりにすると、エレカシファンとしてはやっぱり平静ではいられなかった……。
宮本さんがこの言葉を発した瞬間、ガーンと頭に衝撃が走りました。

そうか、、、
バンドよりソロを売りたい――、その気持ちが今の原動力のひとつになっているんだね。
でもさ、その思いを抱えたまま宮本さんはいったいどんな気持ちで来月の野音のステージに立つのだろう。
言葉の重みがずっしりのしかかってくる。

あれから宮本さんの言葉がずっと頭の中をリフレインしています。
何だかバンドが置いてきぼりになってしまうような気がして、私も以前と同じような気持ちでエレカシファンを続けられるのだろうか、、、と薄っすら喪失感すら感じています。

バンドより売りたいというのは、宮本さんにとってはつまり「エレカシ宮本を超えたい」ということかもしれない。
エレカシ宮本というのは、今のソロの宮本浩次にとってさぞや巨大な存在だろうと思う。
最近はソロでたくさんテレビにも出て、新しいファンもどんどん獲得して、もしかしたらセールスの面ではバンドを超えられるかもしれないけど、、、
私の中では最初からソロはエレカシありきだったし、今でもソロの宮本さんにエレカシ宮本の幻影を探してしまう自分がいる。
宮本さんからしたらあまり有難いファンではないかもしれないね…。

エレカシファンになってそろそろ9年。
もうじき10年を超えられるのが自分でもちょっと嬉しく、ひそかにその記念日を心待ちにしていたのだけど、果たして今の形のエレカシをこれまでと同じ熱量で好きでい続けられるだろうか。

試されてるな、、、と感じる。
でも好きで聴き続けるのも離れるのも、結局は自分の自由なわけです。
エレカシファンだからソロを応援しなくちゃいけないということもない。

それなのにこうして宮本さんの言葉ひとつひとつに心が揺れてしまうってことは、まだまだ執着が強くて簡単には離れられないってことだ。
でもそう、バンドにも宮本ソロにもさらなる可能性を期待しているのは事実です。
いつもいつも、次はどんな曲に出会えるのか期待して新作を待っている。

ソロを成功させたいと宮本さんは言うけれど、それはセールス面だけなのかな。
売り上げだけではなく、バンド時代からのファンの心をしっかり掴んでこそなのではないかな。

バンドより売れたい宮本さん。
大スターになりたい宮本さん。
怒涛のテレビ出演にカバーのリリース。

思いはいろいろ渦巻くけれど、私が宮本さんの歌が好きなのはもうどうしようもない。
どんな形であれ宮本さんが今より上を目指して闘っているのなら、その姿から目が離せるわけがない。

▼今夜はこれ!


エレカシは19時台、宮本さんは21時台の出演だそう。
またドキドキしながらリアルタイムで鑑賞したいと思います。

それでは、また。

43+

POSTED COMMENT

  1. おかみさん より:

    歩子さんこんばんは私も
    なんか心がざわざわしてなんと
    言えない気持ちです
    エレカシありきのミヤジでいて欲しい〜
    仕事中も考えたります。
    歩子さんがブログアップしてくれてよかったー
    少し心が落ちつきました

    9+
    • 歩子 より:

      おかみさん。

      ほんと、HOMEはいつでもエレカシであってほしいと勝手に思っていたので、あの発言にはとてもショックを受けてしまいました。
      でも少しずつ気持ちが落ち着いてきたかな。。
      宮本さんの気持ちはわかったので、あとは受け取り手の問題ですね~

      6+
  2. Merry より:

    歩子さん、こんばんは。
    今、CDTVのエレカシの今宵、を聴いたところです。声もとてもよく出ていて素晴らしかったですね。
    なんだか目ヂカラがすごかった。。

    私も歩子さんと同じく、あの言葉を聞いて、大きくて深い衝撃を感じました。
    あの言葉を、どう受け止めたら良いのかわからずに悶々としてました。
    でも多くのファンの方々は、より前向きで強い野望を持ってる宮本さんを、応援し賞賛してました。
    エレカシも宮本さんも大好きなのに、素直に応援できなくて。。
    本当に、次の野音、宮本さんは全力で届けてくれるだろうけど、私はどんな気持ちで観るのかなぁ。。
    これからのエレカシは、エレカシ宮本さんはどこに向かうのでしょう?
    全然吹っ切れてないです。揺れてばかり。。(^^;)

