つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

若きウェルテルの悩み



「しょせん人間というものには型は一つしかないね。
たいていの人間は大部分の時間を、生きんがために働いて費やす。
そして、わずかばかり残された自由はというと、
それがかえって恐ろしくて、そこから逃れるためにありとあらゆる手段を尽くす。
おお、人のさだめよ!」


図書館でちょっとパラッと読んだだけでも、
こういった文章にハッと引き込まれる。
本は少しずつ何日にもかけて読むより、
1日で集中して一気に読みきっちゃいたいタイプ。
まとまった時間が取れたら、いつか…いつか…って、
来もしない「いつか」を待ってるのがほとほとアホらしくなってきた。
本当に読みたけりゃ何より優先してとっくに読んでるよね。

あれもこれもやりたくて、でも取り組む時間(=意欲)が無いままに、
月日は過ぎて行く。
何もしてないくせに、いつも焦っている。
そして、いくらがんばっても解決しないことをいつも悩んでいる。

若者の悩みは、苦悩の中に夢や可能性も秘めてて、なんか絵になるけど、
中年の悩みはどうもあんまりカッコよくないよな。
悩より悟の割り合いを多くしてかなきゃ。
たくさん経験積んで来てんだから。
悩むより行動しなきゃいけない。
若者より、残された時間は圧倒的に少ないんだからさ。

悩みは悩みでそのまま置いといて、とにかく行動しないと。
悩みを解決してから、なんて思ってると、何にも出来ないうちに人生終わってしまう。
悩みも苦しみも痛みも、ぜんぶ抱えたまま行こう。
すべては自業自得。
まるごと抱えて進んで行こう。




まずは家にある未読の本を片付けないとなぁ。
買ったときはとても魅力的に見えた本も、旬を過ぎると途端に色褪せる。
旬のあいだに読まなきゃダメだ。
後で読もうなんて、そんなんなら買わない方がいい。
すぐにでも読みたい!と思える本だけ買うことだ。
そして一気に読んでしまうことだ。


なんだかテーマがひとつに定まってないから上手くまとまらないなぁ。

ほんとは違うことを書きたかった。(なんだそれw)
いっぱい書きたいことあるのに、
ほとんどは日々のどさくさに紛れていつの間にか消えてしまう。

エレカシのこともいっぱい書きたいことある。
たくさん語りたいのだ。
好きな音楽のこと。
彼らの魅力について。

日中、ふとした拍子にいい言葉や文章が頭に浮かんで、
これだ!と膝を打ち、家に帰ったらここから話題を広げて行こうなんて考えているのに、
いざ家に帰ってパソコンに向かうと、キレイさっぱり忘れている。
ちょっとしたキーワードでもスマホに記録しておけばいいんだろうけど。


さて、今週は本当に忙しい。
娘のキャンプも息子の運動会もこりゃ雨だなぁ。
キャンプは雨天決行だけど、運動会はそうも行かぬ。
延期かなぁ、面倒だなぁ…


あ、スポーツブラを買った。
ワコールのにした。
試着して少し走ってみたけど、やっぱり少しは揺れるなぁ。
でも垂れる心配はなさそう。
けっこうしっかりサポートしてくれる。
明日からジョギングね。
がんばって走ってみる。
あ、でも雨…(*_*)