つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

エレカシファン的にはちょっと消化不良…「FNS27時間テレビ にほんのれきし」の感想


f:id:y-passage:20170922171512j:plain

 

9月9日放送の「FNS27時間テレビ にほんのれきし」。

www.fujitv.co.jp

 

一応ぜんぶ録画しましたが、すべてはチェックしてません。

リアルタイムで観たのはドラマひとつだけ。
エレカシの主題歌目的でしたが、ドラマもまぁまぁ面白かったです。

でも、肝心のエレカシ主題歌があまり目立たず、何だか期待外れ…。

主題歌だといって「めざましテレビ」でもわざわざ取り上げられていたわりには、こんなもん?って感じでした。ザンネン・・・

もっとドーンと大きな音でかかると思ってたなぁ。
ドラマ「過保護のカホコ」の源さんの曲みたいに、もっと曲が耳に残るように上手く使ってくれたらよかったなぁ。
…というのが、エレカシファンとしての本音。

だって、曲けっこう良かったし。
せっかくのエレカシ渾身の新曲を、なんか軽く扱われたような気がして…。
今のドラマはこういう作り方が普通なんでしょうか?
もしかして宮本さんも期待しながら寝ずにテレビを見ていたんじゃ…?と思うと何だか…。

 

「歴史ドラマの中で、自分たちの歌が高らかに流れるところを想像すると、それだけで高揚してきます。ドラマ共々俺たちの歌がみんなの心に届くことを夢見ています」


‥‥‥とインタビューに答えていた宮本さんのことを思うと、少々悲しくなります…。

 

どうやら、期待していた宮本さんの取材映像も放送されなかったようだし、せっかくの主題歌があんな感じなら、残りの録画も見直さなくても良いかな?

たまにチラチラ観ていた時は、面白そうなテーマのコーナーもありましたけどね。

全編収録の27時間テレビで、評判はどうだったんだろう?と思ったけれど、ヤフコメを見るかぎり、ダラダラ垂れ流すだけの生放送よりむしろ整理されてて良いとか、こういうアプローチも面白かったとか、わりと好感触みたいでした。

池上さんとたけしさんがしゃべっているところを昨夜すこし観ましたが、なかなか興味深かったので、あれだけ後で観ようかな。

歴史好きの宮本さんも、やっぱりちょっとくらい観ていたかもしれないな~

 

ところで、あの火縄銃を抱えた宮本さんの姿はこのままマボロシになってしまうんだろうか。
てっきりあの映像が流れると思っていたから、かなりガッカリしました…。

テレビって本当に世知辛い世界だよなぁ…。

これまでも期待させといてガッカリなんてことは何度もあったし。

歌謡祭で歌手を呼んでおいて歌わせずにダンスだけさせておしまいとか。
けっこうひどい扱いもあるんですよね。

それを考えれば、主題歌に抜擢してくれただけでもありがたいのかな。


そのうち新曲のリリース情報も出るだろうし、楽しみは先に取って置くとしますか。
エレカシ単行本の発売も近いし。

あまりスペシャルなことばかり起こるから、ちょっと麻痺してるのかなー。
27時間テレビのドラマ主題歌になっただけですごいことだし。
あまり曲がクローズアップされていなかったってだけで。


でもでも、こちらは凄い!↓↓↓

 

 
このニュースには飛び上がりました!

次はこの件について更新したいと思います!