つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

TVガイドの短髪ミヤジと「風に吹かれて」本の再販


 

今日(10月25日)発売の「TVガイド」に、宮本さんのインタビューが載っているというので、さっそく本屋さんへ行ってきました。

短髪の宮本さん。
硬派ですねぇ。

‥‥‥やっぱり夢なんかじゃなく本当に髪を切ったんだなぁ、としんみり。

すっきりしてて悪くはなかったけれど。

やっぱり、ライブで実際に動く宮本さんをこの目で見ないとダメなのかな~。
静止画じゃなくて。

実際に見た人は今の短髪をステキだと言う人がほとんどだから、たぶん本当に似合っててステキなんだと思う。
とにかく「ミュージックフェア」の放送を見れば、動く短髪みやじが見られる。
歌う短髪みやじが。

いよいよ「rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 17/18」の情報が出ました。

エレカシは12/29(金)に出演だそうです。

countdownjapan.jp


よし、30日と31日はちゃんと空いてるんだね^^

年末は家を空けられないから、CDJには参加したことないんですよね。
一年の終わりにエレカシの歌と演奏を聴けたらどんなに最高だろうと思うんだけど、まぁすぐに新春もあるし…と思って毎年あきらめてます。

年末年始は義実家がらみで色々と忙しい…。
それがあるからお正月はいつも憂鬱です。

 

エレカシ「風に吹かれて」が重版になったようです。

www.rockinon.co.jp

 
Amazonでは依然として何倍もの値段で売り出されてるので、持っていない人にはかなりの朗報ですね^^

ずっと売り切れだったのに今こうして再販になるなんて、やっぱり今年のエレカシ人気は伊達じゃないぞ。
これまで私が経験したことにないような事態になってる。

チケットが取りにくくなること以外は、本当に喜ばしいことだ。

 

f:id:y-passage:20171025213212j:plain


いま、デスクの上のエレカシ4人の写真を眺めながらブログを書いているんだけど、やっぱり結婚するならトミですよね。

‥‥‥と、急に何言ってんだって感じですが、トミがいることによって生まれるこのどっしりした安定感は、他の3人だけでは醸し出せない空気だなぁとつくづく思う。

やっぱりトミがいるからこのバンドはこれだけ長く続いてきたんじゃないか?
という気もするんです。
宮本さんというより、むしろトミの存在が大きいんじゃないかと。

宮本さんはそれはもうすごい才能の持ち主だってことは疑いようがないけれど、バンドを長く続けることに関しては他のメンバーたちの気持ちもあるので、宮本さんの才能やカリスマ性だけで引っ張ってきたわけではないと思う。
それが大きな要素だったことは確かだろうけど。

そこでキーマンとなったのが、バンドの父と呼ばれるトミなんじゃないですかねぇ。
面倒見がいいし。
男らしいし。
包容力あるし。

トミが後ろでデンと構えててくれるから、宮本さんも思いきりやんちゃが出来るんだよね。


それにしても、私はどうしても宮本さんのことばかり考えちゃって、「みやじの人生とは…」なんて曲の世界と合わせてじっくり考えを巡らせてしまうんだけど、よくよく考えてみると、トミや石くん、せいちゃんも、そうとう数奇な人生を歩まれていると思う。

中学で宮本さんみたいな男と出会って一緒にバンドを組んで、そこから何十年も変わらず4人で音楽を続けているなんて。

まるで宮本さんの人生に巻き込まれてしまったかのように見える3人だけど、でもそれは外側から見ている私の視点であって、実際に3人がどう感じているかはまた別物だ。

私だったらとても宮本さんのような人には付いていかれないと思う。
巻き込まれてしまう前に自分から怖くて離れてしまう、きっと。

他のバンドマンたちがエレカシに一目置いているのも、宮本さん個人に対するものとは別に、4人の関係性に対して理屈じゃなくある意味畏怖の念みたいなものを抱くからではないか。

普通にはなかなかあり得ない関係性だものなぁ。


4人一緒に写っている写真が好きです。

醸し出すこの硬派な雰囲気は、昔も今も本当に変わらないね。

エレカシ。
いびつで危うい空気を漂わせて、見る人に強烈なインパクトを与える。

他人を寄せ付けない空気を放っているけれど、歌はどこまでも人の感情に寄り添って切なく心に訴えてくる。

髪の長さなんて本当はどうでもいいことなんだよな。

はぁ、毎日エレカシのことを考えていられて、私は幸せだなぁ。