つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【エレカシ30thツアー】栃木「宇都宮市文化会館 大ホール」 2017/10/9 セットリスト


 

エレカシ30周年ツアーのセットリストと簡単なレポ等を書いています。
私の参加は神奈川公演のみで、他は実際にライブに行ったわけではありません。
ここではネットで集めた情報をまとめて書いているだけですので、ライブに行かれた方の生の声を知りたい場合は、他の方のライブレポやツイッターなどを検索してご覧になってください<(_ _)>

 

10月9日(月・祝)は栃木の「宇都宮市文化会館 大ホール」でライブでした。

では、さっそくセットリストです。

※ネタバレ注意! 

 

 

2017年10月9日(月・祝)栃木「宇都宮市文化会館 大ホール」セットリスト

 

f:id:y-passage:20171011173153j:plain

  

【第1部】
01.歴史
02.今はここが真ん中さ!
03.新しい季節へ君と
04.ハロー人生!!
05.デーデ
06.悲しみの果て
07.今宵の月のように
08.戦う男
09.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.Destiny
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日
20.風と共に


【第2部】
21.ズレてる方がいい
22.奴隷天国
23.コールアンドレスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン


【アンコール】

28.花男

 

前日と同じセトリかな?
「Destiny」はもうすっかりレギュラー扱いなんですかね。

 

ご当地Tシャツ&スタンプ情報

栃木の会場の様子と、栃木Tシャツはこちら↓

 

栃木スタンプはこちら↓

 ※後半戦も俺たちのエレカシ様のツイートのリンクを貼らせていただいてます<(_ _)>

 

 

ライブレポ

f:id:y-passage:20171011173224j:plain

 

宇都宮は真のロックバンドだとあらためて実感するような激しくてパワフルで興奮するものすごく楽しいライブだったそうです!

ここのところ、音響がとても良いというレポをよく目にします。
けっこう音響の良さは重要ですよね。
音が気になるとライブに集中できませんし。

宮本さん目がキラキラ!目ヂカラが凄かったというレポ!

短くなった髪で、「ファンティングマン」ではピョンピョン飛び跳ねながら歌う宮本氏はまさに少年そのものだったそうです^^


最初の「歴史」のあたりは声がすこし辛そうだったというレポも見ましたが、だんだん調子が出て行ったようで、やっぱりアドレナリン+宮本氏の底ヂカラはさすが。


曲は、やはり「生命賛歌」がひときわ凄かったようですね。
演奏もとてもカッコ良くて。
どの曲もライブで聴くのは格別ですけど、「生命賛歌」はもう突出してますね。

この日の「生命賛歌」も狂気に満ちた迫力!!!
舞台の下手側の扉を開けたとかなんとか(?)

ところで、「生命賛歌」の歌詞に出てくる印象的な言葉、「ひょうろく玉」ってなんのことかご存じでしょうか?

ひょうろく玉とは、「まぬけな人」、「愚かもの」のことを嘲る言葉だそうです。

「このひょうろく玉が!」などと人を罵るときに使う言葉らしいですが、無知な私はぜんぜん知りませんでした^^;
言葉自体は聞いたことはあったんですけどね。
「ドタマブッ飛ぶ」と続くので、鉄砲玉とか打ち上げ花火の玉のようなものをイメージしてました。

もともとは亀から来ている言葉のようです。

※ひょうろく玉の語源 

のろまな鈍くさい亀(ドンガメ)が、危機が迫っているにも関わらず手足+頭+尻尾の6つの部分を表に出しっぱなしの状態を表六(ひょうろく)としたことから、鈍くさい、うすのろ、まぬけな人間を指す。

 ※引用元:表六玉とは - はてなキーワード

 

でも、上記のページによると、「花火の一番小さい玉、瓢六玉から転じる。」という説もあるようなので、花火のイメージもあながち間違いではなかったかな?


あと、「やさしさ」も本当にいつも評判いいですね。
私も神奈川公演で聴いた「やさしさ」にはとても心打たれました…。 

サニーさんのコーラスもやっぱり素晴らしいようで必ずレポで言及される方がいます。
そういえば、ツイッターでサニーさんについての記事を紹介してくださってる方がいて、さっそくその記事を読んでみたのですが、実に興味深かったです。

インタビューの中ではサニーさんお得意のコーラスについてもたくさん話されていました。

SUNNY氏はサポートで自身が付いていた"売れている人"の声と自分の声との違いを感じたと語ります。 「僕自身、サポートでハーモニーを付けて丸く包み込むのは得意なんですが。売れている人の声は奇跡なのだと感じましたね」

 

一例としてメインボーカルが歌詞を間違った場合の対応を紹介してくれました。
「歌詞が違うなと思ったら、一瞬だけ歌うのを止めてよく聴き、どこを歌ってる? と考えてからハモります」
今年のライブでMr.Childrenの桜井氏が、SUNNY氏について「間違えて2番を歌っても、しっかり2番でハモって音の長さも合わせてくれる」と紹介する場面がありましたが、この技術があるからこそなんですね!

