つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【在宅ワーク】ランサーズで3時間記事を書き、報酬は1,000円になりました。


 

f:id:y-passage:20170428122630j:plain

 

在宅ワークをほそぼそ続けている。
でも、ヘルパーの仕事に、家事に、子どものこととか色々やっていると、なかなか在宅ワークにかける時間が取れないのが悩みどころ。

本当は前も書いたようにヘルパーの時間数をもう少し減らして、その分在宅ワークで収入を得られるようにしたい。

ヘルパーは私に合っていてすごくやりがいのある仕事だとは思うんだけど、体の調子が不安定な今、日に何人もの人に会って限られた時間内でやるべきことをやるというのが、たまにしんどく感じてしまってツライのだ。

あの「絶えず時間に追われている感」が体調の悪い日にはとてもしんどい。
もっと仕事量が減れば、もう少し自分のペースを保てるような気がするんだ。

 

・・・と思い、いったい在宅ワークを本気でやったらどれくらい稼げるのだろうかと、今日の午前中ランサーズで記事をかきまくってみた。

8時に娘を学校へ送り出し、洗濯物を干してから、ずっとパソコンに向かってキーボードを打ち続けた。
掃除も食器洗いも何も手をつけずほったらかしだ。

8時過ぎから、さっきアップしたユニクロの記事を書き始める11時までの間、7件の作業をし、報酬は1,010円となった。

100円~300円くらいまでの仕事を色々やってみた。

3時間くらい集中して在宅ワークをやると、とりあえず1000円くらい稼げることが分かった。

 

【スポンサーリンク】
 

 

例えば、毎日1,000円を在宅で稼ぐと、月に3万円になる。
この3万円というのは当初私が目標にしていた数字だけど、無駄なことをせず集中して行えば1日3時間弱くらいの作業で達成できそうだ。

と言っても、これでは時給に換算するとたったの300円ちょっとである。
でもこれからさらに続けて行けば作業が早くなって掛かる時間はもっと少なくなっていくかもしれない。

ヘルパーの仕事を減らせば、1日3時間くらいなら何とかなりそうだ。
でも土日はそれだけまとまった時間パソコンに向かうのは難しいから、その分ヘルパーが休みの日にまとめて作業するしかないかな。

 

で、今やっているような安い仕事だけじゃなくて、もっと高単価の仕事が出来るようになれば、収入はさらに上がっていくだろう。
月に5万くらい稼ぐことが出来たら、もうこっちの方がメインでヘルパーが副業になってしまうなぁ。

 

最近は、昔にくらべてずいぶん書ける記事が増えてきたし、ひとつの記事を書く時間も大幅に減ってきている。
要領が掴めてきたのだと思う。

最近は、募集案件を見ながらすでに頭の中でどういう文の構成にするかが浮かぶようになってきた。
調べることが必要な案件もあるけど、以前に比べるとポイントを絞ってさっさと調べられるようになったので、それほど苦ではない。

昔は何でもかんでも真剣に取り組み過ぎた。
ポイントを押さえることが大切なのだ。
無闇な労働は価値を生まない。
クライアントの要望をきちんと組んで、求められている記事を書けなければダメなんである。

ようやく求められてる記事がどんなもんかというのが、肌で分かるようになってきた気がするのだ。
このはてなブログで色んなブログに触れさせてもらった影響も大きいと思う。

 

とりあえず、今年の初めに立てた目標が「在宅ワークに本気で取り組む」だったので、もっともっと本腰入れてがんばってみようと思う。