    そんな気持ちを抱えてても、宮本さんの歌う「あなた」は素敵すぎて、やっぱり何をしても大好きなんですよね。
    これからに期待するのも本当です(^^)

    1人でモヤモヤしてたので、歩子さんにお話できて良かったです。
    聞いてくださってありがとうございました!(^.^)

    11+
    • 歩子 より:

      Merryさん。

      CDTV、よかったですね^^
      歌だけ聴いていればもっと純粋にファンを続けていられるのかも…。
      この間、車の中でエレカシを聴きながらそんなこと考えてました。

      本当に、あれほどはっきり本人が話すのを聞いてしまうと、気持ちのもって行き場が見つからない、、、
      そのままの言葉をストレートに受け止めるしかないのか、、、と愕然としてしまいました。

      でも日にちが経って少しずつショックが薄れてきました。
      いちばん大切なのは音楽なので、宮本さんの作る曲、歌う曲が好きなうちはファンでいるんだろうなと思います♪

      5+
  3. エリー より:

    こんにちは、歩子さん、ブログの更新ありがとうございます。
    SWICH のインタビュー、びっくりでしたね。でもミヤジがバンドは帰る所ではなく、自分が根幹、エレカシより売りたい、と言った事は今までも言っていたのでそれほどショックではなかったです。
    なので私はミヤジのソロ云々よりもトミ、成ちゃん、石君の活躍が見れない事が寂しく思います。エレカシでの活動が彼らは全てなのかと思うとなんか切ない。いちベースマン、ドラマー、ギタリストとしてどう思っているのかな。
    3人ともカッコいいプレーヤーだと思うので誰かの後ろでプレーしないのかな。
    コロナ事情や事務所も当分はソロを推したい感じだし、エレカシの新しい動きは35周年?とか思うと…。それでも昨日のCDTVでの4人の演奏を聴いて、待つしかないのね、野音もあるし、
    と覚悟を決めました。試されている、歩子さんの言葉通りかも。勿論、ミヤジソロも良いけど、私はエレカシのあの4人が好きなんだと痛感しました。

    8+
    • 歩子 より:

      エリーさん。

      はい、衝撃でした^^;
      私も記事で読んではいたんですけど、受け入れたくない思いが勝ったのかその時はそのまま受け流していて、、、
      なので、テレビでダメ押しされた感がありますねぇ。
      勝手にフラれたような気分になっちゃいました(笑)

      確かに、3人がそれぞれ活動をしてくれたら、このモヤモヤは少し軽くなるような気がします。
      今はそういう時なのね、ともう少しすんなり受け入れられるのかも。
      どうかな…?

      私もあの番組で良くも悪くも覚悟ができました。
      ちょっと目が覚めたような気分です。
      それでもエレカシの活動を熱望してしまいますけどね~^^;

      5+
  4. すずらん より:

    あの発言でザワザワしたのは、私だけではなかったのですね!
    でもSONGSでは、ソロは歌大好き少年の延長で、バンドは大人のコアな尖った部分というような表現をされてて、なるほどと思う自分もいるし。でも結局はどっちの宮本さんも好きだし、エレカシメンバーも大好きなわけで。。しかし本当にメンバーを見る機会がないので、エレカシとしてテレビ出演があると嬉しさ倍増ですね。
    石くんの風貌が昔に戻ってるとか、トミ痩せた?とか、成ちゃんは柄シャツマイブームか?などなど(笑)
    宮本さんの歌が最高に上手いってことがソロ活動によって広く知られていくのは喜ばしいことですが、その分エレカシの活動が遠のくのは寂しいですね。野音で新曲など期待してしまう自分がいます。
    まとまりのない文章、失礼しました。

    5+
    • 歩子 より:

      すずらんさん。

      そうなんですよね、ソロをがんばる宮本さんを応援したいけど、エレカシは新曲もツアーもなくて、、、
      たまにテレビ出演もあるし新春も野音もあるから活動休止とはいえないけど、何となく今の宮本さんはエレカシを義務感でやっているように見えてしまい淋しいです。
      (もちろんエレカシも全力でやっているのは伝わってくるんですが)

