Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
日記

紅葉写真に失敗…。一眼レフで風景写真をクリアに撮影する方法とは?

 

せっかく一眼レフがあるのにブログにあまり活かせてないので、今日は一眼レフを持って紅葉を撮影しに行ってきました。

……が、これまで仕事で化粧品や食品をピンポイントで撮るのがメインで、風景写真の撮り方をぜんぜん勉強していなかったため、せっかく公園や展望台に行ったのに紅葉がちっともキレイに撮れませんでした💧

これを機に、風景写真をキレイに撮るためのコツを調べてみたので書き記しておこうと思います。

風景写真がボヤける、暗い、パッとしない

今年は台風の害で紅葉がイマイチなんですが、ここの公園の紅葉はとてもキレイでした。
なのに、私が撮影するとこれです▼

 

なぜもっとクリアに写ってくれないんだろうか(-_-;)

▼こちらはスマホで撮影した写真ですが、大した違いがない…。むしろ一眼レフより広範囲が撮影できて良い感じ。

ただ、花のような近いものを撮影するときはやっぱり一眼レフが味があっていいですね。(撮影はヘタですが)

しかし、せっかく一眼レフを持っているのに風景写真がうまく撮れないんじゃ宝の持ち腐れだし、今後いつ仕事で風景写真が必要になるか分かりません。

今日はけっこうな枚数を撮ったのに1枚もまともな紅葉写真が撮れなかったのがショックで、風景写真の撮影方法をググってみたところ、とてもくわしく説明してあるサイトを見つけました。

風景写真を撮るコツとは?

検索してて見つけた下記のサイト。
風景写真の撮り方のコツが非常にくわしく載っていました。

www.rere.jp

海や空など、旅先で出会った感動的な風景の写真を撮りたいと思ったとき、理想的な写真のイメージがあるのにどうしてもうまくいかない…。せっかく一眼レフを持って出かけたのに、思い通りの写真が撮れない…。そんな悩みをもっている方は、もしかして全部カメラ任せで写真を撮っていませんか?一眼レフの全自動モードはとても便利な機能ですが、ピントが合わない、なんか暗い(明るい)、ブレが出たり、うまくボケないなど、うまくいかない場合もあります。
※引用元:ビギナーズ

 

まさに私のことだ(笑)
おっしゃるとおり、すべて全自動モードで撮影してました^^;

だって全自動なんだから洗濯機と同じようにカメラの方で勝手にうまくやってくれるんだとばかり…。

でも、「ピントが合わない」、「なんか暗い」、「ブレる」など、まったくそのとおり。
これはオートで撮影してたせいなのですね。

眼前に広がる風景の写真をイメージどおりに撮ろうと思ったとき、一眼レフの全自動モードでは物足りない写真になりがちです。風景の写真は明るさやピントのあわせ方やコントラストなど設定に気をつけることでぐっと良い写真になります。
※引用元:ビギナーズ

風景を撮るときは、自分で調整しないといけないということか。
でも難しそう……と及び腰になりながら記事を読み進めていくと、ポイントさえしっかり掴めば私でも何とかできそうな気がしてきました。

どうやらポイントは以下の2つのようです。

  1. 絞り優先(A/Av)モードを使う
  2. F値を大きく(絞りを絞る)して撮影する

とりあえず、ダイヤルを「A」か「Av」に合わせ、F値を大きくすると、被写界深度が深くなり遠くの景色までクリアに写るようになるんだとか。

一眼レフの全自動モードで撮ると、道や島や背景の部分ボケたりしてしまって写真の魅力が半減してしまいます。F値の目安はF8〜13くらいがいいかと思います。もちろん、撮影環境やレンズなどにもよりますが、F値を大きく(絞りを絞る)して撮影すると、全体的にピントがあってシャープな写真を撮ることができます。
※引用元:ビギナーズ

 

