つつがなく

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

悩みは続く

日記


なんでこんなに悩み多き毎日なんだろうと思う。
きっと私だけじゃないんだろうけど。

ずっと何十年も悩み続けて来たことを、
この年になってもいまだ悩み続けている。
もういくら悩んでも解決なんかしないんだろう。
だったらもう諦めて、悩むことを放棄しちゃえばいいのに、
いまだこうして同じことをウダウダと…。

悩みというのは、人がこの世で生きて行く以上、切っても切れないものだ。
悩みのない人なんていないんでしょう?
でもやっぱり私は普通の人よりたくさんの悩みを抱えているように思えてならない。
たぶんそんなことはないんだろうけど。
私は私の人生しか体験できないから、
自分の目の前の悩みがすべてだから、
もしかしたら平均より浅い悩みなのかもしれないけど、
私自身にとってはそれが100%の苦しみになってしまう。


強い人間になりたいとか、くじけない心を持ちたいとか、もはやそんなことは思わない。
そんなの無理だと気づいたし。
弱い自分でいい。
弱い自分のまま、こうして毎日悩んで現実と戦いながら、
一個でも多く、楽しいことやワクワクすることを探して暮らしていく。


人に執着するのが不幸のはじまりのような気がする。
私は私の道を行けばいい。
分かっていても、難しい。
だってそれって案外しんどい道だったりする。
我が道を行くって、カッコいいけどとても覚悟の要る生き方。

でも最近ちょっとだけその道に足を踏み入れる勇気が出てきた気がする。
ちょっとだけ。
片足をちょびっと。

もう人生の折り返しに来ちゃったし。
そろそろ我を出していかないと。
自分で自分を見失ってしまいそうだから。


それでも相変わらずウダウダ悩んでるけど。
人間だれしも欠陥があって当然。
それが許せず完璧を求めるから苦しくなる。
カラクリだってちゃんと分かってる。
なのに、その縛りから逃れられない。


いいところもダメなところもある自分。
色んな人に好かれたり嫌われたりして社会生活を営んでる。

周りの人が私をどう思おうと、
私は私の夢と希望に向かって一生懸命生きていけばいい。




"使いふるし擦り切れてる 昔なじみの悩み事
放っておけよ 新しい太陽が昇り来るぜ"




ミヤジの言うとおりだ。
こんな擦り切れた悩み事なんて、放っておけば良いね。


どうせ、悩んでも悩まなくても大して変わらないんだから。