つつがなく

つつがなく

エレカシが大好きな2児の母。エレカシの話題を中心に、日々のこと、趣味のこと、音楽のことなどを書いています。

エレカシ「風に吹かれて」



今日の雨風はすごかった!
もう今は雨はやんだようだけど、まだ風は強い。

まだこの辺は桜が咲いていないのだけど、 咲く前で良かった。
開花の後だったら、今日の風でぜんぶ散ってただろう。

いよいよ子どもたちの春休みも明日でお終い。
子どもたちもオットもずっと家にいるから、 ここ数日、落ち着く時間が無くてちょっと疲れている。

家にいるより仕事に出ている方が気分的に楽だもんな。
仕事があって良かった。

ずっと家にみんなと一緒にいたら息が詰まるよ、きっと。
一人の時間ってぜったい必要。
それをつくづく痛感する。

でもこうして「一人になりたい」なんて思うような環境自体が本当は幸せなんだろう。
幸せ者の愚痴だよね。

仕事で天涯孤独のお年寄りに会うことが多いけれど・・・。
やっぱり一緒に暮らせる人がいるというのは幸せなことだと思う。

どんなに鬱陶しくても、やっぱり家族がいるというのはありがたいことなんだ。


そういえば、 最近ツイッターでエレカシファンの方々と交流させてもらってるんだけど、 私が「ミヤジがすごく怖い顔して怒ってる画像を待ち受けにしたら、もっとダイエット頑張れそう」とつぶやいたら、 「こんなのどう?」と画像をくださった方がいた。

そのミヤジが本当にめちゃくちゃ目が吊り上ってコワ~~い顔してて…

さっそく待ち受けにしました(笑)

あと、 最近ツイッターでハマってるのが「エレカシbot」。
けっこうマメにつぶやいてくれて、リプするとちゃんとリプ返しをしてくれる。

文章の中のある文字に反応して、それにちなんだミヤジの言葉を返してくれるんだけど、それがけっこう上手いことハマッたり、または全然ちんぷんかんぷんだったり、 フォロワーさんたちのやり取りも見れてすごい面白い^^

こないだ気分がダラけてる時に、「喝をください!!」と入れたら、 「おいっ!聞けよっオラッ!そんなんじゃねぇ!バカヤロー!」なんて返って来て、 ハッと目が覚めて、よし!と気合入ったよ(笑)
(実際の↑の発言は、アルバム「扉」のレコーディング中に、ギターの石くんに向けて発せられた言葉。 その時のミヤジの形相やるや、それこそもう鬼のように恐ろしくてね…)

かと思うと、先日仕事のことで落ち込んでた日の夜、 寝る前に「おやすみなさい」と入れたら、 「歩子、夜になったらもうくよくよしないさ そうさ俺たちには明日があるのさ」 なんてリプが来て、このタイミングでこのメッセージ!と、じ~~~んとしたり。

どういう仕組みなのかイマイチよく分かってないけど、 管理してくれてる人に感謝しちゃう。

毎朝毎晩、「おはよう」と「おやすみなさい」のリプを送って、 おみくじや占い感覚で楽しんでます^^

空しくなんか無いです、いいんです、楽しいんだから!笑

 

今日の荒れたお天気にちなんで、エレカシの「風に吹かれて」。

男らしいメロディと歌声だけど、どことなく寂しげで、 なんだか妙に惹き付けられる歌です。

ファンの人たちの間でも人気あるみたいだ。

私が一番最初に買ったアルバムに収録されていた曲なんだけど、 私の思う非常に“エレカシらしい”歌。
そんなイメージ。   

“あたりまえに過ぎ行く毎日に 恐れるものなど何もなかった
 本当はこれで そう 本当はこのままで
 何もかも素晴らしいのに”


私もいつもの風に吹かれて明日からも頑張って行こう。

(今日みたいな風はもうゴメンですが…)