つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

ちゃんとカラダと向き合おうと思う


 

f:id:y-passage:20171115111445j:plain

 

いちばん好きな季節になった。
秋。
緑と黄色と赤が鮮やかな山の景色。

この時期は富士山もよく見えるようになる。
最近はあまり外出しなくなってしまったから、富士山もとんとご無沙汰だけど。

ここは田舎だから鳥の鳴き声がたえず聞こえてくるし、何だかよくわからない獣の鳴き声も。
たまに遠くで銃がドーンと鳴る音も聞こえる。

今日は晴れて青空が気持ちいい。
私の部屋から見える山の黄色が鮮やかでとても綺麗だ。

平和だなぁ。


ここのところ、私の体調もとても良いのだ。
仕事を休職して家にいるようになってから、不眠が改善して耳鳴りや動悸に悩まされることも減り、心身ともにリラックスしている。

仕事をしていた時のように、たえず時間に追われて焦燥感に駆られるようなこともなく、落ち着いた気分で日々の雑務を淡々とこなしている。

家族の誰も聞こえないという騒音に私だけが悩まされ、パニックになって騒いでいた日々がウソのよう。
私には耳をふさぎたくなるほど大きな騒音なのに、オットも子どももその音が聞こえないというんだもの、私はいったいどうしちゃったのかと不安になった。

でも今は、ぜんぜん聞こえないのだ。
あれほど私を苦しめた「ブーンブーン」という地響きのようなあの音が。

だから思う。
あれはたぶん、私の中で鳴っていた音だったのだ。
私のストレスが生んだ音だったのだ。

あと、よく眠れるようになったことは本当にうれしい。
2~3時間しか寝ていないのに目が冴えてちっとも寝付けなかったあの日々はとても辛かった。
眠いくらいで仕事を休むわけにも行かず、フラフラで仕事に行ったものなぁ。

エレカシを聴きながら自分を鼓舞して仕事に奮闘していたけど、実際はかなり無理をしていた。
自律神経をおかしくして体のあちこちにトラブルが出てきてしまい、2015年から2016年あたりは本当に苦しかった。
このブログもその2年間は更新も滞りがちで…。
踏ん張れば踏ん張るほど心身は疲弊していき、とうとう体がエレカシの曲を受け付けなくなってしまった。


でも、今またこうしてブログを書くようになり、エレカシも徐々に聴けるようになり、最後までダメだったアルバム「俺の道」も一年ぶりくらいに聴いたらもうぜんぜん平気だった。

さらに、自分の好きなことを始め、今はとても充実していると感じている。
自分の時間を取り戻したという感覚。
今はエレカシを紅白で見るのを楽しみに、ウキウキした毎日を過ごせている。

そう、このウキウキ感があの苦しかった日々にはまったくといっていいほど無かったんだ。

今は毎日ウキウキワクワクしている。
私は幸せだとしみじみ思う。
周りのあらゆることに感謝の念がわいてくる。

f:id:y-passage:20171115113626j:plain

 
これだけ時間が経って、あの頃の自分は正気じゃなかったことに気がついた。
とても普通の状態ではなかった。

でも、渦中にいた頃はちっとも気がつかなかったのだ。
まだまだ大丈夫だと思っていた。
あれだけ体にいろんな症状が出ていて大丈夫なわけがないのに。

必要以上に力が入って、やらねば!と自分を奮い立たせていた。
根性で何でも乗り越えられると思っていた。

でも、もう私も若くはないんだよね。
気力だけではどうにもならないことがわかった。
体はやっぱり大切だ。


これから自分がどんなふうになっていくのか、今はまだ分からないけれど、ちゃんと自分の体と向き合って、体の声を聞いて、体をいたわりながら生きていこうと思う。

何ごとも、健康な体があってこそだ。

自分で自分を追い詰めるようなことは、もうやめようと思う。