      エレカシの新曲、すごく聴きたいですけど、この先どのくらい待てば新曲を届けてくれるんでしょうね~
      ずっと待ちぼうけも辛いので、私も気持ちを切り替えていかないと、、、という感じです。

      4+
  5. ちゃい より:

    はじめまして。長いことブログを楽しく拝見していましたが、今回初めてコメントさせていただきました。

    歩子さんの文章を読むと、まるでもう1人の自分が書いたのではないかと思うほど私と同じ気持ちが書かれている事が多く、いつもウンウンと頷きながら読ませていただいていました。

    今回も、驚くほど同じ気持ちです。木綿のハンカチーフを聴くと、歌の中の女性の気持ちになります。新しいファンに囲まれて幸せに過ごしている宮本さんを、体に気をつけてねと遠くから見ている感じ。
    でもこれもまた歩子さんと同じく、執着があって簡単に離れることもできない。難儀なことだなあ、こじらせてるなあと、我ながら思います。素直に応援できたらいいのに。

    最近はツイッターからも距離を置いています。でも、歩子さんのブログを通して、少なからず私と同じように思っている方がいるんだなと分かって、少しスッキリしました。
    私も今年の野音は外れたので、配信組です。配信を見て、どんな気持ちになるのか…しっかり自分で見届けたいと思います。

    気持ちをブログに書いてくださって、ありがとうございました。

    4+
    • 歩子 より:

      ちゃいさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます♪

      私も木綿のハンカチーフの歌詞を聞いて同じことを思いました。
      まさに今の状況にどんぴしゃなんですもん^^;
      ほんと、素直に応援できたらいいのに、、、と思います。
      客観的に見ると、自分が勝手に熱くなって勝手に傷付いて勝手に落ち込んでいるように見えて、宮本さんからしたら傍迷惑だな~とか思ったり。
      でも、好きだからこそこんなに振り回されてしまうんですよね。
      それにしても、いろんな意味でいつも想像のはるか上を行く宮本さんは、やはり凡人とはまったく別次元の感覚を持った人だなぁとつくづく思います。
      やっぱり動向から目が離せませんね。

      ちゃいさんも配信組なんですね。
      私も、音楽とともに自分の気持ちとも向き合いながら野音ライブを見届けたいと思います♪
      コメントありがとうございました!

      5+
  6. たんぽぽ より:

    こんにちは、歩子さん。
    スウィッチ、衝撃でしたね。
    これから書く事は、家族でエレカシファンの我が家の家庭内での会話ですので、少々 言葉が荒い事をお許しくださいm(_ _)m
    宮本さん、だいぶ長考した後に「バンドより売りたい」と言いましたね。
    まず座って観ていた女3人(私と娘2人)が 一斉に立ち上がり、テレビの前に集まりました。
    そして口々に「何言ってんだ!」「エレカシを超えれる訳ねーだろ!」「だいたいソロとか初めから必要ないんだよ!」とテレビに詰め寄りました。
    そして「大スターになりたい」と。
    「出ちゃった!俗なとこ 出ちゃった!」とテレビにつっこむ娘。
    すると それまで黙ってたオットが「そんな今さら何怒ってんの?」と。
    「この挾土さんも言ってるじゃん。宮本は 剥き出しで生きてるって。うちもいつも それが宮本の魅力って言ってるじゃん。元々 自己顕示欲も強いし、今 思った事を口に出しただけだよ。そんなに深く考えてないと思うよ。」と。
    「でも今 この人(もはや この人呼ばわり)エレカシを軽く見た感じがする!フロントマンなのに!そんなに自分が大事か!自己中か!」と娘が言うと「負けず嫌いなんだよ。エレカシの宮本に勝たないと悔しいんじゃないの?宮本浩次を愛して欲しいんじゃないの?」
    3人で怪訝な顔をすると「愛してやんなよ。」と言われました。
    結局 最後まで番組を観ての4人の感想は「挾土さん すごいね。これ左官て紹介してるけど、芸術家だよね!」でした^^;
    うちはソロは全然追ってませんが、そうは言っても宮本さんです。
    愛していこうという結論に至りました。
    長々と失礼しました。
    …でも本音を言えば、それでも少しがっかりしています。
    だって、やっぱりエレカシのファンなんですもん!
    宮本さんにはエレカシが1番大事と言って欲しかった!

