つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

「糖質の摂り過ぎ」と「たんぱく質不足」が不調をまねいていた


 

ゴールデンウィークがやっと終わってほっとひといき。
ずーっと家族が家にいるって疲れる…。
私だけ祝日関係なく仕事だし。
疲れて家に帰ってもやることいっぱい。
絶えず誰かが話しかけてくるし。

連休なんて嫌い嫌い。
今年は9月にも5連休があるらしい。
イヤじゃイヤじゃ。

こういう忙しさってホントは幸せなんだろうなぁとは思うけど、
一人の時間が無いと私はダメなんだもん。
一人でボーッとする時間が無いと。




溝口徹先生の本を読んで、本当にいちいち思い当たることがあり目が覚める思い。

今の私の悩みのほとんどが、
これまで良かれと思って続けてきた食生活が原因だったのかも…と思う。

溝口先生の推奨する食事とはつまり糖質制限なんだけども、
ここで奨める肉魚、卵、チーズって、アトピーには厳禁な食材で、
前に酷い湿疹に悩まされた時は皮膚科の先生にこれら全て禁止された。
これらを食べないでいると実際にアトピーが回復するもんで、
これまで肌の調子が悪いときはほぼシャットアウトしていたし、
普段から割とこれらを避ける生活をしていた。

その努力のかいあって、最近はほとんどアトピーを悪化させることなく無事に過ごしてきた。
たまに油の多いラーメンとか食べてアトピーが出ちゃっても、
数日これらを避けると、それ以上酷くならずに済んだ。

でも、こうして動物性たんぱく質を避ける生活をしてきたことが、
様々な不調を招く原因になっていたとは。
例えば魚の切り身は最初から3枚入りしか買わないとか、
肉料理も他の3人でぜんぶ取り分けちゃって、私だけご飯と味噌汁にサラダだけとか、
そんなこと普通にやってた。
ダイエットにもなるかと期待してるところもあった。
たんぱく質は大豆製品から摂るのが最良と、豆乳は毎日飲んでいたし、
納豆や豆腐も積極的に摂ったけれど、実は動物性のたんぱく質が大事だったのね…。

調べれば調べるほど、私の不調は糖質の摂りすぎとたんぱく質不足が原因ということがハッキリしてくる。
あと、溝口先生の本を読んで、鉄分が足りないんだろうなぁと思った。
昔から貧血でよく検診でも引っ掛かっていたけど、
最近は正常範囲で安心していた。
でも、隠れ貧血というのが女性にはよくあるらしい。
鉄分不足で出てくる症状に、思い当たることがたくさんあった。

あとびっくりしたことに、糖質制限パニック発作が改善したケースもけっこうあることが分かった。
本当に、パーン!と膝を打つ思い。
様々な不調は出るべくして出てきたのだ。
体からのSOSだったのだ。

でもひとつ心配なのが、
糖質制限で動物性たんぱく質を摂り続けたらアトピーが悪化するのではないかということ。
でも、溝口先生によるとアレルギーの原因はたんぱく質より糖質なんだとか。
なので、糖質制限でアレルギーも改善するということらしい。

もしそれが本当なら、私にとって糖質制限とは素晴らしいメソッド。
とりあえずアトピーのことは気にせずこのまま続けてみようと思う。
うつにもいいらしいので、オットにも徐々に勧めてみようと思う。
とにかく精神疾患にいいらしい。
脳のエネルギー源はたんぱく質らしいので、たんぱく質が不足すると脳にいろいろ悪影響を及ぼすとか。
自律神経もうまく働かなくなってくるし、気分が不安定で落ち込みやすくなる。

まったく、これまでどんだけ間違った食生活をしてきたのかと歯がゆい思いである。
アトピーの心配さえなければ本当にパーフェクトだな。

完全な糖質制限は無理そうだけど、甘いものと主食を出来るだけ控えてみようと思う。
不眠、動悸、不安感。
漢方でだいぶ良くなっては来たけど、糖質制限で体の根本から元気になりたい。
良くなってくれるといいなぁ。