つつがなく

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

借りた本

映画&本





新しく借りてきた本。
左下、姫野友美先生(心療内科医、医学博士)の本は、
先日読んだ溝口先生の本の中で引用されていて、ちょっと興味を引いたので借りてみた。
目次を見てみると大体溝口先生と同じようなことを言っている。

ヨガとアーユルヴェーダは何となく。
スマホ、ラインの本は、来たるべき時に備えて先取り学習。


最近、隣の市の図書館を利用し始めた。
大きな市なので図書館が4つもある。
それぞれで7冊ずつ、計28冊借りることが出来るという。
一番の魅力はその蔵書数。
探している本がうちの町や反対側の隣町に無くても、
たいていこちらの4箇所のどこかにはある。
その代わり、人気の本は予約数も半端でないけど。

でも最近感じるのは、図書館で借りた本は買った本ほど大事に読まないね…。
無料だからね、無意識にこちらもそれなりの扱いをしてしまうのかなー。
パラパラ飛ばし読みをしちゃったり。
買った本なら多少つまらなくても頑張ってなんとか最後まで読むものなぁ。
たいていは。

なんでもそうだけど、無料のものや安物って、自分にとって価値が低いというか。
自然とそういう見方をしてしまっている。
値段じゃないんだけどね、本当は。
でも掛けた金額で有り難みが変わってくる。

とはいえ、図書館がこの世から無くなってしまうととても困る。
家族全員、ずいぶん世話になってるし。
ありがたく思わないと。
借りた本も、図書館の存在も。