つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

ツリーを出した日





今日はとっても暖かかった。
昼間は日差しに当たってると汗をかくくらいだった。

毎年この時期、お天気のいい休日にクリスマスツリーを出す。
今年は今日みんなでツリーを出して、
部屋中をクリスマス仕様にした♪

あ、メインツリーの写真撮ってないやw

玄関ドアのリースも。

ま、毎年同じものだけど。


今年はツリーを買い足したいなぁ。
玄関に置く小さいツリー。

新しいの欲しいなーとツリーを出すたび思うけど、
案外高かったりして、毎年悩んでいるうちにクリスマスが終わっちゃうんだよな。

写真の左側の馬小屋は、20年くらい前にドイツで買ってきたもの。
ローテンブルクという古い町にある、かわいいクリスマスのお店で。
他にもツリー飾りをいくつか買ってきて、それらは今も毎年ツリーに飾る。

こうやって、ちょっとイイモノ、
間に合わせで適当に買うんじゃなくて、ちゃんと自分が気に入ったものを、
年に一個ずつくらい買い足していって、
それが重ねた年の数だけどんどん増えて行き、私たち家族の部屋を飾ってくれる。
そういうのが素敵と思うんだよね。

100均とかで買った飾りもあったけど、
それって結局自分にとって100円の価値にしかならないんだよね。

消耗品や消えものはいいかもしれないけど、
残るものはやっぱりそれなりに長い付き合いになるんだから、
側に置くのに納得できるもの、愛着を持てるものがいい。

道具とかさ。

そういうのはなおさら。

調理器具とか、素材やデザインの気に入ったものを買うと、
値は張るけど、やっぱり使うたび嬉しくなるし、愛着も湧く。
自分が好ましく思うものに囲まれて暮らしたいもんね。
どうせなら。
選べるわけだから。

最近ハマってる鉄のフライパンが本当に良くてね…
南部鉄器のを買ったんだけどね。
もうほんと、鉄ラブ!
鉄大好き!

ま、この話はまたいつか書くけどね。


道具にはこだわりたいな、と最近思うのです。
部屋に置くものも。
目に入るたび、幸せな気持ちになるようなもの。

なかなかね、そんなのばっかり買うわけにいかない事情もあるんだけど。
そりゃ欲しいもの片っぱしから買えたらいいよねぇ。
でもそんなことしてたら経済が破綻するから、
やっぱり厳しく吟味しなくちゃいけないし、
間に合わせで気に食わないのもを買うくらいなら、無しで過ごす。
そういう取捨選択が必要だ。


ツリー、やっぱり今年も無理かな(^_^;)
欲しいけど。
うーん
これってのに出会ったら買っちゃうかも♪