    5+
    • 歩子 より:

      たんぽぽさん。

      たんぽぽさんちはご家族みなさん仲がいいんですね^^
      うちはエレカシがテレビに映るだけで「またか、、、」みたいな反応されるので、うらやましいです。
      旦那様のおっしゃるとおり、「宮本浩次を愛してほしい」ってことなんでしょうね~

      エレカシは愛してるんですけどね(笑)
      ソロはまだよくわからないところもあって、受け入れる体勢がまだ整ってないのかもしれないです。
      ソロワークだってどんどん充実してきているというのに。
      自分でも参ったなという感じです。
      でも、ソロの曲もエレカシと同じように大事にしていきたいと思っています☺ 宮本さんがんばれ!

      3+
  7. のん より:

    歩子さん。こんにちは。
    私も皆さんと同感で、どう言う意味なのかな?ミヤジとエレカシの関係性はどうなってるのかな?と、意味もわからす不安な気持ちになって、いつもならば、何度も見返して見るところを、見れないでいます。
    でも、昨日横山健さんのコラム(宮本浩次)を拝見したら、またまた雷に打たれたような気持ちになって、とても長い文章なのですが、何度も何度も、昨日から10回以上は読み返していると思いますが、ミヤジが、エレファントカシマシとしてはもちろんのこと、宮本浩次としての孤独や戦っている姿がありありと伝わって来るもので、読み終わってからも、ドキドキして、いてもたってもいられないような気持ちになってしまいました。
    歩子さんはもう読まれましたか?
    きっと歩子さんも何か感じられたのではないかと思い、
    是非歩子さんの感想が聞きたいと、コメントさせて頂きました。
    私は今回奇跡的に野音行けることになりました。(ずーっと振られっぱなしでしたから笑)
    横山健さんの記事を読んだら、なんだか何も考えずに、エレファントカシマシを楽しんでこよう!って思えました。
    もちろん横山健さんのコラムに関しては私の単なるリクエストなので、聞き流してしまって大丈夫です(笑)

    これからも歩子さんのブログ楽しみにしてます。
    歩子さんの無理のないペースでお体ご自愛くださいね。

    4+
    • 歩子 より:

      のんさん。

      私も横山健さんのコラムを読みました。
      すごい熱量をもった文章でしたね!
      投稿された次の日の朝に見つけて、そのまま家事もせずに読みふけってしまいました。
      あのボリュームは本当にすごい。
      宮本さんとの一連の仕事は、あの量の文章を一気に書かせるだけの衝動だったんですね~。
      感動を超えてしばし放心してしまいました。

      感想を書きたいと思ってはいるんですが、ちょうど月末で仕事に追われていて、しばらく書けそうにありません(泣)
      なのでここで少し書かせていただくと、のんさんのおっしゃるように宮本さんのソロへの向き合い方を同じミュージシャンの方の視線から垣間見れたのがうれしく、宮本さんの音楽に対する姿勢、真剣さとか厳しさとかは以前とまったく変わっていないことがわかって、何だかホッとしました。
      表に見えてるものも確かに宮本さんの一部、でもすべてじゃないってことに、健さんのコラムで気づかされました。
      読めてよかったです^^
      いろいろお気遣いありがとうございます♪

      野音、おめでとうございます!!!
      全力で楽しんできてくださいね!!

      6+
  8. いとしのマリー より:

    歩子さんこんにちは。
    facebookだったか、定かではありませんが、
    「Pizza of death」(健さんのレーベル?)で
    横山健さんのエッセイが出ています。
    宮本さんに対する想いが溢れていて、とても読みごたえありました。是非ともご覧になってください。
    URLを貼りたかったのに、できませんでした。ごめんなさい。

    2+
    • 歩子 より:

      いとしのマリーさん。

      横山健さんのコラム、私も読みました^^
      本当に、健さんの色んな思いがほとばしってましたね~!
      すごく臨場感があって、ドキドキしながら最後まで一気に読んでしまいました。
      健さんにありがとうとお礼を言いたい…。
      幸せな気持ちになりました。

      いとしのマリーさんのコメントもとてもうれしかったです。
      どうもありがとうございます!

