つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【エレカシ30thツアー】茨城「茨城県立県民文化センター」2017.4.22セットリスト


 

茨城もまたものすごい熱気だったようですね。
「生命賛歌」がとにかく凄かったようで、いろんな人の感想を読んで興奮してました(笑)


では、まず茨城公演のセットリストです。

 

2017年4月22日(土)茨城 県民文化センター セットリスト

 【第1部】
01.歴史
02.今はここが真ん中さ!
03.新しい季節へ君と
04.ハロー人生!!
05.デーデ
06.悲しみの果て
07.今宵の月のように
08.戦う男
09.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日

【第2部】
20.ズレてる方がいい
21.奴隷天国
22.いつか見た夢を
23.コールアンドレスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン

【アンコール】
28.友達がいるのさ  

 

 セットリストは前回の山梨と変わりないようです。

 

その他の情報

茨城のスタンプはこちら↓

 
※前回に続きツイートを引用させていただきました。


茨城Tシャツはこちら↓

 

 

今回の茨城公演、チケットが完売だったそうです!
宮本さんご本人もMCで

「チケットがソールドアウトなんです!自分でも信じられません!」

と言っていたそうですよ。

うれしいなぁ~^^


でも今回のツアー、けっこうチケット売れているようです。
すでにソールドアウトの会場もあるみたいだし。

やっぱり「俺たちの時代が来た」のでは、、、!?

 

MCあれこれ

いつものように曲紹介を丁寧にしているようですねぇ。
初日の大阪でもそうだったけど、一曲一曲回想しながら曲への思いを語る宮本さん、すごくいいですよね。

曲がひとつできあがってそれが世に出ていくまでは様々な行程を経なくてはならず、一曲リリースするにも大変な労力が掛かっているもんな。

ようやくCDとなって私たちの元に届いたときは、宮本さんだって「やっと!」という気持ちだろうなぁ。

きっと宮本さんは一曲一曲に対してその時の気持ちをいつになっても忘れておらず、だからライブで何度も何度もその思い出を私たちに話して聞かせてくれるんだろう。

正直同じ話を何度も聞いているんでね、もう知ってるよーという話も多いんだけど、でも不思議なんだよねぇ、何度聞いてもグッと来ちゃう。

 

色んな方がMCをレポしてくれている中で一番印象的だったのは、あるお客さんが大きな声で「30周年おめでとう~!!」と声を掛けたそうなんですが、それに対し宮本氏が、「ありがとう」と返したというエピソードですね。

タイミングも良かったんだろうけど、声掛けに返事を返すのってめずらしいですよね。その昔、お客とやり合っていたのは別として、、。

これは会場にいたファンの人たちみんな嬉しかっただろうなぁ。
いい雰囲気だったんだろうな、きっと会場全体が歓迎ムードで。
素直に「ありがとう」と返せるような温かい空気だったんだろう。
レポ見て私も気持ちがあったかくなりました。

 

「ハナウタ」にて。

エレカシの代表曲。タイアップが付くと「俺が商品を売ってやる」くらいの勢いで全力で作る。 

 

「桜の花、舞い上がる道を」にて。

桜と空のコントラストが綺麗。コントラストってなんですか?対比?  桜の花はさすがの俺でも綺麗だと思います

 

また「生命賛歌」では、痙攣がいつにも増して激しく(笑)、マイクで床をガンガン叩いたりしていたそうな。

最後の「友達がいるのさ」では、♪ 茨城中の電気を消して ♪と歌ったそうですよ。

 

次は、千葉!

そして今夜もライブがあります。
場所は、「千葉」!!

といっても、もうそろそろ終わる頃でしょうか^^;


気になる「千葉Tシャツ」はこちら。

 

むむ、今ライブが終わったようです。
セトリをチェックしてきます!


それでは!