Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宮本浩次

5/4(土)忌野清志郎ロックンロールショーに宮本浩次(エレカシ)の出演決定!

宮本浩次ソロ活動、さっそく新しいニュースが発表されました!

なんと、2019年5月4日(土)に日比谷の野音で開催される『忌野清志郎ロックン・ロール・ショーFINAL』に出演です!!

宮本さん『忌野清志郎ロックン・ロール・ショー』に出演!

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂
〜Love&Peace〜 2019年5月4日 〜FINAL〜 に出演決定!

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂
〜Love&Peace〜 2019年5月4日 〜FINAL〜
5月4日(土・祝) 東京・日比谷野外大音楽堂
開場16:00 / 開演16:30

詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。
http://www.kiyoshiro.co.jp/
※引用元:『宮本、散歩中。』

これはすごい!
何といっても、憧れの清志郎さんの追悼ライブです。
しかも、例年一流ミュージシャンばかりが出演するこのライブ。
このメンツの中にいよいよ宮本さんが加わるのだと思うと、なんとも感慨深い……。

出演者(50音順)

忌野清志郎/鮎川誠(シーナ&ロケッツ)/梅津和時/江川ゲンタ/金子マリ/河村“カースケ”智康/
宮藤官九郎/斉藤和義/佐藤タイジ(シアターブルック)/清水ミチコ/曽我部恵一/
高野寛/竹中直人/多田葉子/Char/Dr.kyOn/TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)/仲井戸麗市/中村きたろー/
夏木マリ/のん/浜崎貴司/早川岳晴/BEGIN/真心ブラザーズ/増子直純(怒髪天)/三宅伸治/宮本浩次/
村越弘明/矢野顕子/山崎まさよし/Leyona/渡辺隆雄

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショーとは?

『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー』とは、忌野清志郎さんの追悼ライブとして2011年から毎年開催されているライブのことです。
ただ、去年(2018年)はどうやらお休みだったようで…。

開催年の2011年から2015年までは、清志郎さんの命日である5月2日に行われていましたが、2016年は5月7日、2017年は5月9日と、日にちがズレることもあり、今年は5月4日の開催とのこと。

ライブ会場も最初は武道館でしたが、渋谷公会堂や日比谷野音、中野サンプラザホールと場所を変え、ファイナルとなる今年は再び日比谷野音での開催。

今年で10年…。
ファイナルを迎える”ロックン・ロール・ショー”は、1968年初期のRCサクセション~ソロ、忌野清志郎の音楽史を辿るライブとなる。
また、RCサクセション(1977~)は仲井戸麗市、ソロは三宅伸治がオーガナイズする。
※引用元:『地味変』

「1968年初期のRCサクセション~ソロ、忌野清志郎の音楽史を辿るライブ」。

RCサクセションや清志郎さんの曲をぜんぶ知っているわけではないですが、山崎まさよしや斉藤和義、ハナレグミなど、私が好きなミュージシャンのほとんどが清志郎さんに強い影響を受けていて実際に共演したりもしているので、昔から何かと縁を感じるお方です。

とくに、出演者名簿に名前のある中村きたろー氏江川ゲンタ氏の両名は、清志郎さんのベースとドラムを担当していた方々ですが、山崎まさよしの3ピースバンドでもそれぞれベースとドラムを担当していたり、あと山崎まさよしがメジャーデビュー前にRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』のカバーをリリースしたりと、まさやんファンをしていた時期は何かと清志郎さんを意識することが多かった私です。
初めてチャボさんのライブに行ったのも、まさやんとの共演がきっかけでしたし。
(ところで、きたろーさんは前から平仮名でしたっけ?以前はカタカナだったような気がするんですけど…。)

もちろんエレカシも、RCの『BLUE』を全曲カバーをしたりと、RCは中学時代からずっと憧れのロックバンドであり、『スローバラード』をカバーしたり、チャボさんと『ブン・ブン・ブン』『雨上がりの夜空に』をコラボしたり、これまでに何度もRCの曲を歌ってきましたよね。