      3+
  9. YS より:

    はじめまして。
    歩子さんの今回のブログには少々驚きました。
    インスタをはじめとする宮本さんのソロ活動をとても楽しんでいらっしゃるように見えていたので…。
    これは批判ではないです。嫌味のように聞こえるかなぁと思い、コメント迷いました

    複雑ですよね。とても。
    なんとも気持ちがスッキリしない2年を送っています。

    でもここにきてちょっと気持ちに変化が。
    あれはなんだったの?というくらいのお遊びのようなソロ活動をされるくらいなら、もうとことん本気でなりふり構わず、エレカシのファンを放っていく位の活動をガンガンしてくれたほうがなんかもうスッキリします。
    もうしょうがない。ほんとに。

    いつかでもきっとエレカシを心底求める宮本さんに会えると思うなー。
    そう願っています。

    1+
    • 歩子 より:

      YSさん、コメントありがとうございます^^

      批判だなんてまったく感じませんでした。
      すごく言葉を選んで書いてくださっていて、やさしい方だなと思いました。

      この日のブログにはけっこうこれまでのわだかまりをぶつけてしまいました。
      ソロに関しては、すごく応援したくなったり、やっぱりエレカシに戻ってほしいと思ったり、自分の中でも日々気持ちが変わってしまう不安定さがありまして…。
      でも、昨夜の野音を見て、また気持ちが少し変わってきました。
      単純過ぎますよね(笑)
      ただただエレカシが好きなのと、ソロをやるなら本当に宮本さんのやりたいことを極めてほしいという思いと、両方があります。
      どっちも本当の気持ちです。
      ただ、タイアップばかりの今のような状況はちょっと自分的には面白くなくて、カバーアルバムの話を聞いたときも正直最初はガッカリしてしまいました。
      でも、昨日のカバーズを見て、カバーアルバムも悪くないかもと思い直したり。
      とにかく今は気持ちが不安定なんですよね。宮本さんのソロに関しては。
      自制が効いているときはブログも冷静に書けるんですが、そうでない時はこうしてお目汚しをしてしまうことがこれからもあるかもしれません。
      わりと些細なことで気持ちが変わったり、自分の中で勝手に解決したりして、書くことが二転三転することもあるかと思いますが、どうか「今はそういう気持ちなのね」とサラッと読み流してもらえると助かります。
      いや~でも昨日の野音は本当にすばらしかった!
      今日一日かけてレポを書いたので、よかったらぜひ読んでいただけるとうれしいです^^

      3+
  10. きみびこ より:

    歩子さんへ
    はじめて、いつも楽しみに見させて頂いてるいます。
    私も、宮本さんのソロに気持ちがモヤモヤしてます。
    どうも、メンバーありきの宮本さんだと思っていたですからね。!!
    とても、本心からソロを応援出来ないのです。
    今はソロで、ファンが増えているのも事実ですけどね。
    何故こんなに悩むのかなと思いますけどね。
    歩子さんも、なんとなく同じように感じていたみたいですから、私も考えていた事が同じと思って書き込みさせて頂きました。
    でも、私考えてみれば宮本さんとエレカシが大好きだからこそだと思っています。
    つまらないごたごた話書き込みさせて、すみませんです。
    いつも楽しみに見させて頂いていますね。
    エレカシとして売れて欲しいですよね!!

    1+
    • 歩子 より:

      きみびこさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます^^

      ずーっとエレカシで30年間やってきましたもんね。
      メンバーありきの宮本さんですよね。
      それが当然と思って私もこれまでファンをやってきたので、まったく同じ気持ちです。

      でも少しずつ現状を受け入れる気持ちになってきたことと、今年の野音を見て、宮本さんのソロへの気持ちに少し変化が出てきました。
      エレカシがいちばんなのは絶対に変わらないですが、宮本さんの挑戦もいろんなわだかまりを捨てて純粋に楽しめるような心境になってきました。
      エレカシと宮本ソロを完全に切り離して見られるようになったというか。
      でもそろそろエレカシの新曲が聴きたくなってきました。
      現状ではまだまだ無理とは思いますが、今後エレカシの新譜がリリースされたら飛び上がって喜んじゃうなぁ。
      私もエレカシとしてもっともっと売れてほしいと願ってます!

      2+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)