つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

『新井から宮本へ』




エレファントカシマシを愛してます。
でも、エレファントカシマシはふり向いてはくれません。
呑気な愛のうたも一体感もありません。
『俺はがんばる。貴様もがんばれ。』
あるのは一対一の快感です。
エレファントカシマシに接する時 僕は自分と対峙します。
自分と対峙する時 エレファントカシマシは僕の側にいます。

新井英樹




漫画家の新井英樹さんの言葉。

私が前のブログからずっと言いたくても上手く言葉に出来ずにいたことを、
見事に言葉に当てはめている。
流石だなぁ。

去年、タワレコ渋谷店で開催されたエレカシ展で見つけた、この新井さんの言葉。
読んだ瞬間、思わずメモに書き写した。

そうなんだよ。
自分と対峙。
まさにその通りです。

エレカシの音楽に魅せられた人はみな同じことを感じているのかもしれない。


新井英樹さんはミヤジをモデルにした漫画を描いた。
特別な思いを寄せる人を、自分の手で表現したいという気持ち、
私にも分かるのです。
私にはそんな才能無いから出来ないだけで。

ツイッターにもそんな熱いファンの人たちがそれぞれの形で思いを表現している。
みんな素晴らしいよね。
ほんとに。

なんかミヤジって、人の心の奥のロマンを掻き立てる存在なんだよな。
なかなかあんな人はいないと思ふ。

ちょっと人の人生にまで影響を与えちゃうくらい。
ある種、取り憑かれるかのような。
世の中すべてエレカシフィルター通して見てしまうような。
ねぇ。

私も、エレカシを好きになってものの考え方が変わった。
自分でも思うけど、この間友人からのメールでもそう言われて^^
うん。
変わった。
すごく。

これからもエレカシを聴き続け、ミヤジを追い続け、
ドーンと機嫌良く毎日を生きて行きたいと思う。



怠けてるときは逆風。
がんばってるときは追い風。
それがエレカシの音楽ね(^ ^)