エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

5/23日テレ「ZIP!」にエレカシ宮本さん登場!髪型へのこだわりを語る!&「Easy Go」のMV公開!


 

今朝の「ZIP!」は宮本さんおひとりの登場でした。
久々の文字起こしをしてみました。

 

5/23「ZIP!」宮本さんインタビュー

期待していたより短いインタビューだったんですが、いつもの宮本さんらしいトークになごみました^^

 

番組ではまず、

「エレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんが、髪へのこだわりを明かしてくれました。」

のナレーションに続き、3月のたまアリの「俺たちの明日」のライブ映像が流れます。

そのライブで披露された「Easy Go」の紹介に続き、「Easy Go」のミュージックビデオが少し流れ、こちらのナレーションがかぶります。

「楽曲のテーマは原点回帰。全力の演奏で50代になっても熱い楽曲が歌えることを表現したかったそうです。」

そのまま宮本さんのインタビューへ。

 

「ようするに、こういう若い歌を本気で、、本気で歌ってるんだけど、本気で、ま、本気でっていうか、ま、本気でもねぇか、まぁなんでもいいんだけど、、、なんかその、、熱血漢みたいな歌を(デビュー当時と)同じ思いで歌えるっていうところに、いいところがあるかなっていうふうに思って、けっこう、こう思いっきりやってます」


ナレーション:今回のビデオでは、宮本さんの髪が逆立つ演出も。宮本さんの髪へのこだわり。

 

「服装もそうだけど、髪型次第でちょっとカッコよく見えたりとかするじゃない。自分でやっぱこう鏡とか見るとき、けっこうこれもんで色々やってたりとかしますけどね」(髪をさわるしぐさ)

アナ「どのくらいの頻度で(髪を)切ってらっしゃるんですか?」

「けっこうあれですよ、週に1回くらいですかね」(ちょっと笑いながら)

アナ「あ、、そうなんですか!」(おどろく)

「ぐしゃぐしゃにこうやったときに、ある程度こうボリューム感が出るっていうのが大事でぇ」(髪をぐしゃぐしゃしながら)

アナ「意外だったんですけど、じゃもう、ぐしゃぐしゃありきの髪型で」

「最近はですね」

 

 「宮本さんの髪が逆立つ演出も」というけど、演出も何もファンにとってはこれがいつもの姿なんでねぇ^^;

インタビューで意外だったのは、「ぐしゃぐしゃにこうやったたときに、ある程度こうボリューム感が出るっていうのが大事で」という宮本さんの言葉!

私も含めこの年代にとって髪のトップのボリュームダウンは悩みの元で、いかにトップにふんわりボリュームを出すかがポイントなんですが、宮本さんもそれを意識して髪を週1で切ったりしているのか~。

年とともに髪の量もコシも減って来て、ぺちゃんこになってしまいますもんね。

髪の毛は大事!

「髪型次第でちょっとカッコよく見えたりとかするじゃない」

ほんとそうですけど、宮本さんがそんなに意識していたとは。

「自分でやっぱこう鏡とか見るとき、けっこうこれもんで色々やってたりとかしますけどね」

やってそうですねぇ(笑)

やってそうなんですけど、「ボリューム感が出るのが大事」とかいうフレーズが宮本さんの口から出るのがなんかとっても不思議な気がしましたw


実を言うと、最近のライブ写真とか見ていて髪の毛ぺっちゃんこになってるな~と思うことがたまにありました^^;
さすがの若いみやじもこればっかりは抗えないか…と。
それでも普通の50代に比べればだいぶフサフサなんですけどね。
おじぎする姿を見ても、つむじ周りがしっかり毛で覆われていてオットが羨ましがってました。


最後に、「もう、ぐしゃぐしゃありきの髪型で」と言われたときに、間髪入れず「最近はですね」と言った宮本さんにちょっと笑ったw

ぐしゃぐしゃはずっと前からやってましたが、ぐしゃぐしゃ前提の髪型作りが最近ということですかね?

宮本さんて、ものすごく細かいところまでこだわってトークすることもあるのに(言葉を言い換えたり、自分の言ったことを後から訂正したり)、なぜかたまにサラッと適当に答えることもあるんですよねぇ。

「最近はですね」もなんかちょっと適当っぽかったな^^;

 

YouTubeにて「Easy Go」のミュージックビデオが公開!!

t.co

 
50を過ぎたバンドがこのスピードと熱量!
ただごとではないと思います。
ファンの贔屓目かなぁ?

50代のロックバンドにこんな歌をやられたら、若いバンドはたまったもんじゃないですよね。
エレカシだからできる、宮本さんだから歌える、そんなすごい曲!

歌っている宮本さんから目が離せません。
落ち着いて座って聴いていられず、思わず立ち上がって体を揺らしてしまう、そんなエネルギーがある!

CD発売まで聴かないと思っていたけど、MV解禁で聴いてしまいました。フルではないですが。
どのみち「The Covers」があるので意味ないし^^;

ああもう、うれしいです。
今のエレカシがこんな勢いのあるパワフルな曲を私たちに聴かせてくれることが。

私ももう40も半ばでこのまま50に突入して子どもも独立して、そうなったらいよいよ老後かぁ……なんて漠然と自分の人生を俯瞰していましたが、エレカシの活動を見ていると、そんな風にまるで別の人の人生を遠くから眺めているような自分に喝を入れたくなります。

「今・ここ・自分」から発するものを、自分自身がもっとリアルに感じたい!
もっともっと私の人生は輝けるはずなんだと、エレカシを宮本さんを見ていると強く感じます。
すべては自分次第なんだなぁ…。
自分のダメさと同じ分量の希望があるはずなんだ。
それをダメなまま終わらせるか、希望に変えて前進していくか。
物事はとても単純なのに、自分が複雑にしてしまっている。
そこを打破するのに、私にとってエレカシほど強烈な起爆剤になるものはありません。

宮本さんは多くの人にとってそのような存在だと思いますが、たぶん宮本さん自身もそれをよくわかっていて、それがまた宮本さんを掻き立てる情熱の一部でもあるんだろうと思います。

エレカシってどの曲を聴いても魂を揺さぶられるんだよなぁ……。
裏を返せば、サラリとBGM的に気楽に聴けないということでもあるんですが。

どの曲にも強烈なメッセージを感じるので、片手間には聴けません。

でも、今の私がいちばん強く惹き付けられるのはエレカシであり、ここ数年の私の生活はいつもエレカシと共にありました。

エレカシは飽きません。
新しい曲が出るたび興奮する!

6月6日にリリースされるアルバムで、また初聴きの曲に出会えるのが楽しみで仕方ありません。

 

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

 
Wake Up(通常盤)

Wake Up(通常盤)

 

 

 ではでは。