つつがなく

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

【在宅ワーク】プロジェクト案件かタスク案件か。

在宅ワーク

 

f:id:y-passage:20170203213415j:plain

 

WEBライターの仕事を日々頑張っている。
今はタスク案件ばかりを選んでやっていて、早くプロジェクト案件に挑戦しようと思っていたのだけど実際はそう簡単にはいかないようだ。

 

先日とあるブログで、プロジェクト案件よりタスク案件の方がずっと効率がいいという記事を読んだ。

プロジェクト案件だと手直しを依頼されたりしてトータルすると結局時間がかかってしまって割に合わないらしい。

その点タスク案件は作業を終えればそのまま案件終了だ。
作業をすれば確実に報酬につながる。

 

とは言え、やはり継続的に仕事をもらえた方が安心できる気がする。
タスク案件はその都度自分に出来そうな仕事を探さなくてはいけないし、毎回これと思えるような仕事があるわけではない。

それにタスクはあまりに報酬が低すぎて、やっててアホらしく思う時もある。
今は勉強だと思って安い仕事もしているけど、目標は1文字1円の仕事をコンスタントにしていきたいと思っている。

 でもプロジェクト案件も結局時間が掛かって面倒なら、同じことなのかなぁ・・・。
WEBライターだけで十分な報酬を得ている人もいるようだけど、そういう人たちはもうランサーズを通さず個別にクライアントとやり取りしているケースもあって、やっぱり実力と実績がモノを言う世界なんだろう。

どっちも無い私にはまだまだ程遠い世界だ・・・。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

しかし、文章を書くというのは不思議だなぁと思う。
これだけ毎日のように色んなことを書いていたら、いつか書くことが尽きて何も書けなくなってしまうような気がしていたが、まったくそんなことはない。

書いても書いても、いくらでも新しく書くことができるものなんだね。

ただ仕事で書く文章はなんとなくスタイルが決まって来たというか、ちょっとマンネリ化してきてる気がする。

体験談とか自分の感じたことを書くのならまだオリジナリティが出せるけど、わりとノウハウ記事が多いのであまり独りよがりな内容は書けないのだ。

私はやっぱり自分の体験談などを書く方が好きで、そういう仕事ならさくさく進められるけど、ノウハウ記事になると下調べにも時間がかかるし文章も何だか固くなるし、書いててあまり楽しくないんだよね。

この間、スキンケアに関する記事の案件があったので、得意分野だ!と思いさっそく書こうとしたんだけど、いざ取り掛かろうとしたら色々と決まりごとが細かく設定されててすごく面倒で、結局やめてしまった。

ああいうのもサクサク書けるようになるともっと仕事の幅が広がって行くんだろうけど、今の私ではものすごい時間が掛かりそうで取り掛かる前に躊躇してしまう。

 

いっそ、データ入力とかやってみようかな。
面白くはなさそうだけど。

なんでもそうだけど、やっぱり仕事をするって大変だよな~。