つつがなく

エレカシブログ つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

もしエレカシ宮本さんと街で遭遇したらどうするか?という空想


 

 

空想というより、妄想って感じなんだけど、暇なときによく考えます。

もしこの街で宮本さんと遭遇したらどうする?

完全なるお遊びなんだけど、超具体的に本気で考えます(笑)


妄想だけど、いかにも起こりそうなシチュエーションを想像してひとつひとつ考えて行くのが楽しいんです。

例えば、私の住む街はけっこう歴史が深く、古い建物もわりと残っているし、なぜか作家が多く住んでいたりするので、意外に宮本さんもこの街が気に入るのではないかと思うんです。

「明治の散歩道」なんていう散歩コースがあったり、昔の著名人が通った老舗のお店があったり。また、歌舞伎の演目になっているお話の舞台だったり。

なので、来ればきっと楽しいと思うんですよね、宮本さんも。

実際、いかにも宮本さんが好きそうな場所がたくさんあるので、ふとしたきっかけで宮本さんがこの街に観光に訪れないとも限らないな~と思ったりもします。

f:id:y-passage:20180216123945j:plain

 

もし、この街で宮本さんに遭遇したら、どうするか?

この空想が楽しくて、以前はしょっちゅう考えてました。


勇気を出して声をかけて、この街には見どころがたくさんあることを伝え、あわよくば私がガイドを申し出よう。

そして、あそことあそこに連れて行って、おなかが空いたらあの店でおひるごはんを食べて。

お土産はあの老舗のお菓子屋さんがいいな。

あとそうそう、富士山がとても素晴らしく見えるあの山にも連れていってあげよう。
海にもちょっと寄ろうか。
東京じゃなかなか海を眺めることもないだろうから。

お天気の良い日だといいな。

もしお泊りなんてことになったら、駅の近くに明治から続く老舗の旅館があるので、そこを紹介しよう。
明治のとある作家や政治家も御用達だったと伝えたらきっと宮本氏もきっと興味を持つはず。

もし近代的なのがお好みなら海が一望できるホテルもあるよ。

できればうちに招待してお茶とかごちそうしたいけど、家族がいない時に男の人を家に入れるのはちょっとマズいし、家族がいればいたで何だか気まずくなりそうだし。

なんて、別に空想なんだからいくらでも都合よく考えればいいんだけど、この遊びの要は「リアルであること」。起こっちゃマズいことは考えてはいかん。

で、最後は駅まで車で送り届けて、挨拶してお見送り。

 

f:id:y-passage:20180216123934j:plain

 

この空想では、宮本さんは電車で我が街にやってきて、私の車で街をあちこち案内するという設定。

宮本さんにちゃんとこの街のことを説明できるように、しっかり街の歴史も調べておかなくちゃ。

この建物は明治〇〇年に建てられて、誰々が住んでいて、、、などなど。

あと、効率的に観光できるように、コースも練っておかなくちゃ。

ちょっとしょぼいけど一応宮本さんの好きな古墳もあるから、そこもコースに組み入れようか。

・富士山
・歴史の街
・古墳

これだけ宮本さんの好みがそろっているんだから、本当に来ませんかね?

 

f:id:y-passage:20180216124015j:plain


同じ海の街でも、鎌倉や逗子のように若者が集う明るい雰囲気の海ではなく、うちの方は地味でパッとしない海です。

でも、お天気の良い日は海の青がグラデーションのように見えてとても綺麗。

 

f:id:y-passage:20180216124039j:plain


写真じゃよくわからないなぁ。


地味で静かで活気はあまりないけど、自然豊かでのんびりしたこの街が大好きです。

ウォーキングが続いているのも、この街にいるからだと思う。

自慢の街。

だけど、にぎわうのは夏のあいだだけ^^;

今もカラスがカァカァ鳴いてるのが聞こえますけど、本当に静かです。


宮本さん、本当に来ないかなぁ。

東京からはちょっと遠いけど。