つつがなく

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―






上野の西洋美術館でやっている「ボルドー展」を観に行ってきた。

今回の目玉になっているドラクロワの描いた「ライオン狩り」はものすごい迫力だった。
実はこの作品、火事で絵の上部が焼失してしまってるんだけど、
それでも凄い絵だった。


でも、その前に、
もっと衝撃的な絵があって、そっちの方がインパクト大きかった。
首を切られた人が自分のその首を抱えている絵なんだけど… 怖っ

(※調べたら「聖ユストゥスの奇跡」という絵だった。ここに画像を載せるのは少々憚られるので、興味ある方はググってみてくださいw)


あと約25000年前の石像だとか。

2万5千年前って…。



その後、時間もたっぷりあったので、
初めて常設展をゆっくり時間をかけて観ることが出来た♪

大好きなカミーユ・コローの絵があって感激!
ナポリの浜の思い出」というコローにしてはサイズがかなり大きい絵だった。

他にも見応え充分な内容で、さすが西洋美術館の常設展。

最後はモネの部屋になっていた。
壁を覆うほどの大きさの見事な「睡蓮」。
他にも画集やネットで観たことのある作品が何点か。


久々にたっぷり堪能した。
大満足。

さすがに歩き通しで足が限界だったので、美術館のレストラン「すいれん」に入る。





そんなに食べたいわけではなかったけど、
何か注文しなくちゃいけないので、モンブランのケーキセットを。

甘くて甘くて最後まで食べきれなかった(*_*;

目の前のグリーンに癒される。





やっぱり西洋美術館が好きだな〜

また来よう♪