つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【エレカシ30周年】発売された音楽雑誌、週刊誌等を読んだ感想。「Rolling Stone」 「Talkung Rock!」 「JAPAN」


f:id:y-passage:20170406135149j:plain

 

まだこれから出るのもあるんですが、とりあえず30周年関連でこれまで私が買った雑誌を並べてみました。(もっとあった気がするんですが・・・)

買ったはいいけど中々ゆっくり読む時間がなかったのだけど、「今夜は雑誌を読む」と決めてようやく一冊ずつ手に取ってじっくり読みました。


「デビュー30周年」ということで、やはりこれまでの30年を振り返る内容のインタビューがほとんどですが、雑誌によってそれぞれ雰囲気も違えば広がる話題も異なり、なかなか興味深かったです。

 

「Rolling Stone」

特に、画像右上の「Rolling Stone」宮本浩次1万字インタビューでは、エピックソニー時代の宮本氏の心情がとても深く掘り下げられており、「そんな風に感じていたのか」とか「実際はそうだったんだ」と、私もはじめて知る内容が多く、宮本さんの本音が本当に正直に語られていてとっても読み応えがありました。

エピック時代の曲のことを「すごく質は高いけど浮世離れした骨董品の置物みたいな曲」と評している宮本氏。

アルバム「生活」「エレファントカシマシ5」について、あれをメジャーで出したことに対し自ら「すごい」と語っていますが、自分でもそういう自覚があったんですね^^;

私はエピック時代のアルバムをけっこう今も聴くんですが、「2」と「5」がとにかく好きなんですがね、でも一番最初に買って衝撃を受けたのが「浮世の夢」だったんです。

今でもあの時の衝撃は忘れられません。
あんな曲を聴いたのは生まれて初めてだったし、普通に世間で売られているアルバムとして、これはあり得るのかと、とにかく度肝を抜かれたものです。

その「浮世の夢」を作っていた頃の背景も語られていてうれしかったです。

エピック期の宮本氏はやたらと苛立っている印象が強いですが、その苛立ちの理由の一つがこのインタビューでよく分かりました。

とにかく宮本さんが何とかしようと必死にもがいていたのが強く伝わってくる内容で、これは読めて良かったなぁと思いました。

 

ローリングストーン日本版2017年SPRING

ローリングストーン日本版2017年SPRING

 

 

「Talkung Rock!」

次に画像の手前左の「Talkung Rock!」ですが、これもエレカシ30年の歴史について語られていますが、「Rolling Stone」よりは少しサラッとしているかな?

でも、映画「のぼうの城」のタイアップの話をもらい、「ズレてる方がいい」の制作から、夏フェス、そして急性感音性難聴になるまでの期間の話が、宮本氏目線からとてもくわしく語られており、ファンとしては興味深かったです。

インタビュアーの吉川編集長の話の誘導が上手いのか、宮本氏「ここまでの話の流れが素晴らしい!これはとてもいい内容ですよ(笑)」と絶賛していますw

宮本氏のインタビューの次に、石くん、トミ、成ちゃんの、3人へのインタビューが掲載されています。

ミヤジを抜いた3人だけにインタビューってなかなか無い試みですよね。(個々へのインタビューはこれまでにもありますが)全部の雑誌を買っているわけではないので、他でもあったかもしれませんけど、、。

3人のインタビューでは「笑マーク」がたくさん!
無口な成ちゃんもけっこうしゃべっているし、和気あいあいとした雰囲気でみんなとっても楽しそうでした^^
何だか吉川さんもリラックスしてるし、石くんいじりが面白かったです(笑)

ここでも4人の結束の固さを再度確認し、またトミの「いつもミヤジの作った曲に感動して、それの連続でここまで来れた」という言葉にジーンと来ました。

そして何よりこの「Talkung Rock!」は表紙がいいですよね^^
今回だけでも4人表紙の雑誌がいくつかありますが、私はこれが一番好きですねぇ。
4人の表情が本当にいいですよね。
ちょっとアート感も漂っていて。
「JAPAN」も微笑ましくて好きですけどね。

 

Talking Rock!(トーキングロック) 2017年 04 月号 [雑誌]

Talking Rock!(トーキングロック) 2017年 04 月号 [雑誌]

 

 

「ROCKIN'ON JAPAN」

もう「JAPAN」ですから。
山崎洋一郎氏のインタビューですから。
読む前から他の雑誌とは一線を画す内容だろうと期待していました。

「おめでとう!エレファントカシマシ」デビュー30周年永久保存版大特集!!

ということで、いろんな企画を盛り込んだ36ページにも及ぶ大特集です。

まず表紙もすごくいいんですが、中の写真がまた素晴らしいです。
撮影はあの平間至さん
中には、まるでアイドルグループかのような4人の写真もあるんですが、これが何ともかわいい(笑)
それ以外の写真も本当に良くて、切り取って額に入れて部屋に飾りたいくらいです。(でも2ページに渡ってるのは難しいかぁ・・・)

そしてこれまた素敵なポスター付きです。
表裏で、ミヤジ一人の写真とメンバー4人の写真がありますが、メンバーで写ってる方がとっても素敵です。オススメ!

そしてインタビューですが、気心知れた山崎さんが相手だからか、宮本さんもとてもリラックスして、ただもう普通におしゃべりしているかのように自然な雰囲気で話されてます。
気負うことなく安心して本音をさらけ出してる、みたいな。

内容は、
・エレカシ10大事件簿
・27名のアーティストからのメッセージ
・30年分の「宮本語録」
・宮本氏、生い立ちを語る秘蔵インタビュー

・・・となっています。

「エレカシ10大事件簿」では、乾布摩擦の結成式やデビューのこと、財産持ち逃げ事件や難聴になった話など10件の話題を取り上げてそれぞれお話しています。
財産持ち逃げ事件のところは短かったけどちょっと胸が痛みましたねぇ・・・。
今は半分ネタのように話すことが多いけど、渦中にいる時は本当に辛かったんだろうなぁ・・・。

そして「27名のアーティストからのメッセージ」はとても貴重ですね。
個人的には奥田民生さん、チャボさん、ダウンタウンの浜田さんからの言葉がすごくうれしかったです。
それ以外の皆さんもとても熱いメッセージを寄せてくれてます。
みんなエレカシが大好きなんだなぁ、とうれしくなりました^^
そして前にも書いたけどミスチル桜井さんの質問②に対する言葉が、エレカシをものすごく巧みに言い表しているなぁと。
「まさに!」と膝を打つような気持ちになりました。

最後に「宮本氏が生い立ちを語る秘蔵インタビュー」ですが、まさに宮本氏の語り口調で綴られています。
読んでいると、宮本さんの歴史とともに、彼の人となりがよく分かります(笑)
それにしても、昔の話をする宮本さんを見ているといつも思うけど、よくあんな昔のことをあれほど詳細に憶えていますよねぇ。
普通は忘れてしまいますよ・・・。
歌の歌詞もそらでスラスラ出てくるし、やっぱり凡人とは脳の造りが違うんだろうか?

宮本氏の言葉を追っていると、ふと頭の中にある特定の曲が浮かび上がることがあり、「ああ、あの曲はこういう背景から出来た曲なのかな」などと思ったりします。
昔はコンプレックスだったことも、人生を重ねていく中で彼なりの答えを見付け、それがいずれ曲となり圧倒的説得力を持って我々の元に届いてくるんでしょうね。
そう思うとやはり宮本氏の曲は宮本氏そのもので、曲を聴く私たちは彼の人生と自分の日々を重ね、何度も何度も彼の歌を聴きながらそれぞれの心の形に落とし込んで行くのでしょう。

「JAPAN」は内容もボリュームも凄くて、読んだあとはしばらく魂が抜けてしまうくらい濃いエレカシを堪能できます。
知ってる内容もたくさんあったけど、でも改めてこうしてまとめてエレカシの歴史を眼前に広げられると、やはり圧倒されてしまいますねぇ。
30年って凄い。

 

ロッキング・オン・ジャパン 2017年 05 月号 [雑誌]

ロッキング・オン・ジャパン 2017年 05 月号 [雑誌]

 

 

まだ3冊分しか書いていないけど、けっこう長くなってしまったので今日のところはここまでにしておきます。

また他の雑誌についても近々感想を書こうと思います。


それでは、また。