つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【在宅ワーク】ランサーズで少し単価の高い記事に挑戦してみたけど案外書けるもんですね。


 

前回、ランサーズで記事を書き、3時間で1,000円の報酬を得たという記事を書いた。

 

www.tsutsuganaku.com

 

あれから火が付き、連日記事を書きまくっている。
書けば書くほど、さらにラクに書けるようになってくる。

気を良くした私は、これまでよりちょっと高単価の仕事に挑戦してみた。

これまではだいたい1000文字以内で100円から良くて200円、1000文字以上で300円くらいまでの仕事しかやってこなかったんだけど、思い切って金額指定を500円~で検索してみると、意外に私でも書けそうな案件がちらほらある。

その中で、私の得意分野であるスキンケア関連の案件をひとつ見つけた。
報酬は、1000文字500円。
1文字0.5円は、私にとってかなり好条件な仕事である。
さっそく記事を書いた。


1000文字というのは、例えばこのブログだったらあっという間に到達してしまう文字数である。
好きなことだったら1000文字だって2000文字だって、いや3000文字だってそれほど苦もなく書けてしまう。
好きなことを書いている時は、時間もあっという間に過ぎていく。

でも、仕事として取り掛かる文章だと、1000文字というのはけっこう時間が掛かるし手間も掛かる。
それだけの文字数を書くには内容も詳しく踏み込んでいかなければならないので、テーマに関する知識がないと必ずボロが出る。
また、長文になればなるほど無駄がなく読みやすい文章になるよう心掛けないといけないし、文章の構成も読み手にストレスのないように考えないといけない。

普段、選んでいるのは、500文字とか800文字とかが多いんだけど、そのくらいだと割とすぐに文字数をクリアできる。

でも1000文字を超えてくると、やはり文の構成をより意識するし、苦手な分野だと書けども書けども必要文字数まで到達せず、「ダメだ、もっと話を広げなくては・・・」となる。

 

f:id:y-passage:20170506145904j:plain


今回はスキンケアに関して自由に書ける案件だったので、「これならいける」と思って作業を開始したのだけど、やはり1000文字となるとそれなりにしっかり作り込んだ記事になるので、得意分野とは言え少し手こずった。
何度も修正を加えたり、途中で構成を変えたりもして、結局1200文字くらいになってしまった。
でも1時間かからず書き上げることが出来たので(55分くらい)、これで500円もらえるなんて、これまでの報酬を考えたら超うれしい^^

ちなみに文字数は多い方がクライアントには喜ばれるそうで、増える分には一向に構わないようである。
中には例外もあるだろうけど、だいたいの案件が「○○○文字以上」となっていることからも、確かにそう言えると思う。
なので、仕事をもらえるライターになるには、常に多めの文字数で提出するのがコツらしい。

で、次の日には無事に承認されて入金もされた。
我ながら、なかなかいい記事を書けたんではないかと思う^^

これからはこういう高単価な仕事を見つけてどんどん挑戦していこう。
いい案件は早い者勝ちで取り合いになるので、いい仕事がしたかったら日に何度かチェックをした方がいいんだろうけど、外で仕事をしているとそれも難しい。
とにかくまずはいい仕事を見つけることが大事だ。
報酬が安くても経験を積むためにわりと何でも書いてきたけど、これからはもっと仕事を選ぶようにしよう。

 
そうそう。
ランサーズのマイページに「招待された仕事」という項目があって、これまではこんな無名なライターに仕事の依頼なんか来るわけないし・・・と一度も見たことが無かったんだけど、先日なんとなくクリックしてみたら、なんと招待が1件来ていてビックリしてしまった。

健康についての記事を書くライターを募集しており、報酬は1文字1円という高単価だった。

ただ、すでに期間が終了していたので応募をすることは出来なかった。
たぶんメールで知らせも来ていたんだろうけど、特に気に留めていなかったので気付かなかった。

これは別に私に直接依頼が来たってわけではなく、健康系の記事を書いてくれるライターを探していただけなんだろうけど、それでもたぶん私のプロフィールを見て声を掛けてくれたわけで、もしリアルタイムで気付いていたら挑戦してみたかったな~と残念である。

いつか私にも1文字1円の仕事が出来る日が来るんだろうか。
1000文字書いて1000円、2000文字書いて2000円。
なんて素晴らしいんだろう。

このくらい報酬をもらえるのなら、ライター専業で十分やっていかれるよなぁ。


そんな夢のふくらんだお話でした。


それでは、また^^