つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

昨夜



昨日の夜、何十年ぶりかで号泣というものをしてしまった。
あんな泣き方、滅多にないよ。
確かハタチの時に彼氏にフラれて、ベッドに突っ伏して号泣したことがあるから、
20年ぶりくらいになるのかも
なんだか止まらなくなっちゃって。
嗚咽をあげながらの号泣。

はぁ…

かなり病んでるなぁ〜


詳細をここに書きたい。
でもそれはちょっと出来ないので、
まぁいつか事態がちゃんと収拾して落ち着いたら、
カテゴリひとつ作って鍵でも掛けて書こうかな。
問題を整理。
というか、書くとスッキリするから。

理不尽だけど感情より理性を取り、賢い(たぶん)選択をした。
だから収拾まではもうひと息かと。
完全収拾は無理だと思うけどね。
それは仕方ない。

理性を取ったつもりでも、
気を抜くと抑え込んだ感情が溢れ出して苦しい。
本当に苦しい。
何だか人を信じられなくなりそうだ。
感情の勢いで正面からぶつかって来る人に、
いくら理性で対抗しようとしても、
私には無理なんだよ、そんなこと。
それに周囲を巻き込んでいつのまにか私の方が悪者になっていた。
それを知ったのが昨日。
びっくりした。
それまで仲良かった人までうちの方に問題があったんだから止むを得ないとでも言うような口調。
あちらの言い分はぜんぶ信じたのに、私の言い分は否定される。
現場を見たものはいないから、という理由。
それならあっちの言い分だって正しいかどうか分からないのでは?
でもなぜかそういうことになっている。
信じていた人にそう言われたこと。
周りが全員うちの方が悪いと思っていること。
あまりにショックだった。

でももう理性を取るって決めたから。
無理でも何でもそのまま行くしかない。
傷を最小限におさえるため。

あっちが加害者なのにおかしいよね?
おかしいよ。
とにかくトラブルを収めようと謝る。謝る。謝る。
でもまだ怒ってうちを責めて来る相手。
その相手が大勢いる。
自分の子どもの言うことをちょっとでも疑ってみる親はいないらしい。
そしてうちの子の言うことはすべて嘘の作り話らしい。
なんでなんだろう。
でもこういう問題はほとんどこういう経路を辿るらしい。
多勢に無勢。集団って怖いね。
集団の親たちってまったく厄介だ。

とにかく、私は精神力を強く保って、
家族のために耐え忍ばなくては。
そして私だけは自分の子どもの言うことを信じよう。
もしかしたら嘘や過大表現も混じっているのかもしれない。
日頃からちょこちょこ小さな嘘はつく。
でも、たくさん話してくれたあの内容が100%すべて嘘だとは思えないんだよなぁ。
時間を置いて何度確認しても内容にまったくブレがない。
思い付きで適当な話をでっち上げてるとはとても思えない。
周りが全員否定しても、私とオットだけはあの子を信じる。
問題がないわけじゃない。
言うこと聞かなかったり、ごまかしたりもたくさんある。
でも、これほどのことを画策して大勢の人を騙そうとするほど悪どくはない。
素直で優しい、いい面がたくさんたくさんある。
しかし相手たちは息子のことを寄ってたかって悪く言う。
うちの子がこれまであなた方に一体どんな迷惑を掛けた?
たまにしかこない親がうちの子のことを一体どれだけ知ってるの?
それぞれの親が、自分んとこの子どもは悪くないんだから、
対立しているうちの子の方が悪いに決まってる、という心理。

まぁでも。
とにかく誰になんと言われようと、一番大事な存在を守れたことだけは良かった。


しかしねぇ…
土曜日からこのことばかり考えている。
頭がおかしくなるよ。
同居以来の円形脱毛症になったらどうしよう。
本当に嫌になる…。

書けないと言いつつ、けっこう書いちゃったな(^_^;)
キーワードは伏せてるから大丈夫だと思うけど。