宮本浩次

宮本浩次ソロの人気にあらためて驚いている

 

先日、スマホでAmazonのホームページを見ていたところ、宮本さんのアルバム『ROMANCE』が表示されていたので、何の気なしにクリックしてみてびっくり。なんと、評価数が1000件を超えているではありませんか…!

本当に驚きました。いつの間にこんなことになっていたんだろう。
確かにカバーアルバムが売れまくっているのは見聞きしてましたけど、まさかAmazonの評価数がここまで伸びているとは。

これまでエレカシのアルバムでこんな評価数は見たことがありません。『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』だって400件くらい。独歩アルバムの方はどうなってるだろう?とチェックしてみたところ、そちらも750件くらいの評価が付いていました。カバーアルバムだけが売れたわけではなくて、やっぱりミュージシャン宮本浩次の人気自体がグンと高まっているんですねぇ。

で、『ROMANCE』の評価の話に戻りますけど、評価の内容もすこぶる良いのです。全体の8割以上が星5つで、1割が星4つ。星1と2はあわせて3%しかありません。

これだけ高評価だと、逆に悪い評価の内容が気になるもので、星1と2の評価を全部読んでみました。すると、作品自体というより音質が良くないとか、包装に問題があったとかの意見も混じっていて、作品に対しての純粋な低評価は3%よりさらに少なかったです。中には「作品の良さが理解できない」とか「情緒が込められていない」とかのコメントもあり、ちょっと悲しくなりましたが、好みや感じ方は人によって違うので宮本さんの曲にこういう感想を抱く人がいても不思議ではありません。むしろ、1000件以上も評価があるのに低評価がこれほど少ないのは、ちょっとめずらしいのではないでしょうか。

わたし的にはこのアルバムは、選曲の素晴らしさや作品としての魅力のほかに、ロック歌手としてあれだけ振り切れた異才を持つ宮本さんが、古き良き昭和歌謡に乗せてロックとは対極にあるような繊細で儚く切ない(でもたくましくもある)女性の心情を歌うところに、新鮮な驚きや趣があるといいますか。エレカシの曲では感じたことのない感情がわき起こってきます。まぁ私は宮本さんの歌声が大好きなので、宮本さんが何を歌っても最高なんですけどね。

たぶんですけど、これまで特にエレカシや宮本さんのファンではなくても、エレカシというバンドの存在や一風変わったボーカルについては何となく見知っていた人はそこそこ多かったと思うんです。

そこへ、宮本さんのソロ活動を皮切りに、CMやドラマ主題歌など大きな話題が続き、主要音楽番組にも常連のごとく出演し、人々の目に触れる機会が一気に増えた、と。

エレカシはこれまで何となく硬派な雰囲気で人を寄せ付けないオーラを放つバンドでしたから、ソロで登場する宮本さんの“陽”なイメージにギャップを抱いた人も多かったんじゃないかなぁ。または、昔ちょっと好きだったけど、ずっと存在を忘れていて、今回改めて興味を持つきっかけになったという人も少なくないのでは。

もちろん、ソロ活動で初めてエレカシや宮本浩次を知ったという人もいるかもしれませんが、どちらかというと、最初からこの人がエレカシのボーカルだというのは知っていて、どこか意外性とか、あるいは昔から知っていたというある種の親近感が根っこにあったんじゃないかな。歌も人物もあれだけ魅力的な人ですから、いったん興味を持てばそりゃあもう一瞬で心をわし掴みにされて、瞬く間にファンになってしまいますよね。本当に、知れば知るほどどんどん惹かれていく――、そんな人ですよね、宮本さんって。

そういえば、先日「スッキリ」に宮本さんが出ましたが、情報は知らなかったのですが、毎日スッキリを予約しているため、今回も無事録画で宮本さんの出演シーンを見ることができました♪


久々のえんじ色スーツに興奮!やっぱりカッコいいですね~。ヒゲも無いし。スカパラさんの演奏で『俺たちの明日』、楽しかったです♪


もう一つ、宮本さんの新曲「shining」が、フジのスペシャルドラマ「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」の主題歌に決定したということで、先日放送がありました。録画はしてありますが、まだ見ていません。曲もこれからです。


今年もきっとソロ活動に力を入れていくんですね、宮本さん。コロナもワクチン接種が進んでますし、宮本さん念願のソロライブが実現できる日が早く来ることを祈ってます。どっぽ賞に当選した方とか、本当に待ち遠しいと思いますし(羨)

