つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

NHK「うたコン」にエレカシが出演!番組を観た感想



NHKの「うたコン」、娘の誕生日と重なったにも関わらず、リアルタイムでしっかり生鑑賞しました。

www4.nhk.or.jp

 
いきなり里見浩太朗さんや氷川きよしさんたちが時代劇の扮装をした寸劇からはじまるものだから、まさか彼らも何かの役を割り振られているのでは……?なんてヘンな汗をかきましたが、大丈夫でした^^;

ゲストが一並びになるシーンでは、いつもの定位置である端っこに4人の姿を確認し、「おお、いるいる!」と大興奮。

ただ、その後の着席トークにはエレカシの姿は見えず、その後つぎつぎにゲストたちが歌いはじめても、一向に彼らは姿を現さず、まさかトークにいっさい参加しないのでは…⁉ と不安がよぎる…。

存在を消されてしまったかのようなエレカシの姿を探しつづけ、45分間まったくテレビ画面から目を離せませんでした。グッタリ…


エレカシがようやく姿を見せたのは、最後の最後。
まさかのトリです。

しかも、エレカシだけ他の人とセットの雰囲気がガラリと変わり、実にエレカシらしいシンプルな舞台が用意されておりました。

トークは、そのセットの前で谷原さんと宮本さんの2人のみ。

「風と共に」を「みんなのうた」で歌うことになった経緯なんかをサラッと話して、すぐに歌へ。
宮本さん、すごく緊張しているのが伝わって来てハラハラ。
「40周年で、、」とか言ってましたけど、エレカシが30周年、みんなのうたで歌うのが40年ぶりってことなんで、ちょっと誤解を生んだかもしれませんが、まぁいいかそんなことは。

 

披露した歌は新曲「風と共に」。
ちょっと声が出づらいところがあり、これまた手に汗を握りながら見守っていました。

でも、他のゲストとは明らかに違うあの歌唱法に、声の出が今一つでもやっぱり宮本さんの歌というのは聴く人にドーンとうったえる力を持っているなぁ…と感じました。

首の血管の浮き出方とかすごかったし。
ファンは慣れてるけど、はじめて観た人は思わず目を見張ってしまうのではないかなぁ。

まぁでも、終始アウェイ感がただよっていて、落ち着かない生放送でしたねぇ^^;

とは言え、エレカシの扱いは他のゲストたちとは明らかに違いました。
いい意味で。

また紅白への夢がむくむく膨らんできました。
もう、出るなら今年しかないでしょう!

しかし、番組の終わり方があまりにもブツ切りで啞然…!
まったく余韻ゼロでしたね(笑)

一瞬で次の番組がはじまって、目はそれを見ているんだけど気持ちが追い付きませんでした^^;

録画なんてまだ谷原さんがしゃべっている途中で切れてるし。

ということは、かなりギリギリの進行だったということですね。
時間がないのに、ちゃんとエレカシトークを入れてくれて感謝です!

ただ、惜しむらくは、演奏が当て振りだったこと。
これはかなり残念でしたよ…。

なんでなんですかねぇ。
いろいろ事情があるんでしょうけど。

 

番組の観覧に行っていたエレカシファンの人たちがツイッターでいろいろ情報を載せてくれていました。

それによると、声援は氷川きよしさんが圧倒的だったそうですが、エレカシの時もびっくりするくらい声援が飛んでいたそうな。

うれしいですねぇ。
現地のエビバデさんたちに本当に感謝…。


楽しみにしていた「うたコン」も終わり、次のテレビ出演はないのかな~?ともう次を期待していますが、夏フェス情報もいろいろ明らかになって来ていますね。

 

「SUMMER SONIC 2017」のタイムテーブルが発表されました。

エレカシは以下のようになってます。

8月19日(土) 東京公演:16:15〜 MOUNTAIN STAGE
8月20日(日) 大阪公演:17:20〜 MOUNTAIN STAGE

 

www.summersonic.com

 

また、ライブフィルム「エレファントカシマシ~1988/09/10 渋谷公会堂~」ですが、ソニーで購入すると「ジャケット写真見開き絵柄B3ポスター」の特典がついてくるそうです。


それでは、また♪

 

※2017年7月24日追記

「うたコン」ブログに、エレカシ記事がアップされています!

www.nhk.or.jp