 

ライブというと、メインボーカルがフェイクを入れ、CDとは違うリズムや音程で歌うことが多くあります。SUNNY氏はハモリの声はフェイクに合わせても、キーボードのプレイは変えてはいけないことが難しいと説明します。
「キーボードのテンポまで変えたらバンドに影響するので、変えられません。そのため、頭の中に2人の自分がいる感覚で対応しています。初めは本当に人格が崩壊するくらい悩んだんですが、今は無意識のうちに出来るようになりました」

 ※引用元:キーボーディスト・SUNNYが語るMr.Childrenらとの秘話とハモリの真髄 - エキサイトニュース(1/7)

 
やっぱり、一流のミュージシャンのサポートをするくらいですから、凄い才能をお持ちの方なんですね…。

記事はこちら↓www.excite.co.jp

 

ではライブレポに戻ります。

ライブ中、宮本さんが石くんとせいちゃんに前に出るように指示を送るも、せいちゃん気付かずか一向に前に出ず、ついに宮本さんマイクを通して「せいちゃん」と声掛け。
そんなに何が何でも前に出させたかったのかな^^;
目に浮かぶようで楽しい(笑)

ライブ中、宮本さんまた寒かったようで、「ちょっと寒い」と言っていたとか。「風が集まってくる」とかなんとか。

そのすぐ後が「風に吹かれて」だったもので、みんなウケていたようですw

トミに「うるせぇ!」と何度か怒鳴っていたようですねぇ。
ドラムはなにかと当たられやすくて気の毒^^; 

石くんが生き生き演奏していたというレポがたくさんあってうれしかったです♪
栃木には石くんの実家があるそうです。
ご家族が見に来られてたのかな?
宮本さん、石くんの見せ場をたくさん作ってあげたのかも^^

「宇都宮は石くんの地元です!」と何回も言っていたそうですw

 

「テクマク~」では、客席に向かっておしりペンペン、そのまま横へ移動‥‥‥と、自分の想像が合っているのか定かではありませんが、なかなか笑える光景^^;

最後はトミがタオルを回していたそうです!
めずらしくないですか!?

この日は何だかメンバーのレポがとっても多くて、いつもは宮本氏のことばかり書くこのブログもメンバーレポが多めになってます^^

 

MCレポ その他

この日もびっくりするような事実がMCによっていろいろ明らかになりました。

まず、新曲のミュージックビデオについて。

・上半身ハダカだし金粉を塗ってるし、サラリーマンみたいな格好もしている

・かなり気合を入れて撮ったんだけど、顔が和風だし浮腫んでるし、ちっともロックスターっぽくなかった

「おもしろいと思うのでぜひ見てください!」

 

最初レポを読んだとき、「金粉…?」と謎だったんですが、もしやラメのことを言っているのでは?という書き込みを見て、なるほど~と思いました^^;

一時期、女性芸能人がデコルテにさりげなく塗ってましたよね。
ああいう感じなのかな?
それとも、本当にキンキンきらきらの金粉だったりして。


また、

・石くんにiPadを借りていた。毎日自分を撮っていた。もう飽きた。

「元がいいから髪を切ってもカッコいいんですよ。」

「相当なナルシストです」

「でもナルシストじゃなけきゃ、みんなの前でこんなふうに歌えないですから」 


こういう宮本さんがいいんです。

宮本さんにはいつでも「自分は歌も顔も世界一」と思っててほしいです<(_ _)>


あと、インターネットについての話もあったそうで。

「ネットは見ない。見たくないものも見ちゃうので。」

 
これは私自身、思うところがいろいろあり…。
「エレカシ 宮本」とかで検索すると1ページに出てくるのは本当にロクでもない記事ばかりだった時期がありました。
わざと人の興味を引くようなあざといタイトルを付けて、中身はスカスカの読む価値のない記事ばかり。
本当に腹立たしくてたまりませんでした。
でも、最近は多少改善されてきたように感じます。
まだ変なのもありますけどね。
グーグルさん、もっとがんばって本当に良質な記事を検索上位に表示してください。
もし宮本さんがまた気になって思わずエゴサーチした時に、ちゃんとエレカシの魅力を分かっている人が書いた記事が1ページ目に並んでてほしいものです…。

 

「宇都宮に泊まったのは初めてです。日光には個人的によく来るんですが。」
日光東照宮にはよく行ってたらしいですね。

また、

「エレファントカシマシの音楽を大切にしてくれてありがとう」

なんてことも言っていたようです。

じーん…。


恒例のサニーさんのツイート。

 

 

 
移動中も楽しそうでいいですね^^
サニーさんも潤さんも、ツイッターでツアー中の様子を知らせてくれて本当にありがたいです。
思うんですが、サポートメンバーの方ってこういうところ本当にマメですよね。
蔦谷さんもブログでよくエレカシのこと書いてくれてましたし。
フジケンさんも。

私がはじめて参加したエレカシライブは「MASTERPEACEツアー」だったんですが、その時のサポートがギタリストの藤井謙二(フジイケンジ)さんでした。

そのフジケンさんがツアー中に書かれたブログがとても素敵なんです。
まだ読んだことのない方はぜひ!↓

ameblo.jp

ameblo.jp

 

それでは、また!