春フェスも今年は何とか開催するみたいですねぇ。ただ、以前のように本当に安心して心置きなくライブに参加できるようになるには、もう少しかかりそうな気もします。オリンピックがどうなるかで、また世間の動きも大きく変わってきそうな予感。

うちは今年娘が大学受験生なので、まずはそちらを優先するつもりですが、もし野音をやってくれるなら、それだけは何とかして参加したいな~と思ってます。新春は諦めてますが、もし指定校推薦で早めに決まれば、新春も行きたいなぁ。
まだまだ先のことですけど、楽しい未来を想像して日々のモチベーションを上げてます^^

“新しい季節へキミと
彩るぜ明日のグラデーション”
(「新しい季節へキミと」エレファントカシマシ)

歌詞を見るだけで元気が出てきます。やっぱりエレカシの新春ライブに行きたい~!

ではでは。
また更新します♪

34+

POSTED COMMENT

  1. すずらん より:

    歩子さんの分析、素晴らしかったです!宮本さんの魅力に気づいたらもう抜け出せないですよね。ライブで実際に見ちゃったら尚更。
    スッキリでは久しぶりに髭なしで、すごいかっこよかったですよね!やっぱり髭なしの方が好きだし、より若く見える気がします。
    お嬢様は大学受験なんですね!うちは高校受験です。それなのに遊んでばかりでムカついちゃうので、もし野音や新春やってくれるなら、遠慮せず申し込むつもりです(笑)やっぱり明るい希望がないと、ツラいですよね。ソロ活動でもバンドでも、たくさん話題を振りまいて欲しいですね!

    2+
    • 歩子 より:

      すずらんさん。

      そうなんです!スッキリの髭なしの宮本さんがとっても素敵で♪
      何だかときめいてしまって、こういう感覚は久しぶりだな~と思ってました(笑)
      長髪&髭だと、やっぱりモサっとした印象になってしまいますもんね。
      でも男の人にとっての髭って、ポリシーやこだわりの象徴みたいな部分もあるようで…。
      今後はどうなりますかね?

      はい、娘が大学受験なんです。
      高校受験も大変ですよね。大学受験とはまた違ったプレッシャーがありますし。
      私もああは書いたものの、いざライブ開催のニュースが出たら迷わず申し込んでしまうかも…?笑
      ほんと、明るい希望が欲しいです~!

      1+
  2. みやもん より:

    ソロ宮本浩次からエレカシも聴きだした人多そうですよね。カウントした訳じゃないですけど(野鳥の会の人みたいに)。特にROMANCEでいわゆる『落ちた』人たちは、果たしてエレカシサウンドを受け入れられるのか?と思ったりもしましたが、割りとすんなり流れてるようで驚きです。統計とった訳じゃありませんが。
    私の身近にもROMANCEをお貸しした方がいらして、
    もう車中でずっと聴いてらっしゃるようで。「宮本いいよね〜!」って。カッコいいって。嬉しい限りです。いかんせん、その方、エレカシはなんか違ったようです(^_^;)
    スッキリ毎日予約してる歩子さん素晴らしい!
    いやもう落胆しましたよ。仕事休みだったのに、だったから?寝倒してました…(ToT)
    スカパラの中にいると、宮本さんの女子みが増しますよね。若さも。(若さはやっぱり髭なしのせいかしら)
    娘さん、受験勉強ファイト!です。

    2+
    • 歩子 より:

      みやもんさん。

      ソロからファンになった方がエレカシを聴くのはもう当然の流れですよね♪
      そう考えると、ソロと一緒に過去のエレカシの作品もさらにセールスを伸ばしているだろうし、宮本さんたちの収入もぐんぐん増えているんだろうなぁ。
      宮本さんが目指していた「小金持ち」はもうとっくに実現できてそうですね^^(すぐこういう下世話なことを考えてしまう)

      でも確かに、ソロの、それもカバー集とエレカシの曲はかなり印象が異なるので、カバーが好きでもエレカシを受け付けない人は少なくないような気も。
      私もほかのアーティストでそういうことありましたので。

      スッキリは自動録画にしているので、最近はうっかり見逃すことはなくなりました。
      毎日録画、おすすめです!これまで何度か救われてますので、みやもんさんもぜひ♪
      今回はスカパラさんと一緒で、若さと女子みの増した髭なしみやじがハツラツと楽しそうに歌ってる姿が見れました^^
      娘は、まずは何とか指定校推薦で志望校の枠を手に入れてほしいです~。

      1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)