つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

「モディリアーニを探して」 ポーラ美術館






箱根仙石原の森の中に、ひっそりと隠れるように建つ「ポーラ美術館」。
昨日、ひとりで車を運転して行ってきた。

箱根湯本までは30分かからずに着いたけど、そこからがけっこう長かった。
くねくねとした山道を登り、緑が深くなるにつれて雲が厚くなり、
美術館につく頃には霧雨が降っていた。
ついさっきまで晴れて暑かったのに、
空気はひんやりして、辺りには霧が立ち込めていた。

駐車場から美術館の入り口までは貸し出しの傘があり、
急な雨で傘の用意の無かった私は大助かり。
山の天気は変わりやすいので、こんな事態に備えて傘を置いてくれてるんだろう。

美術館はとてもモダンでオシャレな造りだった。
入り口を入ると壁がガラス張りで、箱根の山の緑が目に飛び込んでくる。
エスカレーターを降りてロビーへ行くとチケットカウンターがある。
事前にLAWSONでチケット引換券を取っておいたので、(大人は200円安くなる♪)
そこでチケットと引き換え、まずはその階にあるレストランやショップを偵察。
トイレを済ませ、まずはモディリアーニの展示から見始めた。

モディリアーニの絵は特徴的なので、
あまり詳しくない私も名前と絵の雰囲気くらいは知っていた。
特に興味は無かったんだけど、やっぱりホンモノを目にするとその絵の持つ力に圧倒される。
とは言え、そんなに好きな画風でもないし、
人物画はどれも同じような顔に見えてしまう(; ̄ー ̄A
しかしなんというか、ただならぬアート感が漂っていて、
絵画や芸術に関する知識のほとんど無い私にはちょっと近寄りがたい雰囲気だった。
印象派の絵画にはそんな感じは受けないんだけどねぇ。
例えば、小さなポストカード一枚部屋に飾っただけで、部屋の印象をガラッと変えてしまうような。
そんなパワーというか、圧力みたいなものがこの人の絵には込められてる気がした。

モディリアーニ展と銘打ってはいたけど、
他にもいろんな画家の絵が展示されていた。
上野のモネ展の時も、ルノワールピカソピサロシスレーなとなど、
印象派の画家たちの絵がたくさん展示されていたけど、
モネ展だからぜんぶモネの絵なのかと思っていた私はちょっと残念だったり得した気分だったり。
そういうものなのかしらねぇ?

しかし、モディリアーニ展と常設展を回り、その内容に感動!
名だたる画家たちの絵が盛りだくさんで、あちこちで感激しまくりだった!
もちろんモネ、ルノワールピカソゴッホ
そしてマリーローランサン
ローランサンの原画を見るのは初めてで興奮した!
この人を主人公にした小説を昔読んで、とても感銘を受けたことがあって。
ピカソとも交流があり、小説にもピカソが何度も登場するのだけど、
展示でも二人の絵が並んでいて、なんだかグッと来た。

私の好きなピカソの「海辺の母子像」は、モネ展以来の再会。
ポストカードも買った(^^)



左はモディリアーニです。


そしてモネ。




左上の「エトルタの夕焼け」が素晴らしかった。
幅1メートル以上ある(たぶん)大きな絵なんだけど、
ものすごい迫力で、5メートルくらい下がって眺めてちょうど良い感じだった。
本当に素晴らしい絵。
ポストカードを買ったけど、ショップで見つけた時、絵がまったくの別物でガッカリしてしまった。





そりゃサイズもこれだけ違うんだし、本物と印刷なんだから仕方ないけど、
でももうあまりの違いに、同じ絵だと認めたくないくらい。

モネはこちらの絵もすごく良かった。





そして、今回一番のお目当てだった3枚のうちの下の「グランドジャット島」。
モネ展の時にここポーラ美術館から西洋美術館に来ていて出会った絵だ。
どうしてももう一度見たくてここに来たようなものなのに、
なんと今回はこの絵の展示は無かった。
もしかしてまた何処かへ貸し出し中なのかな。
とても残念だった。


さて、今回は他にも初めて原画を見る画家が大勢。
キリコ、ユトリロセザンヌ、他にも初めて名前を聞く画家が何名か。

その中に、ひとめ見て夢中になってしまった画家が一人。
昨日も書いたシャガールだ。





この色彩、
ふわふわと重力感の無い人物、
訳のわからなさがメルヘンな印象を与えるけど、
どことなく不気味な雰囲気も漂っていて、ますます意味がわからない(笑)
なのに、なぜか惹き込まれる。
この世界に引き込まれる。

帰ってきてからずっとシャガールのいろんな絵をネットで見ている。
どうしよう、、、
モネやシスレー印象派が好きで、モネの睡蓮を部屋に飾ったばかりなのに、
すっかりシャガールに魅せられてしまった。


調べたら、今月25日から国立新美術館で行われる「チューリヒ美術館展」で、
シャガールの絵が展示されるらしい。
他にもたくさん。
モネも。

これはさっそく行こうと思う。
シャガール展、去年あたりやってたらしい…ザンネン。
とにかくシャガールを見られる機会があればどんどん出掛けて行こうと思う。


ポーラ美術館、
本当にいい美術館だった♪

これからは定期的に行く。
ひとりで行かれることがわかったし(^o^)

幸せな時間だった。
帰りの下り道が想像以上に怖かったけど。
次は帰りに温泉に浸かって来るぞ♪