エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【レポ追記】エレカシ出演!「METROCK 2018 大阪」セットリスト 2018.5.19


  

本日のエレカシは、「METROCK 2018 大阪」に出演!
お天気が回復してよかったですね^^

 

取り急ぎ、エレカシのセットリストを載せます。

 

「METROCK 2018 大阪」エレファントカシマシ セットリスト

1.RAINBOW
2.奴隷天国
3.悲しみの果て
4.Easy Go
5.俺たちの明日
6.ガストロンジャー
7.今宵の月のように
8.風に吹かれて
9.ファイテングマン

 

また「RAINBOW」と「Easy Go」が生で聴きたいです。
ツアーが待ち遠しい…。

  

ライブレポ

この日もお尻からブーブー出まくりの宮本さん。
たぶん調子いいときほどたくさん出るんでしょうね^^;

宮本さんのこのぶっ飛んだ様子にお客さんたちは大爆笑していたとか。
エレカシって世間的にはまだ硬派なイメージが根強いんじゃないかと思うんですが、そんなイメージで見に来てた人は確かにあれを見たら驚きますよね(笑)

 

うれしそうだったとか、微笑んでいたとか、楽しそうだったとか、攻撃的とか、凄いとかの感想と共に、風に吹かれて髪がなびく宮本さんがめちゃくちゃカッコ良かったというレポを見たとき、やっぱりフェスはいいなぁ!と思いました。

屋外ならではのカッコよさですよねぇ。
伸びた髪の毛を風になびかせながら歌う宮本さんの姿、やっぱり私も見たいぞ。
同じ風に吹かれながら見たい!

 

「Easy Go」ではいつのまにかすっかり手拍子が根付いているようで。
どうやら宮本さんがそのように煽るようなんですよね。
頭の上で高速手拍子というレポを見たので、ツアーに向けて二の腕を鍛えておかなくちゃ💦

そして、サビでは「イージー!イージー!」とお客さんも一緒に大合唱したそう!
これは気持ちよさそう!
宮本さんも熱唱だったそう^^

そして、さいたまの時より歌がかなり上手くなっていたとのこと。
相当練習を重ねたんだろうなぁ。
3月の時点では息継ぎができないって言ってたのに。
練習の鬼。
努力の人。

 

「俺たちの明日」では、石くんを真ん中に連れていき、ガニ股のまま放ったらかし。
そのあと、手でシッシッと石くんをどかす。
いつもの光景だけど、毎回石くんが不憫になります💧
石くんをいじめたくて仕方ないんだろうなぁ。ヒドイ

「30代 愛する人のためのこの命~」のところで、3本指でお尻ペンペン。
とにかくお尻三昧。
あのコンパクトなお尻だから嫌味がないけど、ちょっとやり過ぎな気も…^^;

 

「今宵の月のように」では、4日前までレコーディングしてたので練習してきましたと言って、非常に丁寧に歌っていたそう。
「今宵~」は宮本さんの声の良さがとても映える曲ですよね。
ほんとに最高の歌声です。

「ファイティングマン」「大阪ベイビー!」

曲の途中で靴を片方脱いで、手に持った靴で頭をペシペシ叩いていたとのレポ。
気が済んで靴を履こうとしたけどうまく履けず、しばらく片足脱げた状態で歌っていたそうで。

たまに靴を脱ぐ宮本さんだけど、頭に乗せる新手のパフォーマンスは去年のツアーで登場したんでしたっけ。
でも私がファンになる前にもやっていたのかな?

ネクタイにしろシャツにしろ靴にしろ、気分が盛り上がってくるととにかく身に着けたもの脱ぎ捨てたくなる性分なんですね^^;
でも男の人ってわりとそういう人多いですよね(?)

 

公式ツイッターさんのお知らせが……Σ(゚Д゚)

 
公式さん、バンド名を間違えないでください(泣)

エレカシはないですが、メトロックの雰囲気を知りたい方はこちら↓

  

 

石くんが見つけた幸せの四つ葉のクローバー🍀

 
なんて微笑ましいエピソード(*´ω`*)
石くんが四つ葉のクローバーを見つけるその過程を想像すると、胸がきゅんとします…。

宮本さんにも見せたかな?

それともまた別行動…?

 

ミッキーも。

www.facebook.com

 

その他

グッズコーナーはやっぱり混雑しますよね。

 

フードコートの写真。

 
フードはフェスの楽しみのひとつでもありますよね。
ハラミ丼とかローストビーフ丼とか美味しそう。

 

↓このアングルの写真、いつも大好きです♪

 

  

 

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

 
Wake Up(通常盤)

Wake Up(通常盤)