つつがなく

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

「川瀬巴水 ―生誕130年記念展―」 大田区立郷土博物館



大田区立郷土博物館で開催されている「川瀬巴水展」。
3月2日まで、ということで、慌てて行って来た。

最初、サイトで詳細を確認していたら、
郷土博物館のサイトは大田区のホームページの中にあるのね。
一日で効率よくあちこち回りたいもんだから、
もちろん念入りにアクセスを調べたつもりだったんだけど、
何を勘違いしたのか、郷土博物館は大田区役所の敷地内かすぐ近くだと思い込んでしまい・・・
まず朝一で区役所のある蒲田へ行ってしまった

区役所に行き、郷土博物館の場所を探すも、
まったく影も形もなく・・・・
急いでるのに と焦って受付のお姉さんに尋ねたら、
なんと!博物館はここではなく、西馬込にあるという!

聞いたら、都営浅草線だとかバスだとか言ってるので、
めんどくさ!!!と思い、iPhoneのマップで検索したら徒歩45分とのこと、
歩いて行くことに決めた。

普段からウォーキングで鍛えてるし、45分なんてワケないと思っていたけど、
とんでもない誤算だった

荷物を抱えヒールのあるブーツを履いた身に、45分の道のり、それも坂多し!
風の冷たい朝に、背中を伝う汗。
風邪でも引いたらどうしようとイライラしながらの道中。
後から来るバスに何台も追い抜かれ・・・
博物館に着いた時には文字通りヘトヘト
朝10時の疲労感では無いよ・・・これは・・・
しょっぱなからこのダメージに気分もダダ下がり


だけど、展示が本当にもう、想像以上に良かった・・・・!




郷土博物館




なんと、入場料がタダ!
の割に、内容が濃くて素晴らしい!!

私はこの方の絵は大好きなのだけど、
人物についての知識はまるで白紙の状態で。
生い立ちから、どのようにしてこんな素晴らしい版画を生み出すことになっていったかの経緯が細かく展示されており、
病弱だったことや、一人立ちするまでには紆余曲折さまざまなことがあったことを知り。。
家業を継ぐことを期待する家族と、自分のやりたいことの狭間で、
ずいぶんと悩み多き人生を送って来た方のようだ。

版画はどれも本当に素晴らしく、
そして写生のノートが版画の上に一緒に展示されているんだけど、
その写生がまたすごくて!
そっちが欲しい!と思ってしまうくらい。

上野の五重塔もあった。
箱根の富士屋ホテルも。
ただし、富士屋ホテルはどうやらホテル側に頼まれて描いたようで(ホテルの営業パンフ用?)、
芸術を目的とした作品では無い、と本人おっしゃっていたモヨウ。(注釈あり)
こんな面からも、やはり作品への愛やこだわりを強く感じる。
芸術にたずさわる人はみんな同じか。


タダでこんなに見せてもらっちゃっていいの?というくらい充実した内容。
心ホクホク^^
8枚セットのポストカードもたったの400円。




置いてあったチラシによると、横浜高島屋でも展覧会を開催するらしい。
なんだ、横浜でやるならわざわざここまで来ること無かったか・・・と思ったけど、
何よりタダだし!それに、同じ絵が展示されるとは限らないし。
やっぱり来て良かった


横浜の展示ももちろん見に行く。
料金が確か800円くらい。
そっちはもう少しグッズがあるかな。
少し大判のポスターが欲しいよ。
部屋に飾りたい。