ふむふむ、F値はF8から13くらい、と( ..)φメモメモ

あと大切なのが、「ブレに注意する」
そうなんですよね…。
私はこれも苦手で、どうも写真がブレてしまうのです。

以前、化粧品の全成分表示の部分を撮影しようとしたら、何度撮ってもどうしてもブレるので、クライアントさんに泣きを入れたことがあります。(カメラに詳しい人だったので)
あの表示ってすごく小さい字でこまかく書いてあるので、クリアに撮影しないとアップロードしたときに文字がちゃんと読めないんですよね。

そしたら、「レンズの下を支えて撮ってみてください」とか、「息を止めてシャッターを押してください」とかアドバイスくれるんですけどね、言われたとおりにやってもどうしても少しブレてしまう。
もう無理だ……と思い、その中でもちょっとはマシという写真を提出したら何とかOKが出たので良かったですが、なんだろうか、私って知らないうちに手が震えてるのかな。

 

そして、ひとつ気になる項目が。

「シャッタースピードで表現を変える」

シャッタースピードを遅くすると「動きのある写真」が撮れて、逆にシャッタースピードを速くすると「瞬間を切り取ったような写真」が撮れる、と。
サイトの説明を読むと、そんな感じかな。

すごいですね、一眼レフってそんなこともできるんだ。
ほんと私には宝の持ち腐れもいいところ^^;

ほかにも露出補正やホワイトバランスの説明などがありましたが、一度にあれこれ頭に詰め込むと訳が分からなくなるので、とりあえず次回からはモード設定F値に気を付けて風景写真を撮影してみようと思います。

仕事がきっかけで購入した一眼レフですが、せっかく持ってるんだからもっとプライベートでも活用したいものです。

そういえば今日公園に行ったら、どう見てもおばあちゃんくらいの年齢の人がまるで新聞や雑誌の記者が持ってるような長い望遠レンズで紅葉を撮影してました。
よほど写真が好きな人か、現役時代なにか写真関係の仕事をしていた人なのか。

Webライターの中にも、仕事で一眼レフを使うようになったらカメラの魅力に取りつかれて、どんどんカメラに詳しくなっていく人がいます。
ハマると楽しいんでしょうね。
自分だけのこだわりのオリジナル写真が撮影できて。

確かに私も、風景写真の撮り方のコツを知ったらさっそく試したくなってきました♪
まだ紅葉がキレイなうちに、リベンジしたいと思います。

 

▼紅葉といえば、上野の旧岩崎邸のイチョウは本当に見事!4年前のちょうど今ごろ、旧岩崎邸へ行ったときの日記です。

旧岩崎邸 昨日、また美術館めぐりの計画を立てて行ってきたんだけど、急きょ予定を変更することとなった。 予定では、上野の西洋美術館で常...

 

それではまた^^

4+

POSTED COMMENT

  1. ボン より:

    こんばんは!
    私も20代後半で一眼レフを奮発して買ったことありますが、今はどこかで眠っています。
    シャッタースピードとかいろいろ懐かしいワード(^^)
    何一つ理解できぬまま終わったあの日…
    旅行先で美しい風景に出会うと、この感動を残せないものかと思ってアレコレ撮りまくったのですが、ダイナミックなものほど難しかった気がします。

    実は仕事の作業で首筋を痛めてしまってカチコチなんです…歩子さんをマネてお散歩にでも出かけて体を動かさなきゃなって思ってます!

    2+
    • 歩子 より:

      ボンさん。

      おお、そうなんですか!
      一眼レフ、まずそのお値段にぶっ飛びました。
      とても新品は買えず中古の中から選びましたが、それでも高かった、、、
      私も最初にサラッと撮影法を勉強、、、と思ったけれど、あまりにも難しいのでとりあえず何でもオートで撮影してて。
      そしたらこのザマです^^;
      ダイナミックなものほど難しいんですね。
      風景写真はやっぱり難易度高そうだなぁ…。

      首筋、大丈夫ですか?
      学生時代とちがって、意識して体を動かさないとすぐ運動不足になっちゃいますもんね~
      一応ウォーキングを日課にしているんですけど、それでも万年肩凝りだし月末で仕事が詰まってくるとカチコチになってしまいます
      やっぱり肩周りをもっと動かさないとダメですね^^;

      0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)