つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

今年の抱負|在宅ワークに本気で取り組む


 

遅ればせながら今年の抱負を書く。

今年はなんといっても「在宅ワーク」をがんばる。
しっかり本気で取り組んでみようと思っている。

 

記事を書くなんて、誰にでも簡単にできることだ。
誰にでも簡単にできることだからこそ、ハードルは逆に高いと思う。
数多くのライバルたちの中で頭一つ抜きん出るためには、人より優れた記事を書かなくてはいけないからだ。

それにこの業界は私のような素人だけでなく、筆一本で稼いでいる本職ライターがごまんといる。

そんな中で果たして人より価値ある良質な記事が書けるのかどうか、本音はとっても不安だし自信もないけど、でも私の取柄はこれしかないんだからやるしかない。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

でも、何だかワクワクしている。
だって、やっぱり文章を書くのはとっても楽しいから。

それに自分の腕で稼いでいるという実感がすごくある。
やりがいがある。

 

いい文章を書くために、ライター向けの本を図書館で借りて来て読んだり、人の書いたコラムなどをいくつも読んで参考にしたり、最近はもう毎日が勉強だ。

こうして目標のために努力するのがとても楽しいしうれしい。
色んなことをたくさん吸収すればそれだけいい記事が書けるようになる。

 

ただ問題は、なかなかじっくり記事を書く時間が取れないことだ。
ヘルパーの仕事をしながらだから難しい。
家事もあるし、家族との時間も大切にしたいから。

それに、私がパソコンにかかり切りになっているとオットがあまりいい顔をしないのだ。

なので、どうしてもみんなが寝た後とかに一気に集中して書くから、寝不足がちになってしまう。
でもヘルパーの仕事は肉体労働だから、寝不足だと体がキツくて仕方ない。
そこが今のジレンマだ。

今後、もっと在宅ワークで収入が得られるようになって行ったら、介護の仕事は減らして記事を書く時間をもっと増やしたい。
できれば記事は家族が外出する昼間にガーッと書いて、夕方以降は家のことに専念したい。

そうすれば家庭円満、私の在宅ワークも上手く行く、と。

 

早くそう出来るように、今はとにかく足場を固める時期である。

 

「2017年は在宅ワークの地盤を作る」


それが今年の抱負だ。