つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

デビッド・ボウイの夢を見た


 

昨夜の夢に、なぜかデビッド・ボウイが出て来た。

なんだかやけにリアルな夢だったはずなのだけど、起きたら内容はすっかり忘れていた。

へんな生々しさだけが残って、朝から頭がボーっとしている。


たしかに私は高校生のころデビッド・ボウイの熱狂的なファンだった。

こんな記事も書いているくらい↓

www.tsutsuganaku.com

でも、もうずいぶん昔の話だし、彼の曲を聴かなくなってから何十年も経つのに、なぜ急に夢に出てきたんだろう?と考えて、昨日のロッキンでの宮本浩次の言葉を思い出した。

「生きる伝説です、私が。」


そのレポを見たとき、そういえば「私にとっての生きる伝説は誰だろう?」と考えて、ロジャー・フェデラーや、マイケル・ジョーダン、ボブ・ディラン、ジャッキー・チェン、マイケル・ジャクソンなどとともに、デビッド・ボウイの顔が浮かんだのだ。

それでデビッドが夢に出て来たんだろう。

(マイケル・ジャクソンとデビッド・ボウイはもうこの世にはいないけれど)


デビッドは2種類の声色を持つボーカリストで、エキセントリックな感じの高音と、深みのある低音が、当時は別の人が歌っているのかと思ったくらいまるで別物なのです。

私にとって彼の音楽の魅力は声と歌詞。
あと、あのカリスマ性もすごかったなぁと、今になって存在の大きさに飲み込まれてしまうような気分です。

彼のCDや写真集がたくさんあったのに、今はどれ一つとして無いのが不思議でしかたない。

いつ捨てたのかまるで思い出せない。

でも、断捨離してしまったんだろうなぁ。

唯一、彼の出演した映画「ラビリンス」のサウンドトラックだけは手元に残っている。

あと、これ。
デビッド・ボウイとミック・ジャガーが共演した「Dancing In The Street」。

 

当時、テレビで録画したのを何度再生したことか。

2人とも生き生きとしてカッコいい。
今も動画があってうれしい。

今あらためて見てみると、私の好みのタイプは間違いなくミック・ジャガーなんだけど、なぜかあのころはデビッド・ボウイに本当に夢中だった。 

若い頃の「好き」のパワーってすごいですよ。
生活すべてがそれになってしまう。

本当に本当に、デビッド・ボウイが大好きだった。

また夢で会いましょう。 

 

レガシー ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ【2CD】

レガシー ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ【2CD】