つつがなく

エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

「JAPAN5月号」の椿の宮本さんと"エレカシ毎号レギュラー状態"&つぶやき


 

ようやく諸々の目途がついて、ブログ更新する余裕ができました。
ひさびさに寝不足続きでキツかったけど、これでちょっとひと息つける…。ホッ

でもJAPAN5月号はしっかり読みました。
宮本さんが椿の木と同化してる写真にニヤニヤ( ̄▽ ̄)  紅天女みたい

f:id:y-passage:20180404002100j:plain

 
そしたら、編集長がブログでその写真を公開してました。

 
雑誌の写真よりブログの画像の方が明るくて見やすい!

今ふと思ったけど、宮本さんてプライベートでもインナーを身に着けないのかな。
あ、これは仕事だからか。

スーツを木に引っかけて糸つれしていないか心配💧

やっぱりシルエットが少年だなぁ~
毎度のことながらため息が出ます…


宮本さんのインタービューもよかった。
特に、例の夢の競演についてのくだりは「さすが」と思いました。
ちょっと吹いたけどw

でも実際そのとおりだと思うな。

ぜひまた招集してください。

 

ロッキング・オン・ジャパン 2018年 05 月号 [雑誌]

ロッキング・オン・ジャパン 2018年 05 月号 [雑誌]

 

 

 

今日は母がお昼に来ることになっていたので、何が何でもそれまでに仕事を終えねばならず、母が到着するギリギリまでシャカリキになってパソコンのキーを叩いてました。

何とか納期に間に合ったのは良かったのだけど、ここ数日すっかり寝不足だったせいで、眠いわ耳鳴りはするわ歯は疼くわでカラダの状態は最悪。

でも、しゃべっていたらどんどん元気になって、母を駅まで送り届けてからエレカシ聴きながら1時間もドライブしてしまいました^^

お天気がよくて暖かくて、とても気持ちがよかった。
こちらの方はまだ桜がけっこうあちこちに残っているので、ひとりで花見をしながらエレカシ聴いて車を走らせてました。

 

途中で車を停めて桜をパシャリ。

 

f:id:y-passage:20180405155105j:plain

 

 

f:id:y-passage:20180405155417j:plain

 

宮本さんの嫌いな桜…😁

 

今日は「ハナウタ」がやけにしっくりして、途中から「ハナウタ」ばかりリピート。

実は「ハナウタ」の中で一カ所、ものすごく宮本さんの歌い方が好きな部分があります。

「いろんな季節彩っていくふたりの時間を」

…の部分なんですけど、この「ふたりの」の歌い方が、男らしくてカッコよくて大好き!

バカみたいにここばかり巻き戻して何度も聴き惚れてました^^;

 

この声が変わらないかぎり私はエレカシのファンでい続けるんだろうなぁ。 

何度聴いても「くうぅ~~」となって惚れ直してしまう。


仕事から解放されたせいか、もう頭に浮かぶは宮本さんの顔ばかり。
なんでひとりの人をこうも長く好きでいられるんだろう。

でもやっぱり、いちばんこうしてドキドキしたりたまらない気持ちになったりするのは、宮本さんの歌を聴いた時なんです。(椿の写真でもため息ついたけど)

いちばん強烈に訴えかけてくるのは、ハンサムな顔より、カッコいい佇まいより、細い脚より、愛嬌ある笑顔やトークより、もう圧倒的に歌声!


で、今日はそんなテンションだったため、夜になって家族がそれぞれの部屋に引っ込んだあと、久しぶりに紅白の映像を観てました。

最初の登場シーン、ちょくちょく姿を見せるシーン、そして「今宵の月のように」。

何度観ても堂々たる歌いっぷりに感動してしまう。
もうお見事。
エレカシがとても誇らしく思える。
ファン冥利に尽きますね(*´ω`*)

宮本さんの力強い握りこぶしから、エレカシ宮本ここにあり!という貫禄が感じられて、胸が熱くなります。

なんてカッコいい人なんだろ。

欠点なんか見当たらないくらい器用で何でもソツなくこなす人もいるのに、宮本さんは本当に不器用で遠回りばかりしていて、ファンからすると歯がゆくて仕方ないことも多いのだけど、でもその宮本さんが私には世界でいちばんキラキラ輝いて見えます。

歌声が好きとかいいながら、やっぱり宮本さんがまるごと大好きなんだよなぁ。

曲を聴き込むごとに増していきます。好きな気持ちが。

 

でも宮本さんは確かに音楽に関してはとてつもない天才だと思いますけど、それ以外の部分ではたぶん私とあまり変わらない平凡なところもたくさんあって、雑誌のインタビューなんかでそういう部分が垣間見れると急に親近感が湧きます。

例えば、チョコレートパフェが好きとか、ファミレスでビール飲むとか、コンビニに歯ブラシを買いに行くとか、そんな普通の人のようなエピソード。

でも同じ時代、同じ国に生きているんだから、職業の違いはあっても似たような生活をしてて当たり前なんですけどね。
生活レベルはかなり差があるかもしれませんが💦

でも宮本さん、「普段が光なんだ」と言い、そういった平凡な日常からああいう名曲を多々創り出しているわけで。
同じような生活をしていても、意識や行動がぜんぜんちがうんだろうなぁ。

実際、宮本さんはやっぱり尋常じゃないなと思う時もたくさんある。
とにかく人並み外れたエネルギーを持った人だと思う。

エネルギーというか、強い思いというか、執着の強さというか、こだわりというか。

じゃないと今のような功績はなかっただろうし、やはり何かを成し遂げる人は明らかに普通の人とちがった特異性があるのも事実。

それがいわゆる才能なんだろうし、キラリと光る魅力なんだろうし。

 

……なんてことを一人でずっと考えてました^^;

延々書いてしまいそうだから、ここらで終わりにしておきます。

 

「JAPAN」は来月以降も楽しみだな!

JAPAN用に予算を用意しておかねば。

来月号では『さいたまスーパーアリーナ公演徹底レポート&インタヴュー』、そしてその次の号ではおそらくニュー・アルバムの超ロングインタヴューをお届けするという、エレカシ毎号レギュラー状態へとJAPANは突入するのでよろしく!

※引用元:エレファントカシマシの連続企画、始まります。|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

もう夜中の2時になってしまった。

明日は昼寝しよう。

 

それでは!