印象深いのは、「JAPAN JAM 2011」です。
これは凄かった。
こちらのページにくわしいレポが掲載されてるので、興味のある方はどうぞ♪

まさやんとせっちゃんとチャボさんと宮本さんが一緒のライブに出るなんて、私にとってはまさに夢のよう(*´ω`)
何とかして参加したいけど、各々のファンたちが集うことを考えると、チケットを取るのは相当難しいのではないかと思う…。

チケット情報

チケットについては、清志郎さんのファンクラブでは先行予約を行うようですが、他の情報を調べてみても今のところヒットしないので、このままチケットについて何の発表もなければ一般で取ることになりそう。

チケットの一般発売は、3月30日(土)とのこと。

【日時】 2019年5月4日(土) OPEN16:00/START16:30
【会場】 日比谷野外大音楽堂 (雨天決行・荒天中止)
【料金】 全席指定 6,960円(税込) 後方立見 6,960円(税込)
【チケット一般発売】 2019年3月30日(土)10:00~
【お問合わせ】 SOGO TOKYO 03-3405-9999(日・祝除く12:00~13:00/16:00~19:00)

※忌野清志郎ふぁんくらぶっ会員のみなさんには1/31にFC先行予約DMを発送しております。未着の方はFCまでご連絡ください。
※引用元:『地味変』

ライブの放送予定は?

前回のライブのテレビ放送を調べてみたところ、フジテレビNEXTで放送されたようなので、まだはっきりとは分かりませんが、今年も放送される可能性はありそうです。

ちなみに、前回2017年5月9日のロックンロールショーは6月18日にフジテレビNEXTで放送されており、「初回放送日より1年間8回放送」との記述もあるので、この年は何回か再放送もあったようです。

今年の放送予定が判明したら、ここに追記するか新しい記事でお知らせします!

最後に

正直、喉から手が出るほどチケットが欲しい…。
でもみんなそう思ってますよね^^;
とくに今回はFINALですから。
音楽関係者もおおぜい来るだろうし。

一応、一般でがんばってみますけど、幸い野音での開催なので、チケットが取れなくても外聴きに行こうと思います♪

なんだかワクワクしてきました^^
宮本さん、なんの曲を歌うんだろう?

ところで、今年はエレカシとしてどこかのフェスに出ることはないのかなぁ。

それでは、今日はこのへんで。

23+

POSTED COMMENT

  1. ゆまこ より:

    歩子さん

    ファイナルという事もあり ホントに凄過ぎる出演者の方々……
    宮本さんはモチロンなのですが ハリー(村越弘明)の名前が目に飛び込んできたときの感動と言ったら………

    去年のクリスマスに 麗蘭 のライブに行ったのですが
    終盤でCHABOさんが 近年 旅立って逝った 偉大な
    ソウルマンやミュージシャンについて その想いを語り
    彼ら一人一人の名前を 曲の中で 呼び続けました。
    その感動の中 ふっと『私 いま 人生のどのあたり?…
    (宮本さんと同世代です)』という思いと同時に 目の前の 麗蘭のメンバーをはじめ エレカシ、もうすぐ還暦
    (この時点で)のハリー 、その他大勢の “洋楽”のバンド
    が思い出され 確実にみんな歳を重ねてきているわけで
    。。。上手く言えないのですが とても感慨深いものが
    ありました

    CHABOさん、ハリー、宮本さんといえば去年のARABAKI 素晴らしかったですが(フジテレビNEXTさん
    ありがとう)今回は清志郎の名のもとに集うのだから
    出演者が多いとはいえ どう転んでもスゴイ事にしか
    成り得ないと思ってます

    フジテレビにも期待してますが またしても 歩子さん
    渾身のレポート 期待せずにはいられません どーか
    よろしくおねがいします(気が早くてスミマセン)

    お子さんがW受験という事 拝見しました
    太宰府天満宮のあるこの地より 歩子さんご家族に
    素晴らしい 新しい季節が訪れます様 些末ながら
    お祈りしています。

    5+
    • 歩子 より:

      ゆまこさん。

      ハリー(村越弘明)さんの名前を見て、私も荒吐を思い出しました^^
      チャボさんもTOSHI-LOWさんもいて。
      うれしいですよねぇ。

      >CHABOさんが 近年 旅立って逝った 偉大な
      ソウルマンやミュージシャンについて その想いを語り
      彼ら一人一人の名前を 曲の中で 呼び続けました。

      CHABOさんらしいですね…。
      なんて素敵な人なんだろう。
      優しくて茶目っ気があって皆に愛されるCHABOさん。
      チケットが取れたら最高ですが、もし取れなくても外聴きに行きたいと思うので(誘ったオットには振られてしまいましたが…)、レポ書きたいと思います^^
      去年のエレカシ野音で思ったんですが、外聴きの方がメモ片手にリアルタイムで記録できるので、より詳細なレポが書けるんですよね(笑)

      そうなんです、ただいま子どもたちの受験の真っただ中で、家の中も戦々恐々としています^^;
      それぞれ笑顔で桜の季節を迎えられますように(祷)
      どうもありがとうございます!

      0
  2. Merry より:

    歩子さん、こんにちは。
    宮本さん、着々とソロ活動へ進んでますね。
    私はまだその後ろをドキドキとワクワクの中ついていってる感じです。
    とはいえ、冬の花はとってもいいてすね。やっぱり宮本さんの作る歌詞は本当にステキです。
    こんな美しい日本語があるんだと、どの曲を聴いても感動します。
    メロディももちろん!!
    今回の清志郎さんのショーもめちゃくちゃ気になりますが、関西圏の私はテレビに期待しようかな。。

    ところで私もずっと気になってました。
    今年はエレカシはフェスには参加しないのかと。。
    今のところ、どのフェスにも出演ないですね。
    体力つけて、今年こそは参加してみようと楽しみにしてたのですが、やっぱり無理なのかな。。
    コラボもかっこいい!冬の花も超ステキ!ソロ活動も頑張ってほしい!
    でもでも、、やっぱりエレカシが一番!!
    4人の姿をステージで見たい!聴きたい!!
    と、毎日思っています。。(^^)

    歩子さん、今は受験で大変な時ですね。
    みなさま体調万全に、全力が出せますよう、お祈りしています。

    2+
    • 歩子 より:

      Merryさん。

      「冬の花」、ドラマでも良い使われ方をしていてうれしいですよね^^
      3話でもじっくり歌が聴けて大満足でした♪

      エレカシとしてのフェス参加、やっぱり難しいのかな~と思いますね。
      フェスに出るとなれば、練習時間も捻出しないといけないし、メンバー&サポートメンバーたちのスケジュール調整もありますし、宮本さんもソロ活動をしながらエレカシの総合司会も兼任していくとなると、また体調面も心配…。
      とはいえ、どこかで1度くらいエレカシのパフォーマンスを見せてほしい気持ちもあります。
      メンバーの姿も見たいし、何よりエレカシの宮本さんが好きなので♪
      でもやっぱり野音まではお預けなのかな~
      今はソロに邁進しているところなので、他のこと考えず今はソロに集中してほしいですけど、たまにはメンバーの様子も知りたいですよね^^;

      ありがとうございます!
      受験するのは子なのに、毎日緊張しながら過ごしています…。
      受験生の親もなかなか精神的にキツイもんですね^^;

      1+
  3. あやM より:

    歩子さま

    清志郎ロックンロールショーの出演者で、単身出演でもグループ名をカッコ書きに入れている人もいるけど、宮本さんは「宮本浩次」とだけなんですね。今はソロ活動に力を入れているからなのかな。(なんだか寂しい)

    「宮本、散歩中。」だけど散歩というより全力疾走な宮本さん。(Easy Goだけど全然easyな歌じゃなかったみたいに)
    冬の花、ド歌謡曲でしたね。サビのメロディと歌詞が好みではなかったのですが(Aメロ、Bメロはおおっと思ったのですが)、聞き込んでいくとやっぱり宮本節ですよね。「私という名の物語は最終章」そんな風に思っているのかな…。いつも歌詞で伝わってくるものがあります。(新春ライブで風と共にの「思い出は懐かしいけど、今の私にこそふさわしい輝きをだきしめたいのさ」のところ辺で涙だったように思いました)

    新春ライブ、歌も演奏もエレファントカシマシここにあり!というすごくいいライブだったので、エレカシは大丈夫!だと思いましたが、ソロ活動が始まったばかりなのに恋しくなってしまう自分がいます。
    ロックンロールショーのレポ楽しみしてます。

    1+
    • 歩子 より:

      あやMさま。

      そうなんですよね、「宮本浩次」。
      ここは普通に(エレファントカシマシ)でいいと思うんですがね~
      ほんと、ソロへ全力で邁進してますね。
      冬の花のMVもすごかった^^;
      「最終章」なんて言われると淋しくなっちゃいますね。
      宮本さんて死という言葉をよく歌詞に使いますし、明治の小説家に憧れたりゲーテとかドストエフスキーとか論語とか愛読していて、私はあまりなじみがないのでよく分からないですがわりと生き死にに関することを普段からよく考えているのかなと思いますね。
      『歴史』で「死に様こそが生き様だ」って歌ってますけど、宮本さん自身は生のパワーに満ち溢れている人ですが、同じくらい死のことも意識していて、だから今をせいいっぱい生きると同時に自分の人生の終わりについても何か美学みたいなものがあるんでしょうねぇ…。
      新春ライブ、まだ先月のことなのにすでに遠い過去のよう。
      次のエレカシライブ、トミ、せいちゃん、石くん、そしてエレカシ宮本との再会が待ち遠しいです。
      ロックンロールショー、予定が入らなければ外聴きに行きますのでレポしますね!

      1+
  4. みやもん より:

    歩子さん、私も清志郎さんの曲を全部知っているわけではありませんが、でもやはり我らがRCサクセション!忌野清志郎!ですよ、私らの世代は。非エビバデの夫も清志郎さんにはビビッと反応しますし、シーナ&ロケッツも口ずさんだりします。宮本さんの出演、まっこと嬉しいのですが、願わくばエレファントカシマシで出させていただきたかった。と思うのです。テレビ放送、是非やって欲しいです! 歩子さん、外聴き行かれたら、またレポ&感想お願いします!
    子供の頃見てた清志郎さん、派手な出で立ちとパフォーマンスだったけど、奇をてらった印象は全くなかった。なぜだろう、「やさしい人」の印象が残ってます。カッコよさとともに。

    1+
    • 歩子 より:

      みやもんさん。

      そうそう、私もその世代ですから、いろんなところで清志郎さんの姿を見たり歌を耳にしたり。
      ドラマでも出てましたしね~。自転車に乗ってる姿もいまだによく思い出します。
      〇ちゃんより断然、清志郎派です!
      あの声がたまんないです。
      おっしゃるとおり、清志郎さんの追悼ライブですからエレカシで出てほしかったですね、確かに。
      豪華メンバーなのでテレビで全編流してほしいなぁ。
      外聴き、行かれたらレポしますね!
      「やさしい人」、ほんとうだ、私もそうです…。
      清志郎さんもCHABOさんも。
      歌も人柄も生き方もどこか人の心を震わせるものがありますよね。
      ミュージシャンに清志郎ファンがこれほど多いのも、本当に尊敬に値する偉大な人なんだなぁ、と…。

      1+
  5. みやもん より:

    追伸: あやMさんの「Easy Goだけど全然easy な歌じゃなかった」に笑笑!

    1+
  6. あやM より:

    みやもんさんの仰る通り、できればエレカシで出てほしかったです。(RCですもん、皆出たかったのではと思ってしまします)

    私の中の清志郎さんは、いけないルージュマジックからの衝撃的な出会いではあったものの、多くのアーティストから敬愛されてやまない偉大なミュージションです。
    TOSHI-LOWが「歌い継げたい」と言った明日なき世界も考えさせられる本当にすごい曲ですし、亡き母に捧げた曲であろうデイドリームビリーバーも温かく素敵で「ずっと夢を見させてくれてありがとう」のところで涙が出ちゃうくらいです。人としての魅力がすごいです。

    出演者も観客も素敵な時間をすごせるライブでしょうね!(いいな~(o^―^o))

    1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)