つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

久しぶりなので近況報告をします


 

ほぼ10か月ぶりのブログ再開なので、まずは近況報告をしようと思う。

 

仕事について

仕事はまだヘルパーを続けている。
最近子どもの学費のために仕事量を増やしたら、腰は痛めるは、疲れて家事は疎かになるはであまり良いことがないため、ヘルパーの仕事は今後少しずつ減らして行こうと思っている。

そこで、これから減るであろう収入分を他の方法で補おうと、最近新しい仕事を始めた。
体力を酷使することもなく、時間の融通が利き、学校行事や家族のイベントごとを優先できて、具合の悪い時は心置きなく休める・・・
そんな夢のような仕事だ。

何かというと、「在宅ワーク」である。
一口に在宅ワークといっても色々あるけど、私のやっているのはWEBの記事を書く仕事だ。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 文章を書くのが大好き

昔から書くことが好きで、一銭の得にもならず誰にも頼まれもしないのに10年以上も前からずっとブログを書き続けてきた。
それより前は手書きの日記帳だ。
今もまだ残っているけど、本当に私は書くことが一番の自己表現の手段で、日記帳なんて自分の他には誰も読まないのに、毎日熱心にその日の思いを書き連ねていた。

そのくらい、私にとって書くことは話すことと同じくらい自然なことで、それはきっと今後も変わらないのだと思う。

でも、まさか書くことが収入の手段になるなんて、ちょっと前まではまったく思いもしなかった。
書くことを仕事にしているのは、作家や新聞記者、本職のライターくらいで、私のような素人が書いた文章なんて何の価値もないと思っていた。

 

 

クラウドソーシングとの出会い

でも、「クラウドソーシング」と出会ったことで、私のような一介の主婦でも記事を書いて報酬を得られることを知った。

 

クラウドソーシングとは・・・ひとことで言えば「WEB上で不特定多数の人に業務を発注すること」。

 

「発注者」はネットで不特定多数の人に向けて仕事の募集を行い、仕事を請け負う側はその中から自分に出来そうな仕事を選び、好きな時間で好きな分量の仕事をすることが出来る。

私は「ランサーズ」というクラウドソーシングサイトに登録しているのだけど、本当に様々な仕事があってビックリする。

正直、日記やブログと違って「仕事」なので、好きなことを自由に書くというわけにはいかないし、内容が細かく指定されていたり、締め切りがあったりしてやっぱり大変ではあるんだけど、でも何より自分の好きなことで収入を得られるというのがうれしくてたまらない。

単価は安いし、1000文字の文章を書くのもブログならあっという間だけど、「仕事」となるとそう簡単にはいかずやたらめったら時間がかかり、ちっとも割に合わないと感じることもある。

でも、これからもっと慣れて行けば作業スピードも上がって行くだろうし、実績を重ねて行けば、そのうち単価の高い仕事が取れたり直接依頼なんかもあったりするらしい。

なので、とにかく前向きにがんばってみようと思っている。

 

 

【スポンサーリンク】
 

生活について

生活も少しずつ変化が訪れている。
変わっていないのは、いまだダイエットが成功していないところと、映画や読書の趣味も相変わらずだ。

漢方薬は今はもう飲んでいない。
飲まなくても平気になった。
そこはずいぶん変わったかもしれない。
精神面に関しては。

眠れないことがずっと悩みだったけど、今はよく寝られるようになったし、エレカシも再び聴けるようになった。

パニック障害は全快とは行かないけど、ずいぶんラクにはなった。
でもこれはもう一生背負って行かなければならないものなので、あまり楽観視はしていないけど。

姑が認知症になり、薬を飲み始めた。
これからは関わり方が大きく変わっていきそうな気がして戦々恐々としている・・・。

 

子どもたちは元気に学校へ通っている。
息子はこの間のクリスマスに自分でケーキを焼いて部活のクリスマスパーティに差し入れしていた。
娘はいま編み物に凝っていて、自分でユーチューブの映像を見ながら編みぐるみを器用に作り、部屋に飾ったり友達へプレゼントしたりしている。

息子にも娘にもまったく感心してしまう。
2人とも自ら率先してやっているんだから。
自分の好きなことでこうして誰かをちょっとでも幸せな気持ちにさせられるって本当に素敵なことだ。

 

私も人の役に立てるような記事をたくさん書いて行きたいと思う。
いつかこれ一本でやっていかれるようになったらいいな、と思うけど、ヘルパーの仕事も好きだから迷う・・。

でもそれはまだずっと先の話だ。

今はとにかく、ヘルパーの仕事をしながら一本でも多くの記事を書いて行く。

がんばろうと思う。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」