つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

島崎藤村の本名は「島崎春樹」というらしい



こう涼しくなってくると、あったかい部屋で読書がしたくなる。
読書の秋だ、 まさに。

でもこれはマヤカシの秋なんだろう。
また来週から夏が戻ってくるらしい。
はぁ…

でも昨日も今日も本当に涼しくて、 日中も汗かくことがほとんどない。
やっぱり快適だ。


急に村上春樹が読みたくなって図書館に行ってきた。
村上春樹と重松清を借りた。

本当に秋が来て、寒いくらいになってきたら、 今度はホラー小説でも読みたいな。
映画はダメだけど小説なら大丈夫なのです。 
日本の小説がいいな。

読書の時間を捻出するのがけっこう苦労するのだけど…。
録画したドラマもどんどん溜まるし。


とにかく今は春樹ワールドにどっぷり浸りたい。

余談だけど、明治の文豪のひとり島崎藤村は、 本名を「島崎春樹」というんだそう。

どちらも私が住むこの町にゆかりのある作家なので、 春樹つながりと知りますます興味が沸いた。

村上春樹の本名は何て言うんだろう?
調べてみたら、非公開とな。

駅の近くに、村上春樹の好きな柿ピーを売ってる店がある。
一袋600円もするんだけど、興味津々で一度買ってみた。
スーパーで売ってるものとはまったく別物。
すごく美味しかった。

店の人の話では、実は彼は袋詰めのものではなく、 お好みでブレンドするらしい。
その配分まで尋ねるのはちと憚れたので、 とりあえず袋詰めのを買ってみたんだけど、本当に美味しかった。

島崎藤村が好きなお饅頭もある。
これも美味しい。
この町に嫁いでこれまでにたぶん100個以上は食べてるから、 もう自分でわざわざ買って食べることは無いけど、 上品な甘味の美味しいお饅頭である。

小さい町だけど名物はあれこれ多いかもしれない。
代々続く名店が多い。
観光地でもある。
とっても地味だけど、 歴史の町なんである。

今はもうかつての賑やかさもなく、 ただの地味な田舎町になってしまったけど、
このひなびた感が何とも好きだ。
不便ささえも愛してる。
海と山。
ところどころに潜む歴史の足跡。

本当は島崎藤村を読みたいんだけど、 前に図書館で手にとって数秒で挫折…(--;)
あれはとても読めんです。
岩波文庫は厳しい…。
新潮文庫はどうだろうか?
宮本先生なら問題なく読めそうだけどね。

夜明け前 (第1部 上) (新潮文庫)

夜明け前 (第1部 上) (